[旅行記]2019.11.2(Sat.)〜2019.11.4(Mon.):高松旅行・瀬戸内国際芸術祭2019(瀬戸芸)へ(3)3日目:金刀比羅宮・岡山後楽園・岡山城・岡山芸術交流2019。

 休日。先日のハギビス(HAGIBIS:台風19号)のせいで泣く泣くキャンセルした高松旅行にやっと行く。その記録。

●2019.11.4(Mon.):3日目:金刀比羅宮・岡山後楽園・岡山城・岡山芸術交流2019。

 7:25、ホテル高松ヒルズをチェックアウトして出発。高松駅まで歩く。

 7:45、JR高松駅着。6番線8:25始発JR土讃線特急しまんと5号高知行き2000系2両編成1号車(高知方面が1号車。和式トイレは1号車、多目的トイレは2号車にある。車内販売は行わない。自動販売機はない)に乗る。予約指定席は1C。

 9:00、JR土讃線琴平駅2番線着。ハイキングモードの乗客が次々と降りていく。とりあえず、駅の窓口で帰りの指定席特急券を予約できるか、試しに聞いてみたら、案の定、指定席は満席とのこと。ならば、いち早く琴平から脱出することだ。

 9:08、ことでん琴平線琴電琴平駅着。駅舎に風情がある有名な建物。色々撮影して通過。

 9:08、金刀比羅宮表参道1段目前着。ここから真の地獄が始まる。覚悟を決めて、いざ、登らん。最初の店々が並ぶ参道の石段の階段は実はそれほど急傾斜ではない。ところが店々の参道の途中からいきなり急傾斜になり、石段1段1段の傾斜がきつくなる。体力が一気に消耗されるので、店々のあるところでは本気を出してはならない。あくまで賑やかな仲見世をのんびり楽しく上ることに徹する。

 9:27、365段・大門着。この大門手前の石段が急傾斜でかなりきつい。ここで少し本気を出せ。ゴールではないが、ここで少しブレイクしてから先へ進む。
 大門を通ると、金刀比羅宮内で商売を許された五人百姓のゾーンに着く。五人百姓のうち、本殿側奥の左側の方にお話をすると、鼈甲飴の試食品が差し出された。この先のルートや所要時間を伺い、一時別れて先を急ぐ。

 9:31、431段手前・御厨着。ここには白馬ルーチェ号がいて、ギャラリーが撮影に囲っているのをお構いなしに、ルーチェ号は餌を食べ続けている。

 9:37、628段・旭社着。まだゴールではない。ここで少しブレイクしてから先を行く。

 9:40、御前四段坂着。御本宮前の最後の難関で急な石段が間髪なく続く。一気に体力が減る。もう本気で行くしかない。楽しくない。きついことしかない。やってられない。こんなのばっか。

 9:42、785段・御本宮着。もう有名な場所で、案外早く着いてしまった感じ。早速、参拝し、神札授与所・社務所で御朱印(初穂料300円。現金のみ)をいただき、御本宮限定品の、「幸福の黄色いお守り+ミニこんぴら狗」(1500円。現金のみ)をいただく。あとは高台(展望台)から讃岐平野を眺める。今日は晴れていて瀬戸大橋も見えた。また、展望台には、「注意!展望台周辺の柵から身を乗り出さないように!金刀比羅宮社務所」の掲示が柵に貼られていた。ともかく、目指すのはここではない。更に厳魂神社(奥社)へ行く。
 ここで断っておく。石段を735段上れたという成功体験は、厳魂神社(奥社)への道中には全く通用しなかった。このあと厳魂神社(奥社)に着くまで、更に地獄が待っていた。下界から合計石段1385段を上る。もう後半戦の方が相当きつい。足元がふらつく。息が切れる。余計に目の前を人間に横切られると疲れて参る。おまけに単独でスズメバチがいたし。もう踏んだり蹴ったり。でも、上る。
 常磐神社へ向かう途中にある橋が、赴きがあるが、それよりも両サイドにある砂防ダムの方が面白い。山側には石積の砂防ダム、その上流側にはコンクリートの砂防ダムがある。

 9:57、常磐神社着。ここで参拝してから御朱印(初穂料300円。現金のみ)をいただき、先へ進む。
 この後、厳魂神社(奥社)直前にある、連続したまとまった石段が、非常にきつい。疲労困憊のところに畳み掛ける石段で、もう疲れたところに長い石段で皿に息が切れる。確実に1段1段上ったことを確かめていかないと、疲れが余計に増幅されてしまう。でも進むしかない。あとは本気の気力の勝負である。

 10:14、厳魂神社(奥社)着。やっと着いた。鳥居手前には作業用モノレールが…。とにかく、これで、こんぴらさんコンプリート。ここで参拝してから御朱印(初穂料300円。現金のみ)をいただき、更に「ニュー天狗守り」(800円)をいただく。讃岐平野の景色が木々の間から見えるが、御本宮の高台(展望台)からの眺めの方が良い。
 目的を達したから、この後、どうしようか考えて、結局、岡山へ行くことにした。よって、10:20、苦労した石段参道ルートを何の未練もなしに降り始める。
 道中、お遍路さんたちを通過(勿論、石段でなく平坦な道で通過)。
 途中、御本宮を楽勝で通過。
 途中、五人百姓着。先程伺った方に参拝の報告をして、鼈甲飴11枚入り(1000円。現金のみ)を買う。五人百姓と別れた後は、只管下界へ下る。

 11:00、「天然温泉 智光院の湯 足湯」(無料)に3分だけ、片足のみ入る。

 11:04、「こんぴらしょう油豆本舗表参道店 かがわ・こんぴら観光案内所」で、「かまたまソフト」(税込み350円)を食す。見た目はバニラソフトクリームだが、謎のカラメルと万能ねぎが乗っている。万能ねぎが乗る時点でアレだが、食べてみると、ソフトクリームは生姜味で、謎のカラメル(実は醤油)と万能ねぎと一緒に食べると、まさに釜玉うどんの味がする。若い2人組の旅行客が私の食べているところを見ながら、「何あれ〜、釜玉ソフトだって〜。マジ〜。ヤバいって〜」と楽しく談笑する。それも大きな声量で。どう考えてもこちらを完全に「キモい」とディスっているようにしか聞こえないのがアレだが…。
 後は琴平駅へ向かいながら、表参道を歩く。

 流石に疲れたので、更に、「森のジェラテリアMUCCAこんぴら店」に入り、「ダブルジェラート カップ」(400円。自動券売機。現金のみ)を注文。店員にお勧めのアイスクリームを聞くと、「なぜか、最近出たほうじ茶が売れている」とのこと。ダブルジェラートカップでMUCCAミルクとほうじ茶をオーダーして食すと、さっぱりしたほうじ茶アイスクリームの味。ほうじ茶アイスクリームを食べているのだからtautologyに過ぎないのだが、人気があるのが何故か解せない。

 後は琴平駅への前に迂回して、ガイドブックに載っている「へんこつ屋」に立ち寄り、「へんこつまんじゅう5個セット」(130円×5=650円)をお土産に買い、撮り損ねた琴電琴平駅そばの高灯籠を見物し、JR土讃線琴平駅へ向かう。

 11:43、JR土讃線琴平駅着。何か特急に乗れそうだったから、急いで乗車券・自由席特急券を買い、2番線11:48<11:45発JR土讃線特急南風10号岡山行き4両編成(2両+2両。岡山方面寄りが前方4号車。和式トイレは1号車・3号車)に乗る。自由席特急券は2号車16B。

 12:40、JR瀬戸大橋線岡山駅8番線着。トイレを済ませ、在来線改札口を出て左手に向かう。新幹線改札口そばの観光案内所で岡山城の行き方と岡山芸術交流2019について聞く。岡山駅桃太郎口前のチケット売り場で岡山芸術交流2019のチケット1800円(現金のみ)を買い、岡山駅バスターミナル1番乗り場13:00始発岡電バス18系統後楽園経由藤井団地行きのバスに乗る。途中、天満屋バスターミナル手前で道路渋滞にはまり遅延しまくる。

 13:21、岡電バス後楽園前バス停着。ここから歩いて後楽園正門へ(岡山城・後楽園入場券入場料580円。受付窓口ICカード対応。今回は楽天Edy決済)。
 後楽園の中は広い。行った日が晴天だったため、余計に暑い。時間も体力も限られているので、大方のメジャーなスポットを巡り、直ぐに岡山城へ。

 13:46、岡山城天守閣着。後楽園南門から月見橋を渡ると直ぐに行かれる。入口から天守閣までは、それほど急な坂も急な石段も少ないので、丸亀城に比べれば楽に天守閣へ入られる。受付で入園料を提示して中へ。日本100名城スタンプは天守閣内入口受付そばにある。まさか岡山城へ行くとは思わなかったが、今回の高松旅行で日本100名城スタンプ・続日本100名城スタンプ合わせて4つゲットできた。意外な収穫なりけり。
 天守閣内は土足で入れる博物館風の内部になっていて、エレベーターもあり、かつての昔ながらの城の造りの趣はない。内部をサッと参観して、城を去る。

 14:09、岡山城出発。これから、岡山芸術交流2019の会場へ行くことにする。時間もないので、全てを巡ることは不可能。近場を廻る。
 先ずは岡山城から旭川沿いに歩く。ちょうど河原すぐの公園でイベントが行われていた。ステージには子どもたちのダンスチームがブレイクダンスを決めていた。
 川沿いの道を離れて進むと、右手に「岡山芸術交流2019 IF THE SNAKE もし蛇が」の掲示が…。

 先ずは旧内山下小学校。体育館内で、タレク・アトウィ「ワイルドなシンセ」、フェルナンド・オルテガ「無題」。「ワイルドなシンセ」は、世界各地の楽器メーカーの協力を得て造られた、音と造形の大規模な作品。
 校舎内1階には、ファビアン・ジロー&ラファエル・シボーニ「非ずの形式(幼年期)、無人、シーズン3」。校舎内2階には、マシュー・バーニー「安全性の陰極」、マシュー・バーニー&ピエール・ユイグ「タイトル未定」、ファビアン・ジロー&ラファエル・シボーニ「反転資本(1971年―4936年)、無人、シーズン2、エピソード2」。特にマシュー・バーニー「安全性の陰極」、マシュー・バーニー&ピエール・ユイグ「タイトル未定」には、硫酸が使われているとのこと。エッチングを施した銅板に電気でめっきをかけていくインスタレーションによって端緒となる生成過程を仕込み、かたわらにはユイグによる珊瑚などの水生生物を入れた水槽が展示されている。そのグロテスクな部屋からは、校庭に大きなビジョンモニターで幾重もの顔が高速で映し出されるピエール・ユイグの映像作品が。特に驚いたのが、プールでのパメラ・ローゼンクランツの作品「皮膜のプール(オロモム)」。プールにはピンクの液体が満杯に注がれており、常に泡立てられている。「学校のプールでピンクの液体が泡立つ」のを見るグロテスクさが、いかにも《芸術》というものの見方を学ばせる。

 次に、林原美術館へ。少々迷ったが、旧内山下小学校からは近い。特に目を惹いたのがイアン・チェン「BOB(信念の容れ物)」。彼が生み出した人工生命体「BOB」は、ネットアプリに入力されたワードを、「欲望」・「信念」として食べ続け、生命を維持して成長する。常に成長し続けて留まることを知らない映像内の「BOB」のグロテスクさが特に惹いた。

 そして、少々歩いて、岡山市立オリエント博物館へ。ここでは、ポール・チャン「トリオソフィア」がお出迎え。下からエアーが常に送られている3体のバルーンが、戯れているかのように動いている。

 そろそろ帰る時間が近づいてきたので、最後に岡山県天神山文化プラザへ。特に目を惹いたものは、地下の大部屋にある、エティエンヌ・シャンボー「ソルト・スペース」。黒い床に、砂のようなもの=《動物の「骨粉」》が大量に撒かれている。1階の、ミカ・タジマ「ニュー・ヒューマンズ」。重油が使われた黒い磁性流体が、様々な模様を次々に浮かべては消えるグロテスクさが秀逸。

 岡山芸術交流の会場は、メイン会場が旧内山下小学校のせいか、それ以外の会場では作品数が少ない。町の至る所で展示して回遊性を高めようとする意図だろうが、もうちょっと、各会場での作品数が多い方が、かえってゆっくり見られるのかもしれない。それにしても、岡山芸術交流2019の作品が全体的にシュール且つ前衛感が鋭く、「攻めてるなぁ」と素人ながら感じた。
 それはさておき、早く岡山駅に戻らないと帰れなくなる。急いで岡山駅へのバスか電停に乗らねば。
 もう岡山駅に戻って潜伏しようと、Yahoo!路線情報で経路検索したら、15:32に路面電車が来るとのこと。でも道中でバスの姿が見えたので、急いでバス停へ向かい、時刻表を確かめることにする。

 15:28、岡電バス美術館前バス停着。15:28発岡電バス1系統岡山駅行きバスに乗る。

 15:40、岡山駅バスターミナル3番乗り場着。そのまま、喫茶店を探すも、空いている手頃な店が見つからない。どこも混んでいるしわちゃわちゃしていて落ち着かない。仕方がないから、15:51、岡山駅新幹線改札口を入り、トイレを済ませ、発車時刻まで待合室で携帯電話を充電する。
 さて、新幹線は混雑のため遅延した。JR山陽新幹線岡山駅23番線17:22<17:20発JR東海道・山陽新幹線のぞみ44号東京行きN700系16両編成に乗る。指定席は満席。ワゴン販売は4号車〜16号車までで行うとのこと。携帯電話のバッテリーがもたないので、8Aの席の人に断った上で、充電コンセントを使わせてもらう。USBケーブルは長いものを持ってきているので、2穴USBプラグにUSBケーブルを繋げて充電する。

 20:14、新横浜駅2番線着。出口は左側ドア。ここで乗り換えて、6番線20:23発JR横浜線各駅停車八王子行き8両編成に乗る。

 20:41、JR横浜線成瀬駅1番線着。

 21:06、帰宅。これで、高松旅行はおしまい。

【本日移動分の本来の運賃】
(1)高松駅〜琴平駅まで乗車券870円・指定席特急券1290円(現金のみ。ICカードは使えない) 。
(2)琴平駅〜岡山駅まで乗車券1370円・自由席特急券1200円(現金のみ。ICカードは使えない)。
(3)岡電バス岡山駅バスターミナル〜岡山駅後楽園前バス停まで18系統100円(ICカード対応)。
(4)岡電バス美術館前バス停〜岡電バス岡山駅バスターミナルまで1系統120円(ICカード対応)。
(5)JR予讃線高松駅〜JR横浜線成瀬駅まで乗車券11210円(ICカード対応)。
(6)JR山陽新幹線岡山駅17:20発のぞみ44号東京行き〜20:14JR東海道新幹線新横浜駅着まで指定席特急券6990円(ICカード対応)。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

スポンサーサイト

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。
  • 2019.12.04 Wednesday
  • -
  • 18:17
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

+ Search This Site.
Google


WWWを検索
http://tmaker.jugem.ccを検索

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Profile

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Categories

Archives

Links

Selected Entries

Recent Comment

  • [授業実践:特別支援教育高等部(課題別学習)][学習指導案(学習活動案)][ワークシート][指導資料]「時計文字盤」・「スケジュール帳」
    JUMP (05/30)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(課題別学習)][学習指導案(学習活動案)][ワークシート][指導資料]「時計文字盤」・「スケジュール帳」
    T-Kreuzung (05/27)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(課題別学習)][学習指導案(学習活動案)][ワークシート][指導資料]「時計文字盤」・「スケジュール帳」
    JUMP (05/23)
  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    T-Kreuzung (05/28)
  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    NIK (05/27)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    T-Kreuzung (03/30)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    望月慈希 (03/25)
  • [出来事の記し(駄文日記)]東京都町田市・町田えびね苑
    くぼた (04/30)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(自立活動)][非常勤講師(2008年度)]掲示物:「おならをしない!!」、絵カード:「おならは外で!」
    ゴンザレス田中 (05/26)
  • [出来事の記し(駄文日記)]「RING GENERATIONS 〜RINGとの対話〜」
    佐久間大介 (10/22)

Sponsored Links

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM