[地理・地誌・紀行][ドイツ]Weihnachtsmarkt in Nuernberg

 ニュルンベルクでもクリスマス市が開かれている。とうとう来てしまったクリスマス。と言うよりも寒そうだな。

【参考文献・参考URL】
AFP BB News(2009.12.1)「ドイツ南部ニュルンベルクのクリスマス市」、http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2669170/4967831

【当ウェブログの2009年11月分の合計アクセス数:8882】

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[地理・地誌・紀行][ドイツ]Berlin gedenkt des Mauerfalls vor 20 Jahren. (2)

 「ベルリンはベルリンの壁崩壊から20年を偲ぶ」・「ベルリンの壁が崩壊して今日で20年が経つ」の続き。
 ベルリンの壁は崩壊してから、その残存する部分はわずかしかない。壁の跡地の大半は、道路のタイルで色づけされていたりモニュメントで標されているからだ。それでもベルリンの壁が町とともに今でも行き続けていることは確かだ。

【参考文献・参考URL】
AFP BB News(2009.11.9)「【図解】ベルリンの壁、残存する部分はわずか」、http://www.afpbb.com/article/politics/2661870/4875181

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[地理・地誌・紀行][ドイツ]Berlin gedenkt des Mauerfalls vor 20 Jahren.

 「ベルリンはベルリンの壁崩壊から20年を偲ぶ。」
 ベルリンの壁が崩壊して今日で20年が経つ。ベルリンではその記念式典を行うそうだ。
 先ほど某国営放送のニュースで短いレポートを組んでいた。ベルリンの壁崩壊について、インタビューに街中のおばさんがこう答えていた。

Wir sind frei, und ich fuehle mich gluecklich.
:自由で幸せよ。

 でも、レポートによれば、旧東ドイツの失業率が11パーセントに対し、旧西ドイツの失業率が6パーセントと、東西の格差の壁が依然存在するとのこと。ベルリンの壁の崩壊は旧西側地域の文化や思想や流行、習俗などが一気に旧東側へとなだれ込んだ。レポートでは「ベルリンの壁があったほうが良かった」と懐古する意見さえもあった。
 壁の格差・落差が今でもドイツを壁があった頃の呪縛へと縛り続けている。

【参考文献・参考URL】
AFP BB News(2009.11.9)「ベルリンの壁崩壊から20年、写真でふり返る熱狂」、http://www.afpbb.com/article/politics/2661536/4874091

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[地理・地誌・紀行][ドイツ]Der Weihnachtsmann ist ein Betrueger!

 クリスマスイブだ。恒例の赤い帽子・厚着(と白髭)を纏った人たちが出没するが、「そんなの関係ねぇ!」と言わんばかりの記事を見た。
 ドイツではサンタクロースのモデルとなった聖ニコラウス(der Heilige Nikolaus)の精神を復活させることを目指す「サンタ・フリーゾーン」運動が勃興しているらしい。
 聖ニコラウスは子どもたちへクリスマスにこっそりプレゼントをあげたと言われている(しかし定かではない)。キリスト教では12月6日に「聖ニコラウスの日(der Nikolaustag)」があるのに、あの忌々しい赤い服の白髭のおじさんのせいでキリスト教の伝統の退廃が進んだと運動推進派は言っているようだ。
 まあ、たとえサンタクロースが偽者だろうが、「恋人はサンタクロース」でもなければ彼らの言う商業主義の退廃に毒されることもあるまい。それよりも街角のイルミネーションくらいは楽しもうじゃないか(大晦日くらいまではやってていいんじゃないの)。そう思えるようになってきた。

【参考文献・参考URL】
AFP BB News(2008.12.22)「サンタは失せろ!クリスマスの象徴は聖ニコラス ドイツ」、http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2552197/3631048

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[地理・地誌・紀行][ドイツ]In Deutschland haben 1/4 von Leuten die Armutsschicht erreicht.

 ドイツでは、平均年収1万6000ユーロ(約250万円)の70%未満の年収で生活する貧困層が全国民人口の25パーセントに達したそうだ。
 日本でも「ワーキングプア」の問題が顕在化しているが、ドイツのほうが日本よりも移民問題も絡まっているせいか、余計に状況は悪化しているようだ。特に正規雇用者でも生活保護を受けている割合が高まっているというのが深刻だ。国家の国際競争力を維持するための経済活動の強化の重要性も分かるのだが、経済活動の主体である人間の健康的で文化的な生活を保障するため、最低限度の生活保障としての最低賃金に関する法律制度の整備も求められる。
 結局は、経済活動も極端な過保護にせずにできるだけ「内需で回せるか」にシフトしていかないと、外部からのダメージコントロールがうまくできないような気もする…。

【参考文献・参考URL】
AFP BB News(2008.3.13)「「富める国ドイツ」の実態、国民の4分の1が貧困層」、http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2363877/2731401

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[地理・地誌・紀行][スウェーデン・北欧]Ein Punkt und gestreiftes Kleid werden im Kindergarten verboten.(「水玉やしま模様の服は禁止」、スウェーデンの幼稚園)

 スウェーデンのある幼稚園では、職員の一人が水玉や縞模様を見ると偏頭痛を起こすので園児や職員がその服を着ることを禁止しているそうだ。
 まあ職員の労働環境を整備する目的だから認められるだろうが、某誰かの紅白の縞模様の家建設騒動のような周辺環境への影響に関わる問題ならば、その周辺環境が今までに維持してきた環境の様相や今後の影響などを考慮しなければならないだろう。似ているようだが問題の性格は異なる。

【参考文献・参考URL】
AFP BB News(2008.2.16)「「水玉やしま模様の服は禁止」、スウェーデンの幼稚園」、http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2351434/2647295

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[地理・地誌・紀行][ドイツ][通信、ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)]Wenn sich Ihr Augenblickpartner anhand Ihrer Beschreibung wiedererkennt und angesprochen fühlt, kann er oder sie Ihnen eine Nachricht schicken.

 ドイツ・ベルリン交通局が始めたフリーネット・掲示板サービスが話題を呼んでいるようだ。
 電車に見かけた人に会いたいと思った場合にサイトにメッセージを書き込み、会いたいと思った人がそれにヒットしたらお互いにメッセージを交換するシステムらしい。まさにドイツ版「電車男」の様相だ。
 でも、こういうメッセージ系は偽者が返答しているケースも多く、書き込んだ側もそれを承知の上で想定した上でウェブ上で会話を楽しんでいることもあるだろう。東浩紀流に言えば「投稿者間によるデータベース=シミュラークル情報の交換行為」と呼べるところか。

【参考文献・参考URL】
AFP BB News(2008.2.13)「ドイツで大人気、電車で見かけたあの子をネット掲示板でゲット」、http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2350199/2636135

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[地理・地誌・紀行][ドイツ][環境問題]ドイツ「ベルリン国際緑の週間」、環境保護への取り組み強化に賛否両論

 原油高騰の影響が農業・遊牧業を直撃している中、家畜の餌だけでなく家畜そのもののゲップやオナラに含まれるメタンガスも温室効果ガスとして地球温暖化の要因となっている。
 極端に言えば、某ハンバーガーチェーンのハンバーガーや某牛丼チェーンの牛丼を食べるほど、その原料の牛の餌や牛の排泄物を増加させ、更に牧場を作るための土地を森林伐採で切り開いたり、牧場経営維持のためのランニングコストとしての餌や燃料消費のために原油を消費するので、結果的に地球温暖化に拍車をかけているとも言えよう。

【参考文献・参考URL】
AFP BB News(2008.1.25)「ドイツ「ベルリン国際緑の週間」、環境保護への取り組み強化に賛否両論」、http://www.afpbb.com/article/economy/2338774/2533882

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[地理・歴史][ドイツ・中欧][経済]ドイツ国民がこよなく愛すビール、バイオ燃料生成で価格上昇の危機か - ドイツ

 バイオエタノールの需要に伴うトウモロコシやサトウキビの価格上昇問題が注目されつつある中で、こんな弊害も出てきそうなのね。そもそもあのアメリカでさえ注目し始めたのだから。よほど穀物メジャーもバイオエタノールによる利益計算が自分たちの理に適っていると導き出したのだろう。環境問題ではなく経済的合理性がはたらいた例だ。

【参考文献・参考URL】
AFP BB News(2007.4.22)「ドイツ国民がこよなく愛すビール、バイオ燃料生成で価格上昇の危機か - ドイツ」、http://www.afpbb.com/article/1532436

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

| 1/1PAGES |

+ Search This Site.
Google


WWWを検索
http://tmaker.jugem.ccを検索

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Profile

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Categories

Archives

Links

Selected Entries

Recent Comment

  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    T-Kreuzung (05/28)
  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    NIK (05/27)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    T-Kreuzung (03/30)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    望月慈希 (03/25)
  • [出来事の記し(駄文日記)]東京都町田市・町田えびね苑
    くぼた (04/30)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(自立活動)][非常勤講師(2008年度)]掲示物:「おならをしない!!」、絵カード:「おならは外で!」
    ゴンザレス田中 (05/26)
  • [出来事の記し(駄文日記)]「RING GENERATIONS 〜RINGとの対話〜」
    佐久間大介 (10/22)
  • [特別支援教育中学部][臨時的任用職員(2007年度)][備忘録(メモ)][議事録]ゆたんぽの会へ… Part. 4
    小松栄生 (10/12)
  • [臨時的任用職員(2007年度)][特別支援教育中学部][自然教室(2007年度) in 八ヶ岳][備忘録(メモ)]今回の自然教室での教訓
    araki (07/22)
  • [読書][哲学][生命倫理学]小泉義之(2006)『病いの哲学』(筑摩書房[ちくま新書593])
    愚人 (06/19)

Sponsored Links

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM