[ドイツ語文法]<wo[r]-/da[r]- 前置詞>

35. <wo[r]-/da[r]- 前置詞>
Worueber sprehen sie wohl?
:彼らは何について話しているのだろうか?
▲worueber<ueber+was:何について
▲wohl:(疑問文では推測の意を強める)〜だろうか?、(平叙文では)おそらく
Woran erinnern Sie sich noch?
:あなたは何をまだ覚えていますか?
▲woran <an+wo
▲sich an et4 erinnern:〜について覚えている
Wofuer interessieren Sie sich?
:あなたは何について興味がありますか?
▲wofuer<fuer+wo
Wovon haengt das ab?
:それは何次第なんですか?
▲wovon<von+wo
▲von et3 abhaengen:(物3格)次第である、依存する
Ich habe davon nichts gehoert.
:私はそれについて何も聞いていない。
▲davon<von+das
Darin habe ich die Lebensfuehrung gefunden.
:そこで私はその生き方を見つけた。
▲darin<in+das
▲die Lebensfuehrung:生活態度、生き方

Ich konnte sie davon ueberzeugen, dass es dringend ist.
:私は彼女に緊急事態だということを分からせることができた。
▲ueberzeugen:納得させる、確信させる
▲jn. von et3 ueberzeugen:(人4格)に(物・事3格)について納得させる
Warten Sie nicht darauf, dass jemand anders Sie fuer eine Stelle vorschlaegt.
:誰か他の人があなたにポストを推薦するのを待ってはいけません。
▲darauf<auf+das
▲jemand anders:誰か他の人
▲jn. fuer et4 vorschlagen:人を〜に推薦する
▲die Stelle:ポスト
Ich freue mich darauf, dass sie bald nach Japan kommt.
:私は彼女が間もなく日本に来ることを楽しみにしている。
ich freue mich darauf, nach Japan zu fahren.
:私は日本へ行くことを楽しみにしている。
Er beschaeftigt sich damit, ein neues Medikament zu entwickeln.
:彼は新しい薬を開発することに取り組んでいる。
▲sich mit et3 beschaeftigen:〜に取り組む、携わる
▲damit<mit+das
▲das Medikament:薬
▲entwickeln:開発する

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]分詞

34. 分詞
(1)分詞の意味
仝什瀛詞の作り方…<不定形+d>
[例外]sein - seined;tun - tuned
現在分詞の意味:「〜しながら」
2甬酳詞:「〜された、〜されて」(他動詞)、「〜してしまった、〜してしまって」(自動詞)

(2)分詞の用法
”娉淡貪に名詞を修飾する。
Sie troestete das weinende Kind.
:彼女は泣いている子どもを慰めていた。
▲troesten:慰める
▲weinen:わーんと泣く
Die angekommenen Gaeste stehen noch vor dem Eingang.
:到着した客たちは、まだ入口の前に立っている。
▲ankommen:到着する
▲der Eingang:入口
⊇匕譴箸靴道箸Α覆燭世掘永続的な性質や特性を表し、完全に形容詞と見なされる場合のみ)
Die Sache ist dringend.
:事態は急を要する。
▲dringend sein:急を要する
Dieses Thema ist sehr bleibt.
:このテーマはとても好まれる(=よく取り上げられる)。
I詞的に使う。
Er kann fliessend Deutsch sprechen.
:彼は流暢にドイツ語を話すことができる。
Sie ging beruhigt nach Hause.
:彼女は安心して家に帰った。
▲beruhigen:安心させる
▲beruhigt:安心して
▲beruhigt sein:気が済む
し鼠道譴量昌豌
Man soll Denken lernen, nichts Gedachtes.
:人は考えられたことではなく、考えることを学ぶべきだ。
Die Studierenden lernen fleissig Deutsch.
:学生は一生懸命にドイツ語を学ぶ。
Der Verletzte wurde sofort ins Krankenhaus gebracht.
:けが人はすぐに病院に運ばれた。
▲verletzen:負傷する、けがをする、傷つく

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]<sein+zu不定形>、<haben+目的語+zu不定形>、lassen:<lassen+4格目的語+不定詞>

31. <sein+zu不定形>:〜されうる。〜されるべきである。
Eine Wohnung, die ruhig liegt, ist in der Stadt schwer zu finden.
:静かな場所にある住居は、市内ではなかなか見つからない。
▲schwer:〜するのが難しい。
Das Problem ist leicht zu loesen.
:その問題は簡単に解くことができる。(←その問題は簡単に解かれうる。)
▲leicht:簡単な
Die Arbeit ist schell zu erledigen.
:その仕事はすぐに片づけられねばならない。
▲schnell:早く
▲erledigen:処理する、片づける
Ein Ende des sinnlosen Krieges ist noch nicht zu erkennen.


32. <haben+目的語+zu不定形>:〜しなければならない。〜すべき…をもつ。
Ich habe jetzt etwas Wichtiges zu erledigen.
:私は今、ある重要なことを片づけなければならない。
Haben Sie viel zu tun? - Nein, ich habe nichts zu tun.
:あたなはすることがたくさんありますか?―いいえ、私は何もすることがありません。
▲tun:する。行う。
Haben Sie noch etwas zu sagen?
:あなたはまだ何か言うことがありますか?
Wir haben noch eine Stunde zu warten.
:私たちは、まだ1時間待たなければならない。


33. lassen:<lassen+4格目的語+不定詞>
(1)使役:「〜させる、〜してもらう」
Lassen Sie mich in Ruhe!
:放っておいて下さい!
Ich lasse ihn arbeiten.
:私は彼を働かせる。
Ich lasse meinen Sohn das Auto waschen.
:私は息子に車を洗わせる。
▲waschen:洗う
Er laesst das Auto reparieren.
:彼はその車を修理させる。
▲reparieren:修理する
Wo hast du dir die Haare schneiden lassen?
:どこで君は髪を切ってもらったの?
▲schneiden:切る
Ich habe den Kellner eine Flasche Rotwein bringen lassen.
:私はウェイターに1本の赤ワインを持ってこさせた。
▲der Kellner:ウェイター
▲die Flasche:瓶
▲eine Flasche RotWein:赤ワイン1本
▲rot:赤い
Du solltest sofort aerztlich untersuchen lassen.
:君はすぐに医者に診てもらったほうがいいよ。
▲sofort:すぐに
▲aerztlich:医者の、医師による
▲untersuchen:調べる、診察する

(2)勧誘:「〜しよう!」
Lassen Sie uns 〜!:(Sieに対して)
Lass uns 〜!:(duに対して)
Lasst uns 〜!:(ihrに対して)
Lasst uns tanzen gehen!
:一緒に踊りに行こうよ!

(3)許容・放置:「(好きなように)〜させておく、〜させてやる」
Die Mutter liess ihre Kinder ins Kino gehen.
:その母親は子どもたちが映画に行くのを許した。

(4)<lassen+sich+不定詞>:「(事物を主語として)〜されうる」
Diese Tuer laesst sich leicht oeffnen.
:このドアは簡単に開く(=開けられる)。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]非人称のes

30. 非人称のes
(1)熟語
Es gibt hier nichts Neues.
:ここには新しいことは何もない。
▲<es gibt+4格>:〜がある。
Morgens gibt es im Fernsehen oft Wiederholungen vom Vortag.
:朝にテレビでしばしば前日の再放送がある。
▲morgens:朝に(am Morgen)
▲die Wiederholung:繰り返し
▲der Vortag:前日
Wie geht es Ihnen? - Mir geht es gut.
:お元気ですか?―私は元気です。
▲<Wie geht es+3格?>:お元気ですか?
Wie geht es mit Ihrer Arbeit? - Es geht langsam voran mit der Arbeit.
:あなたのお仕事の調子はいかがですか?―まあ、ちょっとずつしか進んでいません。
▲<Wie geht es mit+3格?>:〜の調子はいかがですか?
Es handelt sich um deine Karriere.
:君の出世が問題になっている。
▲<Es handelt sich um+4格>:〜が問題になっている。それはつまり〜のことである。
Worum handelt es sich denn?
:一体何のことですか?(何が問題になっているのですか?)
Es fehlt mir an Geld.
:私にはお金が足りない。(私には金がない。)
▲<Es fehlt+3格+an+3格>:…には〜が不足している。欠けている。

(2)天候・気象・時刻などを表す。
Es ist draussen noch hell.
:まだ外は明るいです。
▲draussen:外で
▲hell:明るい
Wie spaet ist es jetzt? - Es ist halb neun.
:今何時ですか?―8時半です。
Es ist kalt.
:寒い。
Es wird regnen.
:雨になりそうだ。
Heute ist es sehr schoen.
:今日はとてもいい天気だ。

(3)生理・心理現象を表す⇒esは文頭でない限り省略される。
Mir schwindelt.
=Es schwindelt mir.
:私はめまいがする。
Mich friert an den Haenden.
=Es friert mich an den Haenden.
:私は両手が凍える。
Mir ist uebel.
=Es ist mir uebel.
:気分が悪い。
Mir graut vor den Schlangen.
=Es graut mir vor den Schlangen.

(4)形式主語
Es beginnt ein neues Leben!
:新しい人生が始まる!
Es ist lustig, Deutsch zu lernen.
:ドイツ語を習うのは楽しい。
▲lustig:楽しい

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]数字・序数(2)

■数字・序数(2)
●序数は形容詞として、格変化語尾をとる。
Die 9. (= neunte) Sinfonie von Beethoven ist die letzte vollendete Sinfonie.
:ベートーベンの交響曲第9番は最後の完璧な交響曲である。
▲vollendet:完璧な、非の打ち所のない、申し分のない
Es gibt das Spielzeug Verkaufsboden im dritten Stock.
:おもちゃ売り場は3階(=日本で「4階」にあたる)にある。
▲das Spielzeug:おもちゃ
▲der Stock:階
Im wievielten Stock wohnt Hans? -Sie wohnt im zweiten Stock.
:ハンスは何階に住んでいますか?―彼女は2階(=日本で「3階」にあたる)に住んでいます。
Der Wievielte ist heute? -Heute ist der 23. (= dreiundzwanzigste) August.
Den Wievielten haben wir heute? -Heute haben wir den 23. August.
:今日は何月何日ですか?―今日は8月23日です。
▲wievielt:何番目の
Stefan ist am 27. Juli geboren (1984).
:シュテファンは(1984年)7月27日生まれだ。
Ein Zug kommt bald bei der dritten Plattform an.
:間もなく3番線ホームに電車が到着します。
▲die Plattform:プラットホーム

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]数字・序数(1)

■数字・序数(1)
●数字:基数/序数の順に記す。
●序数は基数に1〜19までには-tを、20以上には-stをつける。

0:null
1:eins/(1.)erst
2:zwei/(2.)zweit
3:drei/(3.)dritt
4:vier/(4.)viert
5:fuenf/(5.)fuenft
6:sechs/(6.)sechst
7:sieben/(7.)siebt
8:acht/(8.)zcht
9:neun/(9.)neunt
10:zehn/(10.)zehnt
11:elf/(11.)elft
12:zwoelf/(12.)zwoelft
13:dreizehn/(13.)dreizehnt
14:vierzehn/(14.)vierzehnt
15:fuenfzehn/(15.)fuenfzehnt
16:sechzehn/(16.)sechzehnt
17:siebzehn/(17.)siebzehnt
18:achtzehn/(18.)achtzehnt
19:neunzehn/(19.)neunzehnt
20:zwanzig/(20.)zwanzigst
21:einundzwanzig/(21.)einundzwanzigst
22:zweiundzwanzig/(22.)zweiundzwanzigst
23:dreiundzwanzig/(23.)dreiundzwanzigst
24:vierundzwanzig/(24.)vierundzwanzigst
25:fuenfundzwanzig/(25.)fuenfundzwanzigst
26:sechsundzwanzig/(26.)sechsundzwanzigst
27:siebenundzwanzig/(27.)siebenundzwanzigst
28:achtundzwanzig/(28.)achtundzwanzigst
29:neunundzwanzig/(29.)neunundzwanzigst
30:dreissig/(30.)dreissigst
40:vierzig/(40.)vierzigst
50:fuenfzig/(50.)fuenfzigst
60:sechzig/(60.)sechzigst
70:siebzig/(70.)siebzigst
80:achtzig/(80.)achtzigst
90:neunzig/(90.)neunzigst
100:hundert/(100.)(ein)hundertst
101:(ein)hunderteins/(101.)(ein)hunderterst
123:(ein)hundertdreiundzwanzig/(123.)(ein)hundertdreiundzwanzigst
200:zweihundert/(200.)zweihundertst
300:dreihundert/(300.)dreihundertst
400:vierhundert/(400.)vierhundertst
456:vierhundertsechsundfuenfzig/(456.)vierhundertsechsundfuenfzigst
500:fuenfhundert/(500.)fuenfhundertst
600:sechshundert/(600.)sechshundertst
700:siebenhundert/(700.)siebenhundertst
789:siebenhundertneunundachtzig/(789.)siebenhundertneunundachtzigst
800:achthundert/(800.)achthundertst
900:neunhundert/(900.)neunhundertst
1000:tausand/(1000.)tausandst

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]時刻の表現・時間の言い方

■時刻の表現
Wie spaet ist es jetzt?
:今何時ですか?
Es ist zehn Uhr.
:10時です。
Wann beginnt der Unterricht?
:いつ授業は始まりますか?
Um wie viel Uhr beginnt der Unterricht?
:何時に授業は始まりますか?
▲Um wie viel Uhr:何時に
Er beginnt um neun Uhr.
:9時に始まります。
▲um 〜:〜時に

●24時間方式(digitale Uhr)で表すとき
Der Zug faehrt um 18.30 Uhr [=achtzehn Uhr dreissig] von hier ab.
:その列車は18時30分にここを出発する。
Das Konzert beginnt um 9.25 Uhr [=neun Uhr fuenfundzwanzig].
:そのコンサートは9時25分に始まる。

●12時間方式(normale Uhr)で表すとき
Der Zug faehrt um halb sieben von hier ab.
:その列車は「7時の半分」(=6時30分)にここを出発する。
Das Konzert beginnt um fuenf vor halb zehn.
:そのコンサートは「10時の半分の5分前」(=9時25分)に始まる。
▲halb:2分の1
Das Konzert beginnt um Viertel vor sechs.
:そのコンサートは「6時の15分前」(=5時45分)に始まる。
▲Viertel:4分の1

●時刻(数字表記):24時間方式(digitale Uhr)/12時間方式(normale Uhr)のおさらい
16時(16.00 Uhr):vierzehn Uhr/vier (Uhr)
16時5分(16.05 Uhr):vierzehn Uhr fuenf/fuenf nach vier
16時15分(16.15 Uhr):vierzehn Uhr fuenfundfuenfzehn/(ein) Viertel nach vier
16時25分(16.25 Uhr):vierzehn Uhr fuenfundzwanzig/fuenf vor halb vier
16時30分(16.30 Uhr):vierzehn Uhr dreissig/halb fuenf
16時35分(16.35 Uhr):vierzehn Uhr fuenfunddreissig/fuenf nach halb fuenf
16時45分(16.45 Uhr):vierzehn Uhr fuenfundvierzig/(ein) Viertel vor fuenf
16時50分(16.50 Uhr):vierzehn Uhr fuenfzig/zehn vor fuenf
17時(17.00 Uhr):fuenfzehn Uhr/fuenf (Uhr)

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]接続法(2)

29. 接続法(2)
(1)接続法第擬亜調靄楫舛鷲堋蠏舛慮豐瓦eをつけた形。ただしseinはseiを基本とする。

[例]spielen
接続法第擬梓靄楫繊spiele
◎sg.
1人称…ich spiele
2人称…du spielest
3人称…er/sie/es spiele
敬称…Sie spielen
◎pl.
1人称…wir spielen
2人称…ihr spielet
3人称…sie spielen
敬称…Sie spielen

[例]sein
接続法第擬梓靄楫繊sei
◎sg.
1人称…ich sei
2人称…du seiest
3人称…er/sie/es sei
敬称…Sie seien
◎pl.
1人称…wir seien
2人称…ihr seiet
3人称…sie seien
敬称…Sie seien

[例]haben
接続法第擬梓靄楫繊habe
◎sg.
1人称…ich habe
2人称…du habest
3人称…er/sie/es habe
敬称…Sie haben
◎pl.
1人称…wir haben
2人称…ihr habet
3人称…sie haben
敬称…Sie haben

[例]werden
接続法第擬梓靄楫繊werde
◎sg.
1人称…ich werde
2人称…du werdest
3人称…er/sie/es werde
敬称…Sie wuerden
◎pl.
1人称…wir werden
2人称…ihr werdet
3人称…sie werden
敬称…Sie werden

(2)要求話法(接続法第擬亜
3人称主語への祈願・要求:「〜しますように!」
Lang lebe der Koenig!
:王様が長く生きますように!(=王様万歳!)

控えめな要求・願望(mogenの接続法第擬亜法А屐舛靴泙垢茲Δ法」
Moege Ihnen das neue Jahr viel Glueck bringen!
:新年のご多幸をお祈りします!

(3)間接話法(接続法第擬亜β茘脅亜
 人の言葉や文章を引用するときや、心の中で感じたことや考えたことを引用するときに用いる。接続法第擬阿鯆名錣詫僂い襪、第擬阿世板樟睨,汎韻厳舛砲覆訃豺腓箍疑的な引用の場合には第脅阿鰺僂い襦
Er fragte sie, wie es ihr gehe.
=Er fragte sie: "Wie geht es Ihnen?"
:彼は彼女に「調子はどうですか?」と尋ねた。
Sie hat mir erzaehlt: "Mein Freund arbeitet diesen Sommer bei der Post."
=Sie hat mie erzaelt, dass ihr Freund diesen Sommer bei der Post arbeitet.
:彼女は私に「友だちがこの夏に郵便局で働いていた」ことを話した。
Bettina sagte, dass ich sich heute abend anrufen solle.
=Bettina sagte: "Ruf mich heute abend an!"
:ベッティーナが私に「私に今晩電話するように」と言った。
Er hat mich gebeten, ich moege ihn anrufen.
:彼は私に「私に電話してください」とお願いした。
Er meinte, alles sei in Ordnung.
:彼は「全然問題ない」と思った。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]接続法(1)

28. 接続法(1)
(1)直説法と接続法
・直説法:事実を「事実」として直接述べる動詞の形。
・接続法:事実を「事実と認められないもの」として述べる動詞の形。主に“鷂充造硫渉蠅筬⇒弋瓠↓E訴垢瞭睛討鮓世Δ箸に使われる。

(2)接続法第脅亜弊楝核_甬遏法調靄楫舛浪甬邨舛らつくる。
◎作り方
ゝ則動詞のとき…直説法過去基本形と全く同じ。
不規則動詞のとき(ウムラウトさせる母音がある)…<幹母音ウムラウト+語尾e>。
I垉則動詞のとき(ウムラウトさせる母音がない)…直説法過去基本形にeをつける。

[例]spielen
接続法第脅梓靄楫繊spielte
◎sg.
1人称…ich spielte
2人称…du spieltest
3人称…er/sie/es spielte
敬称…Sie spielten
◎pl.
1人称…wir spielten
2人称…ihr spieltet
3人称…sie spielten
敬称…Sie spielten

[例]gehen
接続法第脅梓靄楫繊ginge
◎sg.
1人称…ich ginge
2人称…du gingest
3人称…er/sie/es ginge
敬称…Sie gingen
◎pl.
1人称…wir gingen
2人称…ihr ginget
3人称…sie gingen
敬称…Sie gingen

[例]sein
接続法第脅梓靄楫繊waere
◎sg.
1人称…ich waere
2人称…du waerest
3人称…er/sie/es waere
敬称…Sie waeren
◎pl.
1人称…wir waeren
2人称…ihr waeret
3人称…sie waeren
敬称…Sie waeren

[例]haben
接続法第脅梓靄楫繊haette
◎sg.
1人称…ich haette
2人称…du haettest
3人称…er/sie/es haette
敬称…Sie haetten
◎pl.
1人称…wir haetten
2人称…ihr haettet
3人称…sie haetten
敬称…Sie haetten

[例]werden
接続法第脅梓靄楫繊wuerde
◎sg.
1人称…ich wuerde
2人称…du wuerdest
3人称…er/sie/es wuerde
敬称…Sie wuerden
◎pl.
1人称…wir wuerden
2人称…ihr wuerdet
3人称…sie wuerden
敬称…Sie wuerden

(3)非現実話法(接続法第脅亜
_渉蠅料按鵑鳩誅澄А屬發掘舛覆蕕弌◆弔世蹐Α
Wenn Martin morgen nicht arbeiten muesste, koennte er uns helfen.
:マルティンが明日仕事をしなくてよければ、私たちを手伝うことができるのだが。
=Martin muss morgen arbeiten und kann uns nicht helfen.
:マルティンが明日仕事をしなければならず、私たちを手伝うことができない。
▲muesste:muessenの接続法第脅

●会話文などで、結論部を<wuerde+不定形>に書き換えることがよくある。
Es waere schoen, wenn Sie mich besuchen wureden.
:もしあなたが私を訪ねてくださるとすれば、すばらしいのですが。

●前提部の独立用法:「(もしも)〜ならばなあ!」
Wenn es nur nicht so frueh dunkel wurede!
:せめてそんなにも早く暗くならなければなあ!
▲nur:(願望)せめて
▲nur so:そんなにも、ひどく
▲frueh:早い
▲dunkel:暗い
Wenn ich nur nicht bis halb sechs Vorlesungen haette!
:せめて5時30分までに講義が終わってくれればなあ!
▲die Vorlesung:講義
Ich wuenschte, ich haette mehe Zeit gehabt.
:もっと時間があったらいいのになあと思います。

●結論部の独立用法…前提部を句・節で代用
Ohne Wasser koennte der Mensch nicht auskommen.
:水がなければ人間はやっていけないだろう。
An deiner Stelle waere ich vorsichtig.
:あなたの立場だったならば私は気をつけるだろう。

●wennの省略
Waere ich ein Voeglein, so floege ich zu dir.
=Wenn ich ein Voeglein waere, so floege ich zu dir.
:もし私が小鳥なら、君のもとへ飛んでいくのに。

als ob 〜:「まるで〜のように」
Er spricht Deutsch, als ob er ein Deutscher waere.
:彼はまるでドイツ人であるかのようにドイツ語を話す。
Er tut so, als ob er kein Geld haette.
:彼はお金を持っていないかのように振る舞う。

●obの省略
Er spricht Deutsch, als waere er ein Deutscher.

U橋福γ寧
Koennten Sie mir vielleicht Ihre Adresse geben?
:もしかして住所を教えていただけますでしょうか。
Ich wuerde Ihnen einen guten Arzt empfehlen.
:あなたに良い医者を推薦しましょう。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]関係代名詞

27. 関係代名詞
ヾ愀限緻昌譴蓮∪莵垰譴寮・数に一致する。省略することはできない。
関係代名詞の格は、関係文の中の格によって決まる。
4愀己犬魯灰鵐泙廼萓擇蕕譴襦

◎sg.
◎m.
1格…der
2格…dessen
3格…dem
4格…den

◎f.
1格…die
2格…deren
3格…der
4格…die

◎n.
1格…das
2格…dessen
3格…dem
4格…das

◎pl.
1格…die
2格…deren
3格…denen
4格…die

Kennst du den Typ, der immer bei Tina zu Besuch ist?
:君はいつもティナのもとへ訪問している人を知っている?
▲der Typ:タイプ、類型、人、やつ
▲der Besuch:訪問、見舞い
Kennst du den Typ, den wir gestern mit Tina im Kino gesehen haben?
:君は私たちが昨日ティナと一緒に映画館で見たやつ(映画)を知っている?
Die Touristen, die ich letzten Sommer durch ganz Europa gefahren habe, waren Amerikaner.
:私がこの前の夏にヨーロッパ中を乗せて行った観光客たちはアメリカ人だった。
▲der Tourist:観光客
▲durch ganz Europa:ヨーロッパ中を
▲fahren:〔(完了の助動詞)haben〕((4格の名詞));〔…(4格)を〕(乗り物で)運ぶ、運搬する
Ein Kabriolett ist ein Auto, dessen Dach man bei schoenem Wetter aufmachen kann.
:カブリオレは人が良い天気のときにその屋根を開けることができる自動車である。
▲das Kabriolett:(車)キャブリオレ、コンバーチブル(幌付き乗用車)
▲das Dach:屋根
▲aufmachen:開ける
Unser Grundgesetz ist die beste Verfassung, die Deutschland je hatte.
:我々の基本法はドイツが今まで持った中で最も優れた憲法だ。
▲das Grundgesetz:基本法
▲die Verfassung:憲法
Ich erinnere mich an den Mann, dem ich mein Fahrrad verkauft habe.
:私の自転車を売ってあげた男の人のことを思い出す。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]命令形

26. 命令形
 <[例]―duに対する命令<不定形の語幹+(e[省略されることが多い]/i/ie)>―ihrに対する命令<不定形の語幹+(e)t>―Sieに対する命令<不定形の語幹+en Sie>>の順に記す。
kommen - komme! - kommt! - kommen Sie!
sagen - sage! - sagt! - sagen Sie!
sehen - sieh! - seht! - sehen Sie!
geben - gib! - gebt! - geben Sie!
arbeiten - arbeite! - arbeitet! - arbeiten Sie!
mitkommen - komme ... mit! - kommt ... mit! - kommen Sie ... mit!
sein - sei! - seid! - seien Sie!
werden - werde! - werdet! - werden Sie!

Lesen Sie den Satz gruendlich!
:この文を注意深く呼んでください。
▲der Satz:文
▲gruendlich:注意深く
Sei ruhig!
:静かにしろ。
▲ruhig:静かな
Sprechen Sie bitte langsam!
:どうかゆっくり話してください。
▲langsam:ゆっくり
Bringt etwas zur Party mit!
:(君たち)何かパーティーに持ってきて。
▲mitbringen:持ってくる
Kommt doch herein!
:中に入ってきてよ。
Ruf mich an!
:私に電話をしてね。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]形容詞の格変化、形容詞・副詞の比較級・最上級、形容詞の名詞化

23. 形容詞の格変化
(1)形容詞の用法
 ―匕貪用法:Das Restaurant ist gut.
 付加語的用法:Das ist gutes Restaurant.(←格変化をしている)
 述語的用法:Der Wagen faehrt schnell.

(2)形容詞も格変化をする。その格変化は、名詞の格を補助的に示すためである。よって、名詞や冠詞類がすでに格を明示している場合は原則として形容詞の格変化は-enとなる。

〃鼠道譟槎昌譬誘変化
◎sg.
◎m. [例]der Wein:ワイン
1格…guter Wein
2格…guten Weins
3格…gutem Wein
4格…guten Wein

◎f. [例]die Milch:牛乳
1格…gute Milch
2格…guter Milch
3格…guter Milch
4格…gute Milch

◎n. [例]das Bier:ビール
1格…gutes Bier
2格…guten Biers
3格…gutem Bier
4格…gutes Bier

◎pl. [例]die Leute:(複数)人々
1格…gute Leute
2格…guter Leute
3格…guten Letuen
4格…gute Leute

定冠詞/定冠詞類(dieser型冠詞)+形容詞+名詞⇒弱変化
◎sg.
◎m. [例]der Wein
1格…der guter Wein
2格…des guten Weins
3格…dem guten Wein
4格…den guten Wein

◎f. [例]die Milch
1格…die gute Milch
2格…der guten Milch
3格…der guten Milch
4格…die gute Milch

◎n. [例]das Bier
1格…das gute Bier
2格…des guten Bier
3格…dem guten Bier
4格…das gute Bier

◎pl. [例]die Leute
1格…die guten Leute
2格…der guten Leute
3格…den guten Letue
4格…die guten Leute

I堋蟯Щ譟辛堋蟯Щ賣燹mein型冠詞)+形容詞+名詞⇒弱変化
◎sg.
◎m. [例]der Wein
1格…mein guter Wein
2格…meines guten Weins
3格…meinem guten Wein
4格…meinen guten Wein

◎f. [例]die Milch
1格…meine gute Milch
2格…meiner guten Milch
3格…meiner guten Milch
4格…meine gute Milch

◎n. [例]das Bier
1格…mein gutes Bier
2格…meines guten Bier
3格…meinem guten Bier
4格…mein gutes Bier

◎pl. [例]die Leute
1格…meine guten Leute
2格…meiner guten Leute
3格…meinen guten Letue
4格…meine guten Leute

Ich kaufe ein deutsches Woeterbuch.
:私は1冊のドイツ語の辞書を買う。
Er wohnt in einem grossen Haus.
:彼は1軒の大きな家に住んでいる。
Was wuenschen Sie? -Ich haette gern leichte Schuhe.
:何をお求めですか?―軽い靴が欲しいんですが。
▲die Schuhe:der Schuh(靴)の複数形


24. 形容詞・副詞の比較級・最上級
 <原級―比較級―最上級(形容詞として使用するとき[=名詞にかかる]/副詞として使用するとき)>の順に記す。
schnell - schneller - (der/die/das) schnellste/am schnellsten
klein - kleiner - (der/die/das) kleinste/am kleinsten
schoen - schoener - (der/die/das) schoenste/am schoensten
neu - neuer - (der/die/das) neueste/am neuesten
alt - aelter - (der/die/das) aelteste/am aeltesten
jung - juenger - (der/die/das) juengste/am juengsten
gross - groesser - (der/die/das) groesste/am groessten
hoch - hoeher - (der/die/das) hoechste/am hoechsten
gut - besser - (der/die/das) beste/am besten
viel - mehr - (der/die/das) meiste/am meisten
◎副詞としてのみ用いられるもの
gern - lieber - am liebsten

(1)<so+原級+wie>:「〜と同じくらい」
Meine Tochter ist jetzt so gross wie ich.
:私の娘は今では私と同じくらい背が高い。

(2)<比較級+als>:「〜よりも…」
Meine Vetter ist drei Jahre aelter als ich.
:私のいとこは私よりも3歳年上だ。
Japan ist groesser als Deutschland, aber kleiner als Frankreich.
:日本はドイツより大きいが、フランスよりは小さい。

(3)der -ste, die -ste, das -ste;am -sten:「一番〜」
Ist Hamburg die groesste Stadt in Deutschland? -Nein, die groesste ist Berlin. Hamburg ist die zweite groesste.
:ハンブルクはドイツ最大の都市ですか?―いいえ、最大はベルリンです。ハンブルクは二番目ですよ。
Ich hoere am liebsten klassishce Musik.
:私はクラシック音楽を聞くのが一番好きだ。
▲die Musik:音楽
Der Fuji ist der hoechste Berg in Japan.
:富士山は日本で一番高い山だ。
Ich schmeckt das Muencher Bier am besten.
:私はミュンヘンビールが最高だと思う。

(4)<je+比較級〜、desto[um so]+比較級〜>:「〜すればするほど、ますます…」
Je mehr er trinkt, desto lauter wird er.
:彼は飲めば飲むほど声が大きくなる。
Je laenger es das bild betrachtete, um so besser gefiel es ihm.
:彼がその絵をより長い間眺めるほど、ますます彼はその絵を気に入った。

(5)<immer+比較級>:「だんだん〜、ますます〜」
Die Warenprais steigt immer hoeher.
:物価がますます上昇する。
Die Tage werden immer kuerzer.
:日がだんだん短くなる。


25. 形容詞の名詞化
(1)動詞の名詞化
 動詞を大文字で書き始めると中性名詞(〜すること)になる。
[例]essen→das Essen:食べること

(2)形容詞の名詞化
 格変化は形容詞の格変化と同じだが、形容詞を大文字で書き始めることによって名詞として扱う。
|棒・女性・複数での格変化→人間を表す。
[例]deutsch:ドイツの⇒名詞化「ドイツ人」
<順番に「(男性の)ドイツ人」(sg.)・「(女性の)ドイツ人」(sg.)・「ドイツ人たち」(pl.)を記す。>
◎定冠詞類
1格…der Deutsche die Deutsche die Deutschen
2格…des Deutschen der Deutschen der Deutschen
3格…dem Deutschen der Deutschen den Deutschen
4格…den Deutschen die Deutsche die Deutschen

◎不定冠詞類
1格…ein Deutscher eine Deutsche Deutsche
2格…eines Deutschen einer Deutschen Deutscher
3格…einem Deutschen einer Deutschen Deutschen
4格…einen Deutschen eine Deutsche Deutsche

中性での格変化→事物・性質・事柄を表す。
[例]das Neue:新しいもの、新しいこと
[例](etwas) Gutes:(何か)良いもの、良いこと
[例]nichts Besonders:特別なこと(は)〜何一つない。
◎格変化…形容詞の格変化のときと同じ。
[例]das Neue
1格…das Neue
2格…des Neuen
3格…dem Neuen
4格…das Neue

[例](etwas) Gutes
1格…(etwas) Gutes
2格…―
3格…(etwas) Gutes
4格…(etwas) Gutes

Der Arzt untersucht den Kranken.
:医者が患者を診察する。
Steht etwas Neues in der Zeitung? -Nein, nichts Neues.
:何かニュースが新聞に載っている?―いいえ、何のニュースもない。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]zu不定形(句)

22. zu不定形(句):「〜すること」⇒1つの長い名詞
(1)zuの位置
kommen→ zu kommen
bekommen(非分離動詞)→ zu bekommen
ankommen(分離動詞)→ anzukommen

(2)zu不定形(句)は句の最後に持ってくる。

(3)用法
ー膰譟μ榲語
Es ist die Aufgabe der Opposition, an der Regierung Kritik zu ueben.
:政府に対して批判を加えることが野党の義務である。
▲die Aufgabe:義務
▲die Opposition:野党
▲die Regierung:政府、内閣、統治;政権
▲ueben:練習する、《特定の名詞と》(〜を)する
▲Kritik ueben:批判をする
Ich habe vergessen, die Haustuer zuzuschliessen.
:私は家の玄関を鍵をかけるのを忘れていた。
▲die Haustuer:玄関のドア、戸口
▲et.4 zuschliessen:(他動詞)〔…(4格)に〕鍵を掛ける

¬昌譴防佞
Es ist gefaehrlich, auf der Strasse zu spielen.
:通りで遊ぶのは危険だ。
Sein Wunsch, nach Deutschland zu reisen, wurde nicht erfuellt.
:「ドイツへ旅行すること」という彼の願望は叶わなかった。

<um+(4格支配)+zu不定形(句)>:〜するために
Meine Eltern fuhren ans Meer, um sich zu erholen.
:私の両親は休養するために海へ出かけた。
▲sich4 erholen:休養する、(相場・株価などが)持ち直す
▲fuhren:fahrenの過去形
Sie faehrt in die Stadt, um Lebensmittel zu kaufen.
:彼女は食料品を買うために町へ行く。
▲das Lebensmittel:(pl. 無冠詞)食料品

ぁohne+(4格支配)+zu不定形(句)>:〜することなしに
Er kommt herein, ohne vorher anzukopfen.
:彼は前もってノックせずに中へ入ってくる。

zu不定形(句)を伴う動詞
Sobald die Sonne scheint, beginnt der Schnee zu schmelzen.
:太陽が照るや否や、雪が解け始める。
▲Sobald:(従属接続詞)〜するや否や

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]再帰動詞<他動詞+再帰代名詞>

 21. 再帰動詞<他動詞+再帰代名詞>
(1)再帰動詞とは、主語の動作が主語自身(「自分」…再帰代名詞)に帰ってくる動詞である。

(2)再帰代名詞の格変化
◎(ich)
3格…mir
4格…mich
◎(du)
3格…dir
4格…dich
◎(er/sie/es)
3格…sich
4格…sich
◎(wir)
3格…uns
4格…uns
◎(ihr)
3格…euch
4格…euch
◎(sie)
3格…sich
4格…sich
◎(Sie)
3格…sich
4格…sich

(3)再帰動詞の人称変化 [例]sich4 setzen:座る
◎sg.
1人称…ich setze mich
2人称…du setzt dich
3人称…er/sie/es setzt sich
敬称…Sie setzen sich
◎pl.
1人称…wir setzen uns
2人称…ihr setzt euch
3人称…sie setzen sich
敬称…Sie setzen sich

Er freut sich auf die Sommerferien.
:彼は夏休みを楽しみにしている。
Die Schule findet sich rechts von der Kirche.
:学校は教会の右手にあります。
▲finden:見つかる、思う
▲sich4 finden:見つかる、ある
Ich fuehle mich nicht wohl.
:私は気分が良くない。
▲sich fuehlen:〜の気分である
▲wohl:良い
Du benimmst dich schlecht.
:君はマナーが悪い。
▲sich4 benehmen:(あるやり方で)振る舞う。
Koennen Sie sich nicht wenigstens entschuldigen?
:あなたはせめて謝ることくらいできないのですか?
▲wenigstens:少なくとも、せめて
▲sich entschuldigen:詫びる
Seine Aeusserung bezieht sich auf unser gestriges Gespraech.
:彼の発言は私たちの昨日の話し合いのことを言っているのだ。→「彼の発言は私たちの昨日の話し合いに関してなされたものだ」
▲sich auf et.4 beziehen:(AをBに)関連させる、(AをBに)関係づける、(AをBに)適用する、(AをBに)当てはめる

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]受動、従属接続詞で始まる文章(定形は文末)

 19. 受動
(1)動作の受動:「〜される」<werden+過去分詞>
Der Professor wird zum Botschafter in Japan ernannt.
:その博士は日本の大使に任命される。
▲der Botschafter:大使
In Deutschland werden keine Atomkraftwerke mehr gebaut.
:ドイツではもはや原子力発電所を建てられない。
▲das Atomkraftwerk:原子力発電所
▲bauen:建てる
Mein Computerprogramm wurde von einem Virus zerstoert.
:私のコンピュータープログラムはあるウィルスによって破壊された。
▲zerstoeren:破壊する

 過去分詞は文末に置き、「〜によって」は<von+3格>(→動作の主語)または<durch+4格>(→出来事)、<mit+3格>(→道具)で表す。

(2)状態受動:「〜されている」<sein+他動詞の過去分詞>
Der Brief war in Spanisch geschrieben.
:その手紙はスペイン語で書かれている。

▲受け身の完了不定形…この形から状態受動が生まれた。
Der Brief war in Spanisch geschrieben worden.
:その手紙はスペイン語で書かれていた。(5年後になってもスペイン語で書かれたままであるニュアンスを含意する⇒ここからwordenが不要になった)
Wegen des Windes sind alle Fenster geschlossen.
:風のせいで全ての窓が閉まっている。
▲Wegen des Windes sind alle Fenster geschlossen werden.
:(今でも閉められているのでwerdenが不要に)


20. 従属接続詞で始まる文章(定形は文末)
dass:〜すること、〜ということ
weil:〜であるので
wenn:もし〜ならば、〜のときに
als:〜したときに
nachdem:〜したあとで
bevor:〜する前に
da:〜だから
ob:〜かどうか
obwohl:〜にもかかわらず
obgleich:〜だけれど
など

▲denn、weil、da…理由を表わす接続詞
denn…【並列接続詞;定動詞の位置に影響なし】判断の根拠を補足的に付け足す。「というのは…」
weil…【従属接続詞;定動詞は文末に置く】主文との因果関係を表わす。一般に新しい情報としての理由(未知の理由)を示す。「…であるから」→なお,warumの答えに用いられるのはweilだけ。
da…【従属接続詞;定動詞は文末に置く】相手も知っている理由(既知の理由)を示す。「(あなたも知っているように)…だから」

Wenn die Ferien beginnen, fahre ich an die See.
:休みが始まったら私は海へ行く。
Obwohl er Fieber hat, arbeitet er den ganzen Tag.
:彼は熱があるにもかかわらず1日中働く。
▲Fieber haben:熱がある
Wenn ich Zeit habe, rufe ich dich an.
:時間があったら電話をするよ。
Weißt du nicht, daß deine Eltern dich lieben?
:君は君の両親が君を愛していることを分からないのか?
Ich bin so muede, daß ich gleich ins Bett gehen muss.
:とても疲れているので、私はすぐに寝なければならない。
▲muede:眠い、疲れた
▲gleich:同一の、同じ、すぐに
▲das Bett:ベッド
▲ins/zu Bett gehen:床に就く
Sagen Sie mir bitte, wie ich zum Bahnhof komme!
:駅にはどう行ったらよいか教えて下さい!
Sage mir, ob du kommen wirst!
:来るかどうか言ってくれ。
Da er schreibfaul ist, schreibt er selten.
:彼は筆不精なので、ほとんど手紙を書かない。
▲schreibfaul:筆不精の
Als sie in Bonn ankam, war ihr Mann nicht auf dem Bahnhof.
:彼女がボンに到着したとき、彼女の夫は駅にいなかった。
▲ankommen:到着する
Wenn du nach Heiderberg fahren willst, musst du in Frankfurt umsteigen.
:ハイデルベルクへ行くつもりなら、君はフランクフルトで乗りかえねばならない。
▲umsteigen:乗り換える

(1)wennの省略
Wenn du morgen zu haus bist, besuche ich dich.
→Bist du morgen zu haus, (so) besuche ich dich.

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文章、文体、作文][通信、ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術) ]Final Fantasy IV

Final Fantasy IV
Neue Videos verfügbar

Die Final Fantasy Reihe ist vielleicht die bekannteste Spielreihe überhaupt. Unzählige Teile der Rollenspielserie wurden bisher u. a. für die Playstation, den PC und den Nintendo DS veröffentlicht.

Am 04. September erscheint hierzulande auf dem DS ein Remake in leicht geänderter Form des bereits 1991 erschienen Final Fantasy IV auf dem SNES. Nun veröffentlichte Gametrailers.com vier neue Videos, die ihr euch ansehen könnt, wenn ihr auf die Quelle klickt.

Quelle: www.gametrailers.com
geschrieben von Nintendo Nuss | 26.07.2008 | 21:30 Uhr

【参考文献・参考URL】
http://www.gamezone.de/news_detail.asp?nid=64366&sys=28
(Gamezone)

【訳】
ファイアンルファンタジー4
新しいビデオを自由に利用できる

 ファイナルファンタジーのシリーズはなんととりわけ有名なゲームシリーズである。ロールプレイングシリーズの数え切れないものは今まではとりわけプレイステーションやパソコン、ニンテンドーDSに発表された。
 9月4日にドイツでDSにリメイク版が、すでに1991年にファイナルファンタジー4がSNESに登場した、容易に描きかえられたバージョンで登場する。「Gametrailers.com」だけが、出典をクリックするときに見ることができる、4の新しいビデオを公表した。

▲verfuegbar:意のままにできる、自由に使うことができる、すぐ手に入る
▲die Reihe:列、順番、シリーズ
▲bekannt:知られた、有名な、おなじみの(bekannt - bekannter - bekanntest)
▲ueberhaupt:一般に、特に、とりわけ、全然〜ない、ところで
▲unzaehlig:無数の、数えきれない
▲die Rollenspielserie:ロールプレイングシリーズ
▲bisher:今までは、これまでは
▲u. a.:(略語)=und and(e)re(s);などなど、その他、=unter ander(e)m/ander(e)n;中でも、とりわけ、特に
▲et4 veroeffentlichen:(4格を)公表する、発表する、出版する(veroeffentlichen - veroeffentlichte - veroeffentlicht)
▲erscheinen:現れる
▲hierzulande:この国では、当地では(やや古語)
▲bereits:すでに、もう
▲leicht:軽い、簡単な、容易に、とかく
▲die Quelle:泉、源泉、出典、原典

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]動詞の過去人称変化、完了形

17. 動詞の過去人称変化
[例]spielen
過去基本形:spielte
◎sg.
1人称…ich spielte
2人称…du spieltest
3人称…er/sie/es spielte
敬称…Sie spielten
◎pl.
1人称…wir spielten
2人称…ihr spieltet
3人称…sie spielten
敬称…Sie spielten

[例]gehen
過去基本形:ging
◎sg.
1人称…ich ging
2人称…du gingst
3人称…er/sie/es ging
敬称…Sie gingen
◎pl.
1人称…wir gingen
2人称…ihr gingt
3人称…sie gingen
敬称…Sie gingen

[例]sein
過去基本形:war
◎sg.
1人称…ich war
2人称…du warst
3人称…er/sie/es war
敬称…Sie waren
◎pl.
1人称…wir waren
2人称…ihr wart
3人称…sie waren
敬称…Sie waren

[例]haben
過去基本形:hatte
◎sg.
1人称…ich hatte
2人称…du hattest
3人称…er/sie/es hatte
敬称…Sie hatten
◎pl.
1人称…wir hatten
2人称…ihr hattet
3人称…sie hatten
敬称…Sie hatten

[例]werden
過去基本形:wurde
◎sg.
1人称…ich wurde
2人称…du wurdest
3人称…er/sie/es wurde
敬称…Sie wurden
◎pl.
1人称…wir wurden
2人称…ihr wurdet
3人称…sie wurden
敬称…Sie wurden


18. 完了形
(1)<haben/sein(人称変化)+過去分詞(文末)>で作る。
Heute haben wir viel von Berlin gesehen.
:私たちは今日ベルリンで多くのものを見た。

(2)「〜した」と過去の行為や行動を会話で述べるときには、現在完了形で述べる。逆に過去形は「あの時は〜だった」と、物語などの文章において現在と切り離して過去の状況を語るのに使われる。また、過去のことを語りながら、その語り手の今との関連での利害・関心を示すときも、過去の副詞を使って現在完了形で表す。
Ich verlor meine Tasche.
:私は自分の財布をなくした。(過去の歴史的事実を語っているだけ)
Ich habe maine Tasche verloren.
:私は自分の財布をなくした。(現在との関係で「今取り戻したい」というニュアンスが含まれる)
▲verlieren:失う(verlieren - verlor - verloren)

(3)完了形でseinをとる動詞
‐貊蠅琉榮阿鯢修梗動詞:gehen, kommen, fahrenなど
Er ist ins Kino gegangen.
:彼は映画館へ行った。
Er ist zwei Jahre in Bohn gewesen.
:彼は2年間ボンにいた。

⊂態の変化を表す自動詞:sterben, werden, einschlafenなど
Karin ist im Urlaub schon braun geworden.
:カリンは休暇で素敵な茶色になった。→「カリンは休暇で日に焼けてきた。」

その他:sein, bleibenなど
Wir sind Studenten damals gewesen.
:私たちは当時学生だった。
▲damals:当時

(4)完了形でhabenをとる動詞:全ての他動詞とほとんどの自動詞
Sie hat zehn Stunden am Tage gearbeitet.
:彼女は1日に10時間働いた。
▲die Stunde:時間、(60分)
Ich habe gerade zu Mittag gegessen.
:私はちょうど昼食を食べた。

(5)過去の助動詞が現在時制→現在完了、過去の助動詞が過去時制→過去完了
Peter ass sehr viel. Er hatte den ganzen Tag nichts gegesen.
:ペーターはたくさん食べた。彼は1日中何も食べてなかった。
Ich glaubte ihm nicht, denn er hatte shcon mehrmals gelogen.
:私は彼に信頼を置かなかった、というのは彼はすでに何度も嘘をついていたからだ。
▲glauben:思う、信頼する
▲mehramls:何度か、何度も、数回
▲luegen:嘘をつく(luegen - log - gelogen)
Heute morgen bin ich besonders frueh aufgestanden.
:今日私は特別に早く起きた。
▲aufstehen:起きる(aufstehen - aufstand - aufgestanden)
▲besonders:特に、非常に
Nach dem Konzert sind wir ins Restaurant gegangen.
:コンサートの後に私たちはレストランに入った。
▲in et4 gehen:〜の中に入る

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文章、文体、作文][ドイツ][哲学・現代思想]"Der Mut zum Nein-Sagen": Peter Sloterdijk

 こちらも本当に暇な時だけやる気ままなもの。訳は大概は間違っていると思う。
Peter Sloterdijk ist der Träger des diesjährigen Cicero-Preises. Zur Verleihung in Bonn kamen 500 Gäste. In seiner ZDF-Sendung „Im Glashaus - Das Philosophische Quartett“ bringt er die Geisteswissenschaften einer breiteren Masse näher.

【参考文献・参考URL】
BERNWARD ALTHOFF (2007.7.17) "Der Mut zum Nein-Sagen", http://www.rundschau-online.de/html/artikel/1214582721424.shtml (Kölnische Rundschau).

【訳】
 ペーター・スローターダイクは今年のキケロ賞の受賞者である。ボンでの受賞について500人の招待客が来る。彼のZDFの放送番組「グリーンハウスの中で――哲学カルテット――」にてスローターダイクは、人文科学を幅広い大衆に分かりやすく知らせている。

▲der Mut:勇気、元気
▲das Nein:いいえという返事、否定、反対
▲Nein sagen:拒否する
▲der Traeger:運ぶ人、受賞者、(文化・権力などの)担い手
▲diesjaehrig:今年の
▲Cicero:キケロ(ローマの雄弁家・政治家)
▲die Verleihung:貸与、賃貸、(称号・勲章などの)授与
▲der Gast:ゲスト、来客
▲die Sendung:発送、発送物、放送、放送番組
▲das Grashaus:温室
▲das Quartett:四重奏、カルテット、四人組
▲die Geisteswissenschaften:(pl.)人文科学
▲breit:幅の広い、広範な
▲die Masse:大量、多数、大衆、固まり、質量、遺産
▲eine Masse 〜:(口語)たくさんの〜
▲naeherbringen:(3格)に(4格)を理解させる、(状況などが)(4格)の(3格)との関係をより近づける

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]分離動詞、動詞の過去形と過去分詞、冠詞

14. 分離動詞
 分離動詞は、前綴りが文末に置かれるような動詞をいう。また、前綴りが分かれないものを非分離動詞という。なお、副文では分離動詞は分離せずに、文末に置く。

◎分離動詞
Ich stehe morgen sehr frueh auf.
:私は朝とても早く起きる。
▲aufstehen:起きる
▲frueh:早い、早く、早朝の、早朝に
Peter laedt sie zum Abendessen ein.
:ペーターは彼女を夕食に招待する。
▲einladen:招待する
▲das Abendessen:夕食
Wann faengt die Arbeit an? -Sie faengt um neun Uhr an.
:仕事はいつ始まりますか?―9時に始まります。
▲anfangen:始まる
▲die Arbeit:仕事
Wann stehen Sie auf? -Gegen sechs Uhr stehe ich auf.
:いつ起きますか?―6時頃に起きます。
▲aufstehen:起きる
▲gegen 〜 Uhr:〜時頃に
▲um 〜 Uhr:〜時に

◎非分離動詞
Ich verbringe ein ganzen Tag im Garten.
:私は1日中庭で過ごします。
▲verbringen:過ごす
▲der Garten:庭
Ich empfehle dieses Buch.
:私はこの本を推薦する。
▲empfehlen:推薦する
Das gefaellt mir.
:私はそれを気に入っている。
Wie gefallt es Ihnen in Tokyo?
:東京はいかがですか?
▲gefallen:気に入る
Ich vergesse meines Buch.
:私は自分の本を忘れる。
▲vergessen:忘れる


15. 動詞の過去形と過去分詞
 <不定形―過去―過去分詞>の順に記す。
◎規則動詞
hoffen - hoffte - gehofft
spielen - spielte - gespielt

◎不規則動詞
essen - ass - gegessen
kommen - kam - gekommen
geben - gab - gegeben
gehen - ging - gegangen
schlafen - schlief - geschlafen
singen - sang - gesungen
trinken - trank - getrunken
stehen - stand - gestanden
bringen - brachte - gebracht
aufstehen - stand auf - aufgestanden
verstehen - verstand - verstanden
gratulieren - gratulierte - gegratuliet
sein - war - gewesen
haben - hatte - gehabt
werden - wurde - geworden

Wie war die Reise? -Die Reise war sehr interessant.
:旅行はどうでしたか?―とても楽しかったです。
▲die Reise:旅行
Heute lernt Hans Japanisch, aber gestern lernte er Chinesisch.
:今日ハンスは日本語を勉強するが、昨日は中国語を勉強した。


16. 冠詞
(1)定冠詞類
dieser:この
jener:あの
solcher:このような、あのような
aller:すべての
mancher:いくつかの
jeder:それぞれの、各々の
welcher:どのような、どちらの

◎sg.
◎m. [例]der Staat
1格…dieser Staat
2格…dieses Staates
3格…diesem Staat
4格…deisen Staat

◎f. [例]die Welt
1格…diese Welt
2格…dieser Welt
3格…dieser Welt
4格…diese Welt

◎n. [例]das Volk
1格…dieses Volk
2格…dieses Volkes
3格…diesem Volk
4格…dieses Volk

◎pl. [例]die Stadt:町、都市
1格…diese Staedte
2格…dieser Staedte
3格…diesen Staedten
4格…diese Staedte

(2)不定冠詞類
mein:私の
dein:君の
sein:彼の、それの
ihr:彼女の
unser:私たちの
euer:君たちの
ihr:彼たちの、彼女たちの、それらの
Ihr:(敬称)あなたの、あなたたちの

◎sg.
◎m. [例]der Staat
1格…mein Staat
2格…meines Staates
3格…meinem Staat
4格…meinen Staat

◎f. [例]die Welt
1格…meine Welt
2格…meiner Welt
3格…meiner Welt
4格…meine Welt

◎n. [例]das Volk
1格…mein Volk
2格…meines Volkes
3格…meinem Volk
4格…mein Volk

◎pl. [例]die Stadt
1格…meine Staedte
2格…meiner Staedte
3格…meinen Staedten
4格…meine Staedte

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]話法の助動詞、werdenとlassen、動詞の現在人称変化(2)

11. 話法の助動詞
 <助動詞(定形)+不定詞(文末)>で「枠構造」を作る。
Ich schenke dem Bruder den Fueller schenken.
→Ich muss dem Bruder den Fueller schenken.

(1)wollen:〜するつもりだ、〜と欲する、〜しそうだ、〜する意志をもつ
◎sg.
1人称…ich will
2人称…du willst
3人称…er/sie/es will
敬称…Sie wollen
◎pl.
1人称…wir wollen
2人称…ihr wollt
3人称…sie wollen
敬称…Sie wollen

Ich will dir die Geschichte erzaehlen.
:私はあなたにその物語を話そうと思う。
▲die Geschichte:物語、歴史
▲erzaehlen:物語る、申し上げる
Wollen wir zusammen ein Beer trinken?
:いっしょにビールを飲もうよ。
▲Wollen wir 〜?:〜しましょうよ。

(2)koennen:(主体的能力)〜できる、(客観的条件の下で)〜かもしれない、〜ありうる
◎sg.
1人称…ich kann
2人称…du kannst
3人称…er/sie/es kann
敬称…Sie koennen
◎pl.
1人称…wir koennen
2人称…ihr koennt
3人称…sie koennen
敬称…Sie koennen

Das kansst du nicht alleine schaffen.
:君はそれを一人でやり遂げることはできない。
▲schaffen:やり遂げる、創造する、運ぶ
Er kann noch auf dem Sportplatz sein.
:彼はまだ運動場にいるかもしれない。
▲noch:未だ
▲der Sportplatz:運動場
▲auf:(公共の場、公共施設)で
Man kann zu dem Bahnhof mit dem Bus fahren.
Zu dem Bahnhof kann man mit dem Bus fahren.
:駅にはそのバスで行けます。
▲zu et3 mit et3 fahren:(事物3格)へ(事物3格)で行く


(3)muessen:〜ねばならない
◎sg.
1人称…ich muss
2人称…du musst
3人称…er/sie/es muss
敬称…Sie muessen
◎pl.
1人称…wir muessen
2人称…ihr muesst
3人称…sie muessen
敬称…Sie muessen

Ich muss zum Zahnarzt gehen.
:私は歯医者へ行かねばならない。
▲der Zahnarzt:(男性の)歯科医
Wir muessen jetzt in der Bank viel arbeiten.
:私たちは今、銀行でたくさん働かねばならない。
▲jetzt:現在、今
Wir muessen unbedingt etwas fuer die Erhaltung der Umwelt tun.
:我々は無条件に環境の保存のために何かしなければならない。
▲unbedingt:絶対に、ぜひとも、無条件に
▲die Erhaltung:保存・維持、扶養
▲tun:する

(4)duerfen:(許可)〜してよろしい、(<+nicht>禁止)〜してはいけない
◎sg.
1人称…ich darf
2人称…du darfst
3人称…er/sie/es darf
敬称…Sie duerfen
◎pl.
1人称…wir duerfen
2人称…ihr duerft
3人称…sie duerfen
敬称…Sie duerfen

Radfahrer duerfen auf der Autobahn nicht fahren.
:自転車乗りは自動車道路を走ってはいけない。
▲der Radfahrer:自転車乗り

(5)moegen:〜かもしれない、(<+nicht>)〜したくない
◎sg.
1人称…ich mag
2人称…du magst
3人称…er/sie/es mag
敬称…Sie moegen
◎pl.
1人称…wir moegen
2人称…ihr moegt
3人称…sie moegen
敬称…Sie moegen

Sie mag ueber 30 Jahre alt sein.
:彼女は30歳以上かもしれない。

(6)sollen:(主語に対しての要求・命令・願望)〜すべきである
◎sg.
1人称…ich soll
2人称…du sollst
3人称…er/sie/es soll
敬称…Sie sollen
◎pl.
1人称…wir sollen
2人称…ihr sollt
3人称…sie sollen
敬称…Sie sollen

Du sollst doch nicht mehr so viel rauchen.
:君はもうそんなにたくさんタバコを吸うべきではない。
▲nicht mehr 〜:もはや〜ない
▲so viel:そんなにたくさん
▲rauchen:煙を出す、いぶる、タバコを吸う


12. werdenとlassen
(1)助動詞werden:〜だろう
◎sg.
1人称…ich werde:(意志)〜するつもりだ
2人称…du wirst:(命令)〜すべきだ
3人称…er/sie/es wird:(推量)〜だろう
敬称…Sie werden
◎pl.
1人称…wir werden
2人称…ihr werdet
3人称…sie werden
敬称…Sie werden

Ich werde die Rechtung in einer Woche bezahlen.
:私はその請求書を1週間後に支払うつもりである。
▲die Rechtung:請求書、勘定書、計算
▲bezahlen:〜の代金を払う

(2)助動詞lassen:〜させる
◎sg.
1人称…ich lasse
2人称…du laesst
3人称…er/sie/es laesst
敬称…Sie lassen
◎pl.
1人称…wir lassen
2人称…ihr lasst
3人称…sie lassen
敬称…Sie lassen

Lassen sie mich in die Ruhe!
:私を静かな状態にさせておいてください→「放っておいてください」
▲die Ruhe:静か、静寂、休息、安らぎ
▲(4格の名詞)+in Ruhe lassen :…(4格)をそっとしておく;…(4格)に構わないでおく


13. 動詞の現在人称変化(2)
(1)a→ae [例]tragen
◎sg.
1人称…ich trage
2人称…du traegst
3人称…er/sie/es traegt
敬称…Sie tragen
◎pl.
1人称…wir tragen
2人称…ihr tragt
3人称…sie tragen
敬称…Sie tragen

(2)e→i [例]sprechen
◎sg.
1人称…ich sprechen
2人称…du sprichst
3人称…er/sie/es spricht
敬称…Sie sprechen
◎pl.
1人称…wir sprechen
2人称…ihr sprecht
3人称…sie sprechen
敬称…Sie sprechen

(3)e→ie [例]sehen
◎sg.
1人称…ich sehen
2人称…du siehst
3人称…er/sie/es sieht
敬称…Sie sehen
◎pl.
1人称…wir sehen
2人称…ihr seht
3人称…sie sehen
敬称…Sie sehen

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]名詞の複数形、前置詞の格支配

9. 名詞の複数形
(1)名詞の複数形(sg.→pl.の順に示す)
◎無尾式
der Spiegel:鏡 → die Spiegel
das Zimmer:部屋 → die Zimmer
der Bruder:兄弟 → die Brueder
der Hafen:港 → die Haefen

◎e式
der Tag → die Tage
das Jahr → die Jahre
die Nacht:夜 → die Naechte
die Traum:夢 → die Traeume

◎er式
das Feld:野原 → die Felder
das Kind:子ども → die Kinder
das Buch:本 → die Buecher
der Wald:森、林 → die Waelder

◎(e)n式
die See:海 → die Seen
die Frage:問い、質問 → die Fragen
das Auge:目 → die Augen
die Arbeit:仕事 → die Arbeiten

(2)複数名詞と定冠詞の格変化
◎m. [例]der Tag
1格…die Tage
2格…der Tage
3格…den Tagen
4格…die Tage

◎f. [例]die See
1格…die Seen
2格…der Seen
3格…den Seen
4格…die Seen

◎n. [例]das Feld:畑、野原、フィールド
1格…die Felder
2格…der Felder
3格…den Feldern
4格…die Felder


10. 前置詞の格支配
 前置詞は何格の名詞を取るかにより分類できる。
(1)2格支配
statt:〜の代わりに
trotz:〜にもかかわらず
waehrend:〜の間
wegen:〜のために
など

Er arbeitet trotz des Feiertags.
:彼は祝日にもかかわらず働いている。
▲das Feiertag:祝日、祭日
Peter bleibt zu Haus wegen der Krankheit.
:ペーターは病気のために家にとどまっている。
▲bleiben:とどまる
▲das Haus:家
▲die Krankheit:病気

(2)3格支配
ab:〜から
aus:〜の中から外へ
ausser:〜以外
bei:〜のそばで
mit:〜と一緒に
nach:(時間)〜の後で、(方向)〜へ向かって
seit:〜以来
von:〜から、〜の、〜によって、〜について
zu:〜へ、〜のために
など

Ich fahre von der Arbeit mit dem Bus nach Haus.
:私は仕事についてはバスで家へ行く。
▲fahren:(乗り物で)行く、走る
Die Wohnung liegt weit von der Universitaet.
:その住居は大学から離れたところに位置している。
▲die Wohnung:住居
▲liegen:横になっている、寝ている、位置している、ある
▲weit:広い、離れた、遠い
▲die Universitaet:大学、総合大学

(3)4格支配
bis:〜まで
durch:〜を通って、〜によって
fuer:〜のために
ohne:〜なしに
um:〜の周りを、〜頃に
など

Um die Lippen der Frau schwebt ein Laecheln.
:その女性は唇の周りにほほえみを漂わせる。
▲die Lippe:唇
▲laecheln:ほほえむ
▲schweben:浮かぶ、漂う
Der Schutz der Umwelt ist wichtig fuer die Menschheit.
:環境保護は人類のために重要である。
▲der Schutz:保護
▲die Umwelt:環境、周囲の人々
▲wichtig:重要な、重大な
▲die Menschheit:人類、人間

(4)3・4格支配
 3格を支配するときと4格を支配するときで意味が変わる。3格支配の場合は<地点、動作する場所>を、4格支配の場合は<動作の方向、その地点を目指した動き>を表す。
an:(3格)に接して、(4格)に接するように
auf:(3格)の上で、(4格)の上へ
hinter:(3格)の後ろで、(4格)の後ろへ
in:(3格)の中で、(4格)の中へ
ueber:(3格)の上方で、(4格)の上方へ
unter:(3格)の下方で、(4格)の下方へ
vor:(3格)の前で、(4格)の前へ
zwischen:(3格 und 3格)の間で、(4格 und 4格)の間へ

Ich wohne in der Stadt.
:(3格)私は町に住んでいる。
Ich gehe in die Stadt.
:(4格)私は町に行く。

(5)前置詞と定冠詞の結合
am < an dem [例]am Morgen:朝に
zur < zu der [例]zur Arbeit:仕事へ
Was sind Sie von Beruf? -Ich arbeite in einem Warenhaus.
:あなたの職業は何ですか?―私はデパートで働いています。
▲das Warenhaus:デパート
Vor den Fruehstueck jogge ich dreimal um den See.
:朝食の前に私は3回湖の周りをジョギングする。
▲das Fruehstueck:朝食
▲joggen:ジョギングする
▲dreimal:3回
Peter begleitet Taro in die Stadt.
:ペーターは太郎を町まで送る。
▲j4 in et3 begleiten:(人4格)を(事物3格)まで送る

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]不定冠詞einと否定冠詞kein、人称代名詞

7. 不定冠詞einと否定冠詞kein
(1)不定冠詞ein
◎m.(男性) [例]der Staat:国
1格…ein Staat
2格…eines Staates
3格…einem Staat
4格…einen Staat

◎f.(女性) [例]die Welt:世界
1格…eine Welt
2格…einer Welt
3格…einer Welt
4格…eine Welt

◎n.(中性) [例]das Volk:民族
1格…ein Volk
2格…eines Volkes
3格…einem Volk
4格…ein Volk

Ein Unglueck kommt selten allein.
:不幸はめったにひとつだけではやってこない。→「泣きっ面に蜂」
▲das Unglueck:事故、災害、(複数なし)不幸、不運
▲selten:めったに〜ない
▲allein:ひとりで、ただ〜だけ

(2)否定冠詞kein
◎m. [例]der Monat:(暦の)月
1格…kein Monat
2格…keines Monates
3格…keinem Monat
4格…keinen Monat

◎f. [例]die Woche:週、週間
1格…keine Woche
2格…keiner Woche
3格…keiner Woche
4格…keine Woche

◎n. [例]das Jahr:年
1格…kein Jahr
2格…keines Jahres
3格…keinem Jahr
4格…kein Jahr

Eine Schwalbe macht noch keinen Sommer.
:ツバメ1羽で夏にはならぬ。→「さい先がいいなどと早合点をするな」
▲die Schwalbe:ツバメ
▲noch:まだ、あと〜、さらに
▲der Sommer:夏


8. 人称代名詞
◎ich
1格…ich
2格…meiner
3格…mir
4格…mich

◎du
1格…du
2格…deiner
3格…dir
4格…dich

◎er(m.)
1格…er
2格…seiner
3格…ihm
4格…ihn

◎sie(f.)
1格…sie
2格…ihrer
3格…ihr
4格…sie

◎es(n.)
1格…es
2格…seiner
3格…ihm
4格…es

◎wir
1格…wir
2格…unser
3格…uns
4格…uns

◎ihr
1格…ihr
2格…euer
3格…ench
4格…euch

◎sie(Sie)
1格…sie(Sie)
2格…ihrer(Ihrer)
3格…ihnen(Ihnen)
4格…sie(Sie)

Ich bringe dir den CD-Player. Hier ist er.
:私はあなたにCDプレイヤーを持ってきています。これがそれ(=CDプレイヤー)です。
Kein Benzin! Was machen wir nun?
:ガソリンがない!さてどうするか?
▲das Benzin:ガソリン、ベンジン
▲nun:今、今や、今度は、さて
Nur das Stipendium ermoeglicht ihm das Studium.
:奨学金だけが彼に大学での勉強を可能にする。→「奨学金がなければ彼は大学で勉強ができない」
▲das Stipendium:奨学金
▲das Studium:研究、調査、(複数なし)大学での勉強
▲ermoeglicht:ermoeglichen(〈+jn./et4〉:〔…(4格)を〕可能にする)の過去分詞

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]格の用法、nicht

5. 格の用法
Der Mond ist der Sonn der Erde.
:月は地球の息子である。
▲der Sohn:息子
▲die Erde:地球
Ich schenke dem Bruder den Fueller.
:私は兄弟に万年筆を贈る。
▲schenken:贈る
▲der Fueller:万年筆


6. nicht
(1)文全体を否定するとき…文末に置く。
Ich schenke dem Bruder den Fueller nicht.
:私は兄弟に万年筆を贈らない。

(2)語句を否定するとき…否定する語句の直前に置く。
Nicht ich schenke dem Bruder den Fueller (, sondern er).
:私が兄弟に万年筆を贈るのではない(、そうではなく、彼が贈る)。
▲sondern:そうではなくて
Ich schenke nicht dem Bruder den Fueller (, sondern den Vetter).
:私は兄弟に万年筆を贈るのではない(、そうではなく、いとこに贈る)。
▲der Vetter:いとこ、従兄弟
Ich schenke dem Bruder nicht den Fueller (, sondern die Kamera).
:私は兄弟に万年筆を贈るのではない(、そうではなく、カメラを贈る)。
Ich kenne zwar den Weg, aber ich weiss die Adresse nicht.
:私は確かに道を知っているが、住所を知らない。
▲zwar:確かに
▲der Weg:道、経路

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]seinとhabenの現在人称変化、名詞と定冠詞の格変化

3. seinとhabenの現在人称変化
(1)sein:〜である
◎sg.
1人称…ich bin
2人称…du bist
3人称…er/sie/es ist
敬称…Sie sind
◎pl.
1人称…wir sind
2人称…ihr seid
3人称…sie sind
敬称…Sie sind

(2)haben:〜を持っている
◎sg.
1人称…ich habe
2人称…du hast
3人称…er/sie/es hat
敬称…Sie haben
◎pl.
1人称…wir haben
2人称…ihr habt
3人称…sie haben
敬称…Sie haben

Ich bin Lehrer.
:私は教師だ。
▲der Lehrer:(男性の)教師
▲die Lehrerin:(女性の)教師
Er ist nicht faul, aber etwas langsam.
:彼は怠けていない、しかしいくらか遅い。
▲faul:怠惰な
▲etwas:あるもの、何か
▲langsam:遅い、ゆっくりとした
Haben Sie Geschwister? -Nein, ich bin die einzige Tochter.
:兄弟姉妹はいますか?―いいえ、私は一人娘です。
▲die Geschwister:(複数)兄弟姉妹
▲die einzige:唯一の(einzigの女性1格。einzigは通常定冠詞を伴う)
▲die Tochter:娘


4. 名詞と定冠詞の格変化
 名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞のいずれかに分類される。そして、性に応じて冠詞が異なる。
(1)男性名詞 [例]der Vater:父
1格(主格)「〜が」…der Vater
2格(属格)「〜の」…des Vaters
3格(与格)「〜に」…dem Vater
4格(対格)「〜を」…den Vater

(2)女性名詞 [例]die Mutter:母
1格…die Mutter
2格…der Mutter
3格…der Mutter
4格…die Mutter

(3)中性名詞 [例]das Kind:子ども
1格…das Kind
2格…des Kindes
3格…dem kind
4格…das Kind

Ich habe weder Zeit noch Geld.
:私には時間もお金もない。
▲weder 〜 noch 〜:〜でも〜でもない
▲die Zeit:時間
▲das Geld:金
Ist Peter schon weg? -Nein, er ist noch da.
:ペーターはもういなくなった?―いや、彼はそこにいるよ。
▲weg:離れて、消えて
▲weg sein:なくなった、消えた
▲doch:(逆接の意味で)また、だが、しかし
▲da:そこに、そのとき

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[ドイツ語文法]動詞の現在人称変化(1)、平叙文・疑問文

 ちょっとの隙を埋めていくために、のんびりとメモしておく。

▲備考
 ウムラウトやエスツェットの表記については以下の通りにする。
・A Umlaut : ae
・O Umlaut: oe
・U Umlaut: ue
・エスツェット: ss


1. 動詞の現在人称変化(1)
[例]denken:考える
◎sg.(単数)
1人称…ich(私は)→ich denken
2人称…du(君は、お前は)→du denkst
3人称…er/sie/es(彼は/彼女は/それは)→er/sie/es denkt
敬称…Sie(あなたは)→Sie denken
◎pl.(複数)
1人称…wir(私たちは)→wir denken
2人称…ihr(君たちは、お前たちは)→ihr denkt
3人称…sie(彼らは/彼女らは/それらは)→sie denken
敬称…Sie(あなたたちは)→Sie denken


2. 平叙文・疑問文
(1)平叙文
Ich spiele Tennis.
:私はテニスをする。

(2)疑問詞のない疑問文…動詞を文頭に置く。
Spielst du Tennis? -Ja, ich spiele Tennis.
:君はテニスをする?―はい、私はテニスをします。
Kennen Sie Deutschland? -Ja, ich kenne Deutschland.
:あなたはドイツを知っていますか?―はい、私はドイツを知っています。
Trinkst du Wein? -Nein, ich trinke Wasser.
:ワインを飲む?―いいえ、水を飲むよ。
▲der Wein:ワイン
▲das Wasser:水

(3)疑問詞のある疑問文
Wie Heissen Sie? -Ich heisse Taro Yamada.
:あなたは何とおっしゃいますか?―私は山田太郎と申します。
▲heissen:〜という名前である
Was machst du heute Abend? -Nichts.
:(君は今晩何をするの?→)何か今晩予定があるの?―何もないよ。
▲der Abend:晩、夕方
Woher kommen Sie? -Ich komme aus Japan.
:あなたはどこから来ましたか?―私は日本から来ました。
▲woher:どこから
▲aus:〜から(3格支配)

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

| 1/1PAGES |

+ Search This Site.
Google


WWWを検索
http://tmaker.jugem.ccを検索

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Profile

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Categories

Archives

Links

Selected Entries

Recent Comment

  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    T-Kreuzung (05/28)
  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    NIK (05/27)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    T-Kreuzung (03/30)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    望月慈希 (03/25)
  • [出来事の記し(駄文日記)]東京都町田市・町田えびね苑
    くぼた (04/30)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(自立活動)][非常勤講師(2008年度)]掲示物:「おならをしない!!」、絵カード:「おならは外で!」
    ゴンザレス田中 (05/26)
  • [出来事の記し(駄文日記)]「RING GENERATIONS 〜RINGとの対話〜」
    佐久間大介 (10/22)
  • [特別支援教育中学部][臨時的任用職員(2007年度)][備忘録(メモ)][議事録]ゆたんぽの会へ… Part. 4
    小松栄生 (10/12)
  • [臨時的任用職員(2007年度)][特別支援教育中学部][自然教室(2007年度) in 八ヶ岳][備忘録(メモ)]今回の自然教室での教訓
    araki (07/22)
  • [読書][哲学][生命倫理学]小泉義之(2006)『病いの哲学』(筑摩書房[ちくま新書593])
    愚人 (06/19)

Sponsored Links

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM