[中学校社会科教育]社会科のコツ

 今日はまだ体力があるので、もう一本サービスで行っとこう(笑)。お題は、「なぜ『社会』を勉強しなければならないのか?」で。
 実は授業中や休み時間などで生徒からよく尋ねられた質問だったのだが、正直、上手く答えることができずにまんまと逃げかわせた経緯がある。
 私なりの答えを単刀直入に言えば、「世の中を賢く生きるための考え方のスキルを身につけるため」である。
 現在、日本における社会科教育は歴史的分野・地理的分野・公民的分野に分けて行われている。だが、社会科は、その扱う範囲(即ち「社会的事象」=世の中で起こっている出来事)がとてつもなく広いが故に、つかみどころがない。その点が、「社会科」に対するアレルギーを生み出している。
 けれども、社会なんてものは「つかみどころがない」のだから、逆に言えば、コツさえ掴めば、どのジャンルからでもスタートできる。以下、コツを書くが、公民的分野に関わることのように見えるが、実は歴史的分野や地理的分野に関わることでもあり、更にあらゆるジャンルを網羅することにもつながってしまうのだ。
 そのコツは、「一歩裏を見る」こと。そのために、まずテレビや新聞のニュースを見るべし。
 テレビや新聞のニュースを2週間毎日見続けれいれば、世の中で起こっている大概のことは分かる(こう表現すると、メディアリテラシーの観点から問題があるのだが、本稿では一応このように書く)。別に毎日見なくとも、テレビや新聞で、「耐震偽装」や「ウィニー(Winny)」、「イナバウアー」のように、あるフレーズや言葉がよく目にしたり耳にするようになる。
 ここで、よく流れる言葉について、「そもそも××ってどうなっているのか?」、「そもそも××って何?」のように、関連する事柄について「そもそも〜」の形で疑問文を作る。
 例えば、「耐震偽装」なら、「そもそも建築基準ってどうなってるの?」や「そもそも一級建築士って何?」、「そもそも地盤はどうなっているの?」というように考える。また、「靖国問題」なら、「そもそも『靖国神社』って何?」、「日本と中国の戦争の歴史って何?」のように疑問を出す。
 このように疑問文ができれば、あとは自分なりに調べる。「調べる」と言っても、マニアックに調べたければ調べればいいし、「ここまで分かればいいや」という点まで調べても構わない。要は、「自分が関心を持った世の中で起きていること」についての予備知識を、<必要に応じて>少しでも持つことが出来ればいいのだ。
 このように予備知識を蓄えていく過程が、社会についての知識を持つことにもつながり、やがて「世の中を賢く生きるための考え方の予備知識」になる。この点で言えば、私にとって、社会科はこの作業の繰り返しだから楽だった。だから私は「社会科」が好きになれた。

 要は、社会科のコツは、≪「そもそも××って何!?」の形で考える(聞く)!≫こと。

 こんなんでよろしいでしょうか。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[歴史教育][教科書][ブックマーク]中学校歴史教科書問題に関するブックマーク・リンク

 ふと見つけたサイト。即座にメモする。きっかけは以下の記事から。

歴史教科書を中・韓国語に翻訳=HPで24日から公開−外務省
 外務省は23日、今春文部科学省の検定に合格した8社の中学歴史教科書について、近現代史の主要部分を中国語、韓国語に翻訳し、24日からホームページ(HP)で公開すると発表した。日本の歴史教科書に対する批判には「内容を知らないで言っているものも多い」(幹部)ことから、正確な理解を促す狙いがある。 
 HPでは、近隣諸国と関係の深い日清戦争、韓国併合、満州事変といった主要な出来事について、各社の記述を比較できる形で掲載。日本の教科書検定制度も併せて説明している。近く英語訳も掲載する。
 翻訳は民間の出版社に委託した。HPアドレスはhttp://www.je-kaleidoscope.jp(了)
(時事通信) - 8月23日19時7分更新
(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050823-00000098-jij-pol)


●JE KALEIDOSCOPE
http://www.je-kaleidoscope.jp/
(日本語[リンクはこちらを利用]:http://www.je-kaleidoscope.jp/index_ja.html
 日本の各社で出版されている検定済み歴史教科書の中で、近現代史の部分の記述を英語・中国語・韓国語に翻訳して掲載されている。日本語でも、各社の歴史教科書の目次を見比べることができる。
 ただし、各社の歴史教科書は、中学校社会科の学習指導要領に基づいて作られているので、学習指導要領から大きく逸脱した内容では検定を通らず、教科書として使用できない点を前提にしておいた方がいいだろう。
 また、歴史教科書を見比べるのと同時に、この際に是非、学習指導要領も見て、日本の中学校社会科の教育方針について考えてみるといい。その際、各国の学習指導要領に当たる要綱なり教育方針も比較できればなお良い。要は、歴史教科書のみに云々閑雲言っても、あまり生産的ではないのだ。

【参考文献】
文部省(1998[平成10].12.14改定)「中学校学習指導要領 第2節 社会」、http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301c/990301c.htm
拙稿(2004.07.01)「日韓歴史教科書比較論」、http://tmaker.jugem.cc/?eid=3

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

| 1/1PAGES |

+ Search This Site.
Google


WWWを検索
http://tmaker.jugem.ccを検索

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Profile

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Categories

Archives

Links

Selected Entries

Recent Comment

  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    T-Kreuzung (05/28)
  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    NIK (05/27)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    T-Kreuzung (03/30)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    望月慈希 (03/25)
  • [出来事の記し(駄文日記)]東京都町田市・町田えびね苑
    くぼた (04/30)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(自立活動)][非常勤講師(2008年度)]掲示物:「おならをしない!!」、絵カード:「おならは外で!」
    ゴンザレス田中 (05/26)
  • [出来事の記し(駄文日記)]「RING GENERATIONS 〜RINGとの対話〜」
    佐久間大介 (10/22)
  • [特別支援教育中学部][臨時的任用職員(2007年度)][備忘録(メモ)][議事録]ゆたんぽの会へ… Part. 4
    小松栄生 (10/12)
  • [臨時的任用職員(2007年度)][特別支援教育中学部][自然教室(2007年度) in 八ヶ岳][備忘録(メモ)]今回の自然教室での教訓
    araki (07/22)
  • [読書][哲学][生命倫理学]小泉義之(2006)『病いの哲学』(筑摩書房[ちくま新書593])
    愚人 (06/19)

Sponsored Links

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM