[沈思黙考の記し(コラム)][法律][憲法][政治]憲法問題についての論考

 憲法改正の気運が国政の場で高まりつつある。もはや現状が憲法の規定にそぐわないとする主張も聞く。憲法改正問題では、<私たちが生活を営んでいる「日本国」というところの制度をどのようにすべきか>が問題となる。

 ここで憲法が持つを性格を押さえておく。法律や政令が国民に対する命令であるならば、憲法は最高法規として、統治権力に対する国民からの命令である。統治権力(国家)は、その統治範囲の及ぶ地域に居住する人々(国民)の意思である憲法を基にして諸制度を整備しなければならず、憲法に反する法令などを制定することはできない。つまり、憲法は法律とその性質が異なる。
 「憲法には権利ばかり述べられ、義務規定が少ない」とする主張は、憲法の本質を見誤っている。即ち、憲法の義務規定は、統治権力に対して人々の意思に反しない政策を行うように規定されたものと、憲法の保障する権利を侵害しているような人々に対して統治権力が義務を規定するものと、2つの性質がある。それらを混同してはならない。

(1)授権規範的性質を持つ憲法:憲法は国内法における最終的授権規範。すなわち、憲法は、その権威(または権限の行使)を法律や国家機関に委ねるという性質を持つ。この時、憲法が国民の権利・自由の保障という事柄を主な構成要素とするならば、授権はその範囲において行われるし、授権された法律や国家機関などは、その範囲を超えてはならないということになる。

(2)最高法規としての性質を持つ憲法:国家の存在を基礎づける基本法であるから、憲法が全ての法の中で最高法規としての性質を有するものであることは、当然のことと考えられる。しかし、最高法規としての性質を真に有するためには、憲法が通常の立法手続によって改廃される(軟性憲法)のでは不十分である。そこで、憲法の改廃(改正)については、通常の立法手続よりも厳格な手続が要求されることにより、憲法の最高法規としての性質が明確になる。そして、憲法に矛盾する全ての法規範は、一切その効力を認められないとされて、最高法規としての性質は完全になる(日本国憲法第98条第1項を参照のこと)。
(森稔樹[2004.5.26]「「日本国憲法」講義ノート 第1回」[http://kraft.cside3.jp/kenpou4-01.htm]、「高島平発法制・行財政研究」[http://kraft.cside3.jp/index.htm]内)


 上記の引用にもあるように、要は国民の権利や自由が国家に抑圧されないように定められたものが憲法である。

 しかし、現実の社会と憲法の理念は乖離してしまっていると考える人も現にいる。このことについては、国民は自分達が生活を営んでいる社会や環境の総体としての国家についてどのようにすべきか、意思を示すしかあるまい。
 例えば、「憲法9条は守りたい。けれども自衛隊が存在しなければ危険ではないだろうか」という不安は甘すぎる。危機が訪れたときに守ってもらおうとする人任せの考えはもはや許されない。憲法9条を守りたければ本気で軍隊を持たずに危機を回避し、且つそれに対応する方法を考えねばならない。平和というものは、本気で考え、実践を積み重ねない限り、簡単に訪れるものではない。それができないのならば、軍隊を保持し、敵からの攻撃に対する防衛体制を整備して安全を確保するように努めるのだ。

 他にも、さまざまな問題が山積している。何度も言うが、憲法を考えることは、我々がこの「日本国」という居住地でどのような生活を送りたいかを考えることである。

【参考文献】
平川秀幸(2004.6.30)「自民「憲法改正のポイント」―隠さず全部出せよ(笑)」(http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/~hirakawa/diary/archives/200406/300544.php)、「What's New & Occasional Diary 京都女子大学現代社会学部 平川研究室Blog」(http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/~hirakawa/diary/)内

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

スポンサーサイト

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。
  • 2019.10.28 Monday
  • -
  • 18:49
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

+ Search This Site.
Google


WWWを検索
http://tmaker.jugem.ccを検索

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Profile

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Links

Selected Entries

Recent Comment

  • [授業実践:特別支援教育高等部(課題別学習)][学習指導案(学習活動案)][ワークシート][指導資料]「時計文字盤」・「スケジュール帳」
    JUMP (05/30)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(課題別学習)][学習指導案(学習活動案)][ワークシート][指導資料]「時計文字盤」・「スケジュール帳」
    T-Kreuzung (05/27)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(課題別学習)][学習指導案(学習活動案)][ワークシート][指導資料]「時計文字盤」・「スケジュール帳」
    JUMP (05/23)
  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    T-Kreuzung (05/28)
  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    NIK (05/27)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    T-Kreuzung (03/30)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    望月慈希 (03/25)
  • [出来事の記し(駄文日記)]東京都町田市・町田えびね苑
    くぼた (04/30)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(自立活動)][非常勤講師(2008年度)]掲示物:「おならをしない!!」、絵カード:「おならは外で!」
    ゴンザレス田中 (05/26)
  • [出来事の記し(駄文日記)]「RING GENERATIONS 〜RINGとの対話〜」
    佐久間大介 (10/22)

Sponsored Links

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM