[政治学、政治思想…政治哲学入門][倫理学]2. 自由主義の諸類型(1)ロールズ…John Rawls, ”A Theory of Justice”, 1971.

2. 自由主義の諸類型(1)ロールズ…John Rawls, ”A Theory of Justice”, 1971.
 ロールズ『正義論』でのキーワードは、功利主義批判と義務論、正義の原理、機会均等と平等、社会契約論の現代性であろう。

(1)功利主義批判
 功利主義批判では、個人の幸福のトータルが、その社会や国家の幸福となるのを問題にする。功利主義はAの満足度+100、Bの満足度-40からなる社会αの満足度+60と、Cの満足度+30、Dの満足度+20からなる社会βの満足度+50を比較し、社会αのほうがよりよい社会だと見なす。しかしロールズはこの考えを、配分の正義(平等)を考慮していないとして批判する。

(2)義務論
 正義は善(good)と正(just)に関わる。善(good)は生の究極目的であり、正(just)は富や権力、地位といった外的な資源・財(=社会的価値)の配分に関わる義務のルールである。この善と正の二つをしっかりと区別することが正義である。善は目的論[teleology]に関する議論になり、正は義務論[deontology]に関する議論になる。

(3)正義の原理
 ロールズの正義の原理は次の通り表される。

First Principle
Each person is to have an equal right to the most extensive total system of equal basic liberties compatible with a similar system of liberty for all.
Second principle
Social and economic inequalities are to be arranged so that they are both:
(a) to the greatest benefit of the least advantaged, consistent with the just savings principle,
and
(b) attached to offices and positions open to all under conditions of fair equality of opportunity (Rawls, John. 1971. A Theory of Justice. Harvard University Press. p.302).

General Conception
All social primary goods—liberty and opportunity, income and wealth and the social bases of self-respect—are to be distributed equally unless an unequal distribution of any or all of these goods is to the advantage of the least favored (Rawls, John. 1971. ibid. p.303).
(飯島昇蔵[2001]『社会契約』、東京大学出版会、26頁、一部改)

●第一原理 各人は基本的な自由の最も広い体系の対する平等な権利を持つべきであるが、このような自由の体系は他者の同様の体系と両立しなくてはならない(=平等な自由の原理)。
●第二原理 社会的・経済的不平等は次の二つの条件を満たしていなければならない。
(a)機会の公正な均等という条件の下で全員に開かれている公職や地位に伴うこと(=機会の公正な均等原理)。
(b)社会の最も恵まれない人の状況を改善すること(=格差原理)。

 正義の一般原理(概念)は、社会的基本善(the primary goods)の平等な配分と、最不遇な人々のための不平等提起で表される。正義の特殊原理は、(薪な自由原理と∧配の平等原理([a]格差原理と[b]公正な機会均等原理)で表される。特殊原理間の優先順位は、 筬◆b]>◆a]となる。

(4)反省的均衡(reflexive equilibrium)
 ロールズは、自分の正義の原理が優れていると思う理由を、”當未凌佑寮亀舛紡个垢觸藁犬気譴疹鐚韻任△襦↓∀斥的にできている、と主張する。,歪彰凝なものであり、△脇仔租なこと・自由であることであり、これら「直感的なもの・道徳的なこと・自由であること」の三つの均衡をとりつつ説明する。

(5)恵まれない人々に配分を
 機会均等とは選択と努力によるべきであるとロールズは主張する。社会的・文化的に不利な状態にあるとか関係なしにスタートラインを平等にしておかないと、それは不平等である。特に教育や雇用に不平等な面が表れやすい。
 そして、自然的能力の不平等を格差原理によって是正することで、真の意味での「機会均等」が実現される。それは勝ち組から何らかの方法で負け組みに利益を譲り渡すもので、アリがキリギリスを雇うような問題点もありえるが…。

(6)平等のとらえ方
 では、平等はどのようなものが好ましいのか。ロールズは次の平等の概念の中から、自由平等主義的平等と社会民主主義的平等を平等の概念に使っている(なお、以下の「平等」を「正義」に置き換えるとそれぞれの正義論の立場になる)。

  ゝ族主義的平等:目的論的秩序での役割遂行
  ⊆由尊重主義的平等:法の前での平等。基本的自由権の平等の制度的保障。
  自由平等主義的平等:福祉的調整。
  ぜ匆駝閏膽腟租平等:自然的能力や経済的配分をも一義的に再配分。

(7)社会契約論の現代性
 ロールズの議論は現代に社会契約論を復権させようとするプロジェクトでもあった。ロールズの契約論は、社会の秩序形成の根拠としての伝統的な社会契約論(ジョン=ロック、ルソー)を、秩序内での平等を評価する装置として利用するものだった。
 伝統的社会契約論での契約前の状態を、ロールズは原初状態(original position)を想定した。社会に参加する前に、各人は自分の能力や社会的立場や境遇などが全く分からない状態(無知のヴェール[veil of ignorance]に覆われた状態)にあると仮定する。そのとき、どのような社会の原理を採用するだろうかを考えると、各人は、社会に参加したときに自分が最も不遇な立場に置かれることを避けることが合理的であり、予想される不遇な立場に置かれても自分の立場を最大化することができるルールを採用するはずであり、そのルールこそが正義の二原理だとロールズは主張する。このような意志選択決定理論をマクシミン=ルール(maximin rule)と言う。
 格差原理は、結果の状態を是正する原理であり、社会的基本善のみの再配分に関わる。しかし、この原理は野心と選択に関して鈍感であり、自然的な能力による不利益を被る人々への保障について不備が残る(ロールズはこの原理であくまで結果だけを重視するからである)。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

スポンサーサイト

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。
  • 2019.10.28 Monday
  • -
  • 18:09
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

+ Search This Site.
Google


WWWを検索
http://tmaker.jugem.ccを検索

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Profile

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Links

Selected Entries

Recent Comment

  • [授業実践:特別支援教育高等部(課題別学習)][学習指導案(学習活動案)][ワークシート][指導資料]「時計文字盤」・「スケジュール帳」
    JUMP (05/30)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(課題別学習)][学習指導案(学習活動案)][ワークシート][指導資料]「時計文字盤」・「スケジュール帳」
    T-Kreuzung (05/27)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(課題別学習)][学習指導案(学習活動案)][ワークシート][指導資料]「時計文字盤」・「スケジュール帳」
    JUMP (05/23)
  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    T-Kreuzung (05/28)
  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    NIK (05/27)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    T-Kreuzung (03/30)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    望月慈希 (03/25)
  • [出来事の記し(駄文日記)]東京都町田市・町田えびね苑
    くぼた (04/30)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(自立活動)][非常勤講師(2008年度)]掲示物:「おならをしない!!」、絵カード:「おならは外で!」
    ゴンザレス田中 (05/26)
  • [出来事の記し(駄文日記)]「RING GENERATIONS 〜RINGとの対話〜」
    佐久間大介 (10/22)

Sponsored Links

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM