[高等学校公民科(倫理)]2015(平成27)年度大学入試センター試験(倫理)

 2015(平成27)年度大学入試センター試験(倫理)が行われた。実際に問題を解きながら傾向を分析してみる。
 第1問は、タイムカプセルに関する会話文のBのニヒルさが際立つが、会話文の内容は「正義」に関するもので現代社会分野に関する問題。問1は現代社会に関する諸問題の時事的な内容をしっかりおさえていないと難しい。正解は選択肢 L2はレヴィンのマージナル=マン(境界人、周辺人)の考えが分かっていれば楽勝。特に引っかけのトラップもない。問3は思想家とその思想内容・主張の組み合わせがしっかり理解していないと厳しい。アはプラグマティズムの実用主義(有用主義)なのでジェームズ、イは「元型(アーキタイプス)」なのでユングでここまでは行けるが、ウはオルポートは「人間の成熟した人格」の条件を定義づけた人物だが、ここまで踏まえていないとエリクソンとの違いを判別するのは難しい。エリクソンの「役割経験」の主張は用語集レベル。問4は思想家と主張内容・思想の正誤判別組み合わせ。アは「世界史は自由の意識の進歩である」とあるのでヘーゲルで誤。イは社会進化論なので正。ウは「旧制度を批判し」で引っかかりがちなトラップ。後段の「階級闘争による歴史の必然的進歩が、革命によって成就する」とは論じていない。これはレーニンなので誤。問5は正義に関する議論。aは「四元徳の一つに数えられ」るものなので、「友愛」。bはミル『自由論』。cはロールズが活かした「社会契約説」が分かれば楽勝。ロールズ『正義論』では「功利主義」を批判し、「公正としての正義」を目指す「正義の二原理」を提唱したことをおさえる。問6は選択肢ぁ岾搬膕搬欧増加する中で」が間違い。増加しているのは「拡大家族」ではなく「核家族」。問7は毎年恒例の統計正誤問題。要するに資料読解時間稼ぎ。じっくり読めば、正解は選択肢△犯淑未任る。青年期の課題に関する知識も必要。問8はカミュ『ペスト』の読解で現代文の問題。じっくり読めば正解は選択肢い犯淑未任る。問9は思想家とその主張をしっかり理解していることが必要。正解は選択肢,離泪ャヴェリ『君主論』の内容を理解していれば楽勝。問10は本文内容主旨判別問題。現代文の問題。じっくり読めば楽勝。
 第2問は「真理と言語の限界」に関する源流思想の問題。問1は『論語』の言葉でない選択肢,鯀べばいいだけの楽勝問題。資料集で確認すればよい。問2は荘子の「万物斉同」が理解できれば楽勝。問3は毎年恒例になったイスラームに関する問題。イスラームの六信・五行の内容が理解できていれば容易に判別可能。問4はキリスト教に関する議論。aは「「出エジプト記」で神が預言者に与えたとされ」たのは『十戒』で『旧約聖書』の話。bは『告白』を書いた「アウグスティヌス」。cはアウグスティヌスが説いた、罪から人間が救われるのは「神の恩寵」しかないことを理解できていればよい。「神の恩寵」の議論がポイント。問5は聖典に関する正誤判別組み合わせ。アは「従来の律法に代わって」がトラップ。イは『旧約聖書』のことでOK。ウは「聖職者と一般信徒がそれぞれに実践すべき規律」がトラップ。ムスリムならば「聖職者と一般信徒」の区別はない。問6はアリストテレスの思想が分かっていれば楽勝。問7はプラトン『パイドロス』の読解問題。じっくり読めば分かる。問8はブッダ「四諦」の中身を分かっていれば楽勝。問9は本文内容主旨判別問題。現代文の問題。じっくり読めば楽勝。
 第3問は「学び」に関する日本思想の問題。問1は、a「神に対する心の有り様」は「清き明き心」(清明心)。b「賀茂真淵」が理想としたのは「高く直き心」。問2は最澄の思想の確実な理解が必要。「一切衆生悉有仏性」の考えが分かればOK。問3は鎌倉新仏教(鎌倉仏教)に関する正誤判別組み合わせ。アは、「阿弥陀仏の誓願を深く信じて念仏を称えよ」とする「専修念仏」を説いたのは法然。「悪人正機」を説いたのは「親鸞」なので誤。イは、道元の「只管打座」を説いているので「修証一等」ではないから誤。ここはトラップ。ウは日蓮の「題目」と「唱題」の内容が正しいので正。問4は荻生徂徠の著作『弁道』を選ぶだけなので楽勝。哲学者・思想家と著書・著作はセットで覚えるべし。問5は近松門左衛門や井原西鶴が細かいところ。しっかり理解していないと難しいが、山本常朝『葉隠』の内容をしっかり理解していればOK。問6は思想家と主張内容・思想の判別組み合わせ。アは、「居敬窮理」が「上下定分の理」の探究だと説いた「林羅山」。イは「自然世」への復帰を説いた「安藤昌益」。ウは「天道と人道があいまって成立する」農業の重要性を説いた「二宮尊徳」。基本的理解があれば楽勝。問7は福沢諭吉『学問のすゝめ』の読解問題という古典の問題。じっくり読めばできる。問8は日本の思想家に関する理解を問う問題。特に柳宗悦、柳田国男、丸山真男の理解が必要。問9は本文内容主旨判別問題。現代文の問題。じっくり読めば楽勝。
 第4問は「理性と科学技術との関係」に関する西洋思想の問題。問1はルネサンス期の背景が分かっていれば楽勝。問2はフランシス=ベーコン『ノブム=オルガヌム』と「帰納法」が分かっていれば楽勝。問3は社会主義に関する思想家と主張内容・思想の判別組み合わせ。アは「ニューハーモニー村」の建設をした「オーウェン」。イは「ファランジュ」を構想した「フーリエ」。ウは「フェビアン協会の指導者の一人」である「バーナード=ショウ」。マルクス以外にも社会主義の主張は展開されているので、細かい部分までの理解が必要。問4はコントの主張に関する問題。正確な理解が必要だが、やってあれば楽勝。問5はルソーの思想に関する問題。選択肢,蓮崑減澆慮討咾けに耳を傾けること」(ハイデッガー)がトラップなので、文章をよく読む注意が必要。問6はカントの批判哲学に関する問題。aはカント『純粋理性批判』と楽勝。むしろ問題はb。カントの認識論に関する理解が無いと難しい。教科書・資料集で確認することが必要。人間の「感性」が、何か正体が分からない対象(「物自体」)へ向かい、そこから得られた認識の素材を感性が受け取る。そして、受け取った素材を「悟性」が整理し、対象の「概念」をつくる。こうやって人間は「認識」をしているとカントは考える。bは「感性」。問7はレヴィ=ストロースの思想に関する正誤判別組み合わせ。アは「「野生の思考」と科学的思考の間に優劣はない」とする「文化相対主義」の主張なので正。イは「言語ゲーム」を主張したのはウィトゲンシュタインなので誤。ウは「「未開社会」における親族や民話の研究を通して、個人の主観的意識を超えたシステム」(構造)の存在を明らかにしたのは正しいので正。よって正解は選択肢ァ4靄榲理解で十分対応可能で楽勝。問8はホルクハイマー、アドルノ『啓蒙の弁証法』の読解問題で現代文の問題。ホルクハイマー、アドルノの「道具的理性」の議論の理解も必要だが、じっくり読めばできる。問9は本文内容主旨判別問題。現代文の問題。じっくり読めば楽勝。
 相変わらず長文読解問題が多い。今回は統計資料読解問題が基本的理解と併せて問う問題として出てきたが、教科書・資料集を読み込み、キーワードだけを機械的に理解するのではなく、思想や考え方の内容や本質を、文章として理解することが大切であることには変わらない。難易度はそれほど難しくもない。
 倫理で学ぶことはまさに様々な場面で求められるものであり、学んだ考え方を組み合わせて、世の中の問題を考えることが大切なのだ。世の中にある問題の殆どに「倫理の問題がつきまとう」と言っても過言ではない。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校公民科(倫理)][授業実践][学習指導案]グローバル化にどう対応すべきか?(佐久間象山・福沢諭吉・内村鑑三・新渡戸稲造・夏目漱石)

 先日の公開授業・研究授業でやったもの(グローバル化にどう対応すべきか?)をアップロードする。
公民科(倫理)学習指導案
1. 実施日  平成●●年●●月●●日(●)●時限(●●:●●〜●●:●●)
2. 場所  ●●●教室
3. 生徒  「倫理●」受講者 ●●名
4. 単元名  日本思想から考える
5. 単元について
(1)単元観
 グローバル化が進展している中では、日本思想や文化に対する理解を深め、他の国の人々や文化を尊重しながら、主体的に生きる人間が求められている。日本思想は、外来思想を受け入れる際に、日本の風土や価値観の中で生きていくのにふさわしい仕方で、伝統的・基底的な価値観を失うことなく、調和を図りながら受容されてきた。そのため、日本思想から考える面で重要なことは、社会の変化に対しても、個人として自己の価値観を確立するとともに、精神的に自立することによって他者の主体性をも尊重することができるようになることだと考えられる。
(2)生徒観
 真面目に授業に取り組み、発表、議論をすることが得意な生徒が多いクラスである。生徒がより積極的に授業に参加できるように、グループワークによる話し合い活動を設定し、発言の機会を盛り込んだ授業を展開したい。
(3)指導観
 あるテーマを設定し、そのテーマに関して哲学者・思想家の立場ならどのように考えられるかを提示しながら、哲学・思想の基本的な内容や特色を理解させる。特に、日本思想が、外来思想とどのような関わりをもって形成されていったのかを踏まえるようにする。なお、問題意識を生徒の身近なものにするために、授業中にグループワークを設定し、日本思想の意義に関して理解を深めつつ、生徒自身の思考形成のきっかけになるようにする。
6. 単元の目標
 日本思想の基本的な考え方を手がかりにして、生徒が自身の在り方生き方を考えるための一助にする。
7. 単元の評価規準
【関心・意欲・態度】
 日本思想の基本的な考え方を、自身の在り方・生き方を考えるきっかけとして興味や関心を持てたか。
【思考・判断・表現】
 日本思想の基本的な考え方から、自身の在り方・生き方や価値観について考察・表現することができたか。
【資料活用の技能】
 外来思想との関係を手がかりにして、日本思想の基本的な考え方を、資料から読み取ることができたか。
【知識・理解】
 外来思想との関係を手がかりにして、日本思想の基本的な考え方を理解することができたか。

8. 単元の指導・評価計画(全3時間[1時間は90分])
※評価の観点は、評価基準・評価方法等とともに【】内のもので表し、()内の◆は評価方法を表す。
(1)神と仏のどちらを重視すべきか?(古代日本人の思想・聖徳太子・最澄・空海・神仏習合)
【関】神や仏をめぐる思想を手がかりに、日本思想の基底的特質について興味・関心が持てたか。
【知】日本思想の基底的特質について理解できたか。
◆【関】・【知】ともに、観察、話し合い活動、振り返りシート
(2)自分を救うのは自力か他力か?(法然・親鸞・道元・日蓮)
【技】自力・他力をめぐる立場を資料から読み取り、自身の考えをまとめることができたか。
◆観察、話し合い活動、振り返りシート
(3)グローバル化にどう対応すべきか?(佐久間象山・福沢諭吉・内村鑑三・新渡戸稲造・夏目漱石)
【思】西洋思想の受容に関する思想家の立場を手がかりに、グローバル化への対応について考察できたか。
◆観察、話し合い活動、ワークシート

9. 本時の学習 「グローバル化にどう対応すべきか?」
(1)本時の目標
  Сこ阿らの思想に対する関わり方について、佐久間象山、福沢諭吉、内村鑑三、新渡戸稲造、夏目漱石の思想を理解する。
 ◆Л,竜掴世ら、グローバル化にどう対応すべきなのかを考察する。
(2)準備物
 『高校倫理』(実教出版)、『最新図説倫理』(浜島書店)、ワークシート(授業者が作成)、イラスト掲示物(授業者が作成)
(3)本時の展開
▲備考…以下に出てくる記号は以下のものを表す。
※:学習活動、学習内容、生徒の活動
□:指導上の留意点、教師の支援
【】:評価規準
*:「努力を要する」状況(C)と判断される生徒への手立て

【導入】(20分)
※担当の生徒のプレゼンテーション(2名)を聞き、感想票にコメントを書く。
□発表している生徒の話を聞くように促す。
【関】…発表者のプレゼンテーションを詳しく聞こうとしているか。
*手立て…発表者の話を聞き、感想票に自分が思ったことをコメントに書くように促す。

【展開】(60分)
《【テーマ】グローバル化にどう対応すべきか?》

※「国際人に必要な資質」とは何か、班で話し合い、発表する。
□「日本で言われている『国際人に必要な資質』とは、海外で言われているものと同じものなのか」に留意させる。
【関】「グローバル化へどう対応すべきか」について、興味・関心を持とうとしているか。
*手立て…自身の考えを、少しでも構わないので率直に言えるようにする。

※佐久間象山の和魂洋才、福沢諭吉の数理学・独立心の考え方を理解する。
□西洋思想の受容が日本の近代化に必要なことだと認識していたことを確認する。
【知】佐久間象山、福沢諭吉の基本的な考え方について理解できたか。
*手立て…確かめるべき教科書・資料集の部分を指示・確認する。

※「●●高校生が世界へ出るときの強み」とは何か、班で話し合い、発表する。
□「自分たちが持つ強みを弁え、どのように活かすのか」に留意させる。
【思】自分たちが持つ強みとグローバル化との関わり方について考えることができたか。
*手立て…机間指導で、自分が思ったことを率直に言える雰囲気づくりに努める。

※内村鑑三・新渡戸稲造のキリスト教と武士道の関係、夏目漱石の自己本位の考え方を理解する。
□日本の考え方を基礎にして西洋思想をうまく取り入れたことを確認する。
【知】日本思想を基礎に西洋思想をうまく受容したことを理解できたか。
*手立て…確かめるべき教科書・資料集の部分を指示・確認する。

【まとめ】(10分)
※「グローバル化にどう対応すべきか」について、班で話し合う。
□課題レポートの構想を話し合うためのものだと確認し、まだレポートを書かせないようにする。
※「グローバル化にどう対応すべきか」について、ワークシートに自身の考えを書き、提出する。
□授業での論点を踏まえて、書くようにさせる。
□ワークシートを提出させる。
□授業中に提出できない場合は、本日中に提出するように連絡する。
【思】授業で提示した論点を通して、自分自身の考えをまとめることができたか。
*手立て…関心が持てる論点を一つ選び、それに関する自身の考えを書くように促す。

(4)本時の学習評価
  崕淑満足できる」状況(A)と判断する具体的状況
  ・板書をノートに書き、要点を確認し、その他の補足も行っている。
  ・考察する場面で自分の考えをまとめ、積極的に意見を言うことができる。
  ・資料を使用する場面で適切に活用できている。
 ◆岾気曜足できる」(B)と判断する具体的状況
  ・板書をノートに書き、要点を確認している。
  ・考察する場面で自分の考えをまとめることができる。
  ・資料を使用する場面で活用できている。
 「努力を要する」状況(C)と判断する状況への支援
  ・机間指導をしながら生徒に問いかけ、発言や議論ができるように促す。
  ・簡単な語句について指名し発表させる。
  ・資料の場所や教科書・資料集のページなどを指示する。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校公民科(倫理)][授業実践][学習指導案]「危険」って何!?(リスクアセスメント、リスクマネジメント、防災教育)

 授業時数の都合上、授業時数が多いクラスと少ないクラスとの差が開いているため、授業回数調整のための特別授業。とは言え、大部分を東洋大学編著(2012)『哲学をしよう!――考えるヒント30』(大成出版社)にお世話になりつつ、防災教育の観点につなげてみた。
公民科(倫理) 学習指導案(略案)
1. 本時の題目 「『危険』って何!?」
2. 本時の目標
  屐愆躙院戮辰堂拭?」というテーマ(見方)に関するものとして、リスクアセスメント、リスクマネジメントの考え方を理解する。
 ↓,竜掴世筌哀襦璽廛錙璽を手掛かりに、「危険」をどのように定めるべきなのかを考える。
3. 本時の流れ(1時間は90分授業)
▲備考…以下に出てくる記号は以下のものを表す。
学習内容(・)
生徒の活動(※)
教師の支援(□)
準備(▲)
留意点(◎)
具体の評価基準(◆)

【導入】(17分)
※担当の生徒のプレゼンテーション(2名)を聞き、感想票にコメントを書く。
◎発表している生徒の話を聞くように促す。

【展開】(68分)
※前時の内容を確認する。
◎前時の内容で特に確認すべきことや生徒にとって分かりにくかったものを、コメントシートに書かれている生徒の感想票のコメントを使って確認する。
※本時のテーマをノートに書く。
◎本時のテーマを板書し、リスクアセスメント、リスクマネジメントの議論をトピックにして考えていくことを伝える。

・「危険」の定義とは何か?
※【グループワーク】ステープラー(ホチキス、ホッチキス)を使う時の危険は何かをグループで話し合う。
◎各班・各グループで意見を無理にまとめなくてよいことを伝えておく。あくまでブレーンストーミングでよい。
◎机間指導で話し合いの様子を確認する。
※各グループで出た意見を班の代表者が発表する。
◎じゃんけんで代表者を1名選ばせる。
◎各班・各グループで出た意見を報告させる。
◎出てきた意見から、「危険」と思われることが多様に想定されることを確認する。
※『広辞苑』での「安全」・「危険」がどのように書かれているかを確かめる。
◎数名の生徒を指名し、予想させる。ただし、「安全」・「危険」がどのように書かれているかを理解させることが主眼ではない。あくまで『広辞苑』での意味を確かめることに留める。
◎「危険」が「危害または損失が生ずるおそれがあること」とある以上、「危害または損失が生ずるおそれがあること」をどのように判断すればいいのかを考える必要があることに留意させる。

・JIS(Japan Industrial Standard;日本工業規格)『JIS Z 8051(2004):安全側面‐規格への導入方針』より
※次の取扱説明書に記載されている文言は、何に物についての説明文なのかを予想させる。
  崟屬舛磴鵑鮠茲擦燭泙淦泙蠑まないでください」⇒ベビーカー
 ◆嵜箸防佞韻燭泙泙琉疥舛砲△討覆い任ださい」⇒アイロン
 「飛行には使えません」⇒マント

▲【参考】製造物責任法(PL法)(1995年施行) *PL;product liability
 製造物に欠陥があり、その使用者が生命、身体、財産について損害を被った場合には、売買契約をおこなった売主ではなく、直接製造業者に無過失責任を負わせ、損害賠償責任を追及できる。
製造物責任法 第2条第2項
 この法律において「欠陥」とは、当該製造物の特性、その通常予見される使用形態、その製造業者等が当該製造物を引き渡した時期その他の当該製造物に係る事情を考慮して、当該製造物が通常有すべき安全性を欠いていることをいう。


※『JIS Z 8051(2004):安全側面‐規格への導入方針』で定義されている、「安全(safety):受容できないリスクがないこと」と「リスク(risk):危害の発生確率及びその危害の程度の組み合わせ」の内容を確認する。
◎なぜここまで過剰に親切な説明文が取扱説明書に書く必要があるのかに留意させる。
◎あくまで『JIS Z 8051(2004):安全側面‐規格への導入方針』での意味を確かめることに留める。
◎「安全(safety):受容できないリスクがないこと」にて、誰が「受容できないリスク」を定めるのかを考える必要があることに留意させる。
※【グループワーク】「明日の朝9時までに入試会場に、遅れずに行くこと」と指示されたとき、,匹里らい前に到着すれば「安全」と考えるか、△修陵由は何か、F試会場に行くまでに想定される「危険/リスク」は何か、以上3点をグループで話し合う。
◎各班・各グループで意見を無理にまとめなくてよいことを伝えておく。あくまでブレーンストーミングでよい。
◎机間指導で話し合いの様子を確認する。
※各グループで出た意見を班の代表者が発表する。
◎じゃんけんで代表者を1名選ばせる。
◎各班・各グループで出た意見を報告させる。
◎出てきた意見から、「危険/リスク」と思われることが多様に想定されることを再確認し、一律に定めることが非常に難しいことを確認する。特に、安全とは人の認知する価値に関わるものであり、安全とは不確実性を伴うものであるから、人々の違いが出ることに留意させる。

・トレード=オフ(trade off)
※「自動車は重大な事故を引き起こすリスクがあるにもかかわらず、なぜ私たちの社会は自動車の使用を廃止しないのだろうか」を考える。
◎数名の生徒を指名し、意見を発表させる。
◎「自動車の使用は重大な事故のリスクがあるが、それよりも自動車の使用の便益が高いから、リスクアセスメントの結果、自動車の使用を廃止しなくてよいという判断が成り立つ」ということを確認する。
※トレード=オフの概念について理解する。
◎一方を成立すると、他方が犠牲になるような関係・ジレンマであることを確認する。
◎私たちの社会は便益とリスクのトレード=オフに折り合いをつけている現実があることを確認する。

・リスクアセスメント・リスクアセスメントと防災教育(被災想定)
※『JIS Z 8051(2004):安全側面‐規格への導入方針』でのリスクアセスメントの進め方の4段階について理解する。
◎詳細に理解させることを主眼とするのではなく、ここでは大まかにリスクアセスメントの見方がどのようになっているかを概観させる。
※リスクアセスメントの考え方を理解する。
◎リスクアセスメントとリスクマネジメントの関連性を確認させる。
◎特に「フェイルセイフ」の工夫の重要性に留意させる。
※【グループワーク】各グループにA3用紙1枚を配り、A3用紙の中央に「東海地震」と書く。その周りに、「ライフライン」「ボランティア」「火災」「津波」「建物倒壊」など、各自で自分が思いつく項目を全て並べる。関連する項目同士を線でつなぎ、課題、問題点、改善策などを書き足す。
◎特に「フェイルセイフ」としての、対策・改善策を考えるように留意させる。

【まとめ】(5分)
・本時のまとめ
※リスクアセスメント・リスクマネジメントの重要性を確認する。
◎東日本大震災・福島原発事故以降、科学者や専門家が安全性や危険度を科学的見地から提唱するが、あまりにも専門的すぎて、専門的知識に乏しい市民はその是非を判断できない状態が続いている。そうなると、専門家は素人にも分かりやすい説明をする責任があり、市民も種々の議論から自らでリスクを評価することが求められていることを確認させる。
◎リスクマネジメントは「そんなの予見できないし無理だよ」ということであっても、受容できるリスクレベルを見出すために、社会的な情報共有=リスクコミュニケーションが求められることを確認させる。

※感想票に本時の質問・感想などを記入し、提出する。
◎感想票を提出させる。

【参考文献・参考URL】
東洋大学編著(2012)『哲学をしよう!――考えるヒント30』(大成出版社)
(公財)東京都中小企業振興公社(2012.1)「第10回ビジネスデスクレポート 「アメリカ〜PL訴訟大国の現状と対策〜」」、http://www.tokyo-trade-center.or.jp/TTC/hands_on/deskrep1110.pdf
兵庫県立舞子高等学校(アクセス日:2014.8.20)「防災教育の取り組み」、http://www.hyogo-c.ed.jp/~maiko-hs/bousaikyouikutop.htm
防災教育チャレンジプラン実行委員会(アクセス日:2014.8.20)、http://www.bosai-study.net/top.html

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校公民科(倫理)][授業実践][学習指導案]「伝える」ことの何が問題なのか?(情報社会、インターネット、デジタル=デバイド、情報リテラシー)

 授業時数の都合上、授業時数が多いクラスと少ないクラスとの差が開いているため、授業回数調整に迫られている。本当ならば後半戦にてやろうとしていたネタだが、ここで急遽行ってみることにした。本当のプランではグループワークの中身はもっとぶっ飛んでいるのだが、授業実施の上でやはりぶっ飛びすぎて授業の中にうまく組み込めないので、授業でのプログラムに合う形に直した。
公民科(倫理) 学習指導案(略案)
1. 本時の題目 「『伝える』ことの何が問題なのか?」
2. 本時の目標
  屐愿舛┐襦戮海箸硫燭問題なのか?」というテーマ(見方)に関するものとして、情報社会の現状、インターネットの利点と問題点、デジタル=デバイド、情報リテラシーの議論を理解する。
 ↓,竜掴世筌哀襦璽廛錙璽を手掛かりに、「『伝える』ことの何が問題なのか?」というテーマ(見方)を考える。
3. 本時の流れ(1時間は90分授業)
▲備考…以下に出てくる記号は以下のものを表す。
学習内容(・)
生徒の活動(※)
教師の支援(□)
準備(▲)
留意点(◎)
具体の評価基準(◆)

【導入】(17分)
※担当の生徒のプレゼンテーション(2名)を聞き、感想票にコメントを書く。
◎発表している生徒の話を聞くように促す。

【展開】(68分)
※前時の内容を確認する。
◎前時の内容で特に確認すべきことや生徒にとって分かりにくかったものを、コメントシートに書かれている生徒の感想票のコメントを使って確認する。
※本時のテーマをノートに書く。
◎本時のテーマを板書し、情報社会、インターネット、デジタル=デバイド、情報リテラシーの議論をトピックにして考えていくことを伝える。

・「倫理的判断」に関する問題
※【グループワーク】次の「(眛擦凌号が赤信号だが、車が通っていない横断歩道を自分一人が渡る」、「∧眛擦凌号が赤信号だが、車が通っていない横断歩道を自分が子ども(判断能力がまだ発達していない)を連れて一緒に渡る」、「J眛擦凌号が赤信号だが、車が通っていない横断歩道を、子ども(判断能力がまだ発達していない)が見ている前で、自分一人が渡る」のケースについて、それぞれ、「倫理的に正しいかと、そのように判断するのはなぜか」をグループで話し合う。
◎各班・各グループで意見を無理にまとめなくてよいことを伝えておく。
◎机間指導で話し合いの様子を確認する。
※各グループで出た意見を班の代表者が発表する。
◎じゃんけんで代表者を1名選ばせる。
◎各班・各グループで出た意見を報告させる。
※ケース 銑から考えられる倫理的問題を確認する。
◎今回のケースにおける倫理的問題として、「赤信号での横断歩道を渡るリスク」、「赤信号の横断歩道を渡るという交通ルール違反の問題」、「交通ルールを守ることと、自主的に渡っても安全だと判断し行動することのジレンマ」、「子どもが自分の行動を見ているとき、倫理的態度を改めるべきか」などが挙げられることを確認させる。
◎倫理的問題を考えていくとき、「その行為をするとどういう問題が起きるのか」を細かく想定していくことが大事であることに留意させる。

・情報伝達における倫理的問題
※身近にある物の素晴らしさを、その正体を直接表さない形で宣伝する文章を書く。
◎くれぐれも正体がばれないように書くようにさせる。
◎「それが欲しい」と読む人に思わせるような文章を書くように留意させる。
※【グループワーク】各グループのメンバー内で書かれた宣伝文を読み、それが何かを当てる。
◎宣伝文を読み、「それが欲しい」と思えるかどうかを判定させる。
※各グループで代表作を選出し、班の代表者が発表する。
◎代表作は各グループ内で選ぶが、発表はじゃんけんで代表者を1名選ばせる。
◎各班・各グループでの代表作を発表させる。
※各班・各グループでの代表作や宣伝文を聞いて、本当に欲しいと思ったかどうかを考える。
◎数名の生徒を指名し、意見やその理由を発表させる。その際、「そのような文章をもらったらどう思うのか」を聞く。
◎いくら素晴らしい宣伝文でも迷惑なものがあることに留意させる。
※【グループワーク】「迷惑メールは何が迷惑なのか」を話し合う。
◎「迷惑メール」の問題点を、「迷惑メールの定義とはそもそも何か」を考えながら、具体的に細かく想定することに留意させる。
◎各班・各グループで意見を無理にまとめなくてよいことを伝えておく。
◎机間指導で話し合いの様子を確認する。
※各グループで出た意見を班の代表者が発表する。
◎まだ発表していない生徒の中でじゃんけんを行い、代表者を1名選ばせる。
◎各班・各グループで出た意見を報告させる。
※「迷惑メールは何が迷惑なのか」から考えられる倫理的問題を確認する。
◎今回のケースにおける倫理的問題として、「大量送信をするものならば、企業のダイレクトメールやメールマガジン、意見広告などとの違いは何か」、「違法性が問題ならば、そのような違法性を放置している社会の仕組みがどうなっているのか」、「大量送信でサーバーをダウンさせてしまうのならば、サーバーをダウンさせないように環境を整えるべきというプロバイダー側の問題なのか」などが挙げられ、私たちの社会での倫理的問題に深く関わってくるものであることに留意させる。

・情報社会での問題点
※インターネットの利点・問題点から、情報社会の特質(インタラクティブ=コミュニケーション、プライバシーの侵害、個人情報保護法、情報公開法、デジタル=デバイド)を確認する。
◎「社会と情報」や「情報の科学」で既習事項ならば、簡単に確認するにとどめる。

【まとめ】(5分)
・情報リテラシー
※情報リテラシーの考え方を知る。
◎「伝える」側も「受け取る」側も、目的に応じて情報を主体的に収集・編集・活用できる能力が切実に求められていることを理解させる。

※感想票に本時の質問・感想などを記入し、提出する。
◎感想票を提出させる。

【参考文献・参考URL】
中岡成文(2002.9)「「情報社会と倫理」を倫理学の立場で担当して」、http://www.cmc.osaka-u.ac.jp/j/publication/for-2002/12-14.html(大阪大学サイバーメディアセンター「サイバーメディア・フォーラム No.3」[http://www.cmc.osaka-u.ac.jp/j/publication/for-2002/index.html]所収).

【当ウェブログの2014年6月分の合計アクセス数:11465】

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校公民科(倫理)][授業実践][学習指導案]信頼はなぜ求められるのか?(ウィトゲンシュタイン、ゲーム理論の囚人のジレンマ、パスカル)

 授業時数の都合上、授業時数が多いクラスと少ないクラスとの差が開いてしまっている。そのため、何らかの授業回数調整に迫られた。本当ならば最終回にてやろうとしていたネタだが、ここで急遽行ってみることにした。
公民科(倫理) 学習指導案(略案)
1. 本時の題目 「信頼はなぜ求められるのか?」
2. 本時の目標
  嵜頼はなぜ求められるのか?」というテーマ(見方)に関するものとして、ウィトゲンシュタインの世界像命題、ゲーム理論における囚人のジレンマ、パスカルの議論を理解する。
 ↓,竜掴世筌哀襦璽廛錙璽を手掛かりに、「信頼はなぜ求められるのか?」というテーマ(見方)を考える。
3. 本時の流れ(1時間は90分授業)
▲備考…以下に出てくる記号は以下のものを表す。
学習内容(・)
生徒の活動(※)
教師の支援(□)
準備(▲)
留意点(◎)
具体の評価基準(◆)

【導入】(17分)
※担当の生徒のプレゼンテーション(2名)を聞き、感想票にコメントを書く。
◎発表している生徒の話を聞くように促す。

【展開】(68分)
※前時の内容を確認する。
◎前時の内容で特に確認すべきことや生徒にとって分かりにくかったものを、コメントシートに書かれている生徒の感想票のコメントを使って確認する。
※本時のテーマをノートに書く。
◎本時のテーマを板書し、ウィトゲンシュタインの世界像命題、ゲーム理論における囚人のジレンマ、パスカルの議論のトピックから見ていくことを伝える。

・ウィトゲンシュタインの世界像命題
※ウィトゲンシュタインの世界像命題の考え方を知る。
◎なぜ「私が生まれる前から地球は存在する」など、実際に直接的に証明することができないが、事実として受け入れるしか内容な命題を例示する。そのようなものは確実な知識というよりもそのような命題を信じているとしか言えず、日常生活での常識もそのような信頼によって成り立っている部分があることに留意させる。

・ゲーム理論における囚人のジレンマ
※【グループワーク】囚人のジレンマに関する問題を載せたワークシートを配り、プレーヤーが最善の結果を得るために取るべき行動は何かをグループで話し合う。
◎各班・各グループで意見を無理にまとめなくてよいことを伝えておく。
◎机間指導で話し合いの様子を確認する。
※各グループで出た意見を班の代表者が発表する。
◎じゃんけんで代表者を1名選ばせる。
◎各班・各グループで出た意見を報告させる。
※囚人のジレンマについて知る。
◎各プレーヤーの行動パターンとそれらに合わせた利得を図示して板書する。各々が常に得する選択肢を選ぶと、お互いに協力する場合よりも最悪の結果を招くことに留意させる。

・身体コミュニケーション
※【グループワーク】ペアを組み、各ペアの人差し指で割り箸を挟ませ、相手に触れず、声を出さずに目を閉じ、割り箸を落とさずにしゃがむ→立つ→1回転することをやる。
※もしできたのなら、グループで行う。グループでもできたら、受講者全員で行う。
◎割り箸を人数分用意し、音を出さずに割り箸の感覚だけで相手との距離感や動作をつかむように留意させる。
◎何回かやらせてみて、上手くできない場合は、どうすればよいかを時間を区切って生徒同士で話し合わせる。

【まとめ】(5分)
※パスカルの賭けに関する議論を知る。
◎私たちの生活や社会が多くの人々の相互の信頼によって成り立っていることを確認する。

※感想票に本時の質問・感想などを記入し、提出する。
◎感想票を提出させる。

【参考文献・参考URL】
愛知県教育委員会高等学校教育課(2013.3)「明日を拓く−人間としての在り方生き方を求めて−」、http://www.pref.aichi.jp/0000062485.html
あいち文化育て隊(2013.12.6)「あいちの文化すくすくレポート:愛知県立刈谷東高等学校・授業「演劇表現」」、http://www.aichi-bunka.jp/report/070.html(愛知県県民生活部文化芸術課「あいちの文化育て隊キャンペーン」[http://www.aichi-bunka.jp/index.html]所収).
…兵藤友彦氏の有名な授業実践が掲載されていたので参考にした。なお、愛知県教育委員会高等学校教育課が作成した道徳教育指導参考資料「明日を拓く−人間としての在り方生き方を求めて−」に、倫理の授業でも使えそうな具体的な実践例が多く掲載されている。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校公民科(倫理)][授業実践][学習指導案]道徳は人を正すか?(孔子、孟子、荀子、老子、荘子)

 以前、研究授業でやったものをようやくアップロードする。
公民科(倫理)学習指導案
1. 実施日  平成●●年●月●●日(●)●時限(●●:●●〜●●:●●)
2. 場所  ●●●教室
3. 生徒  「倫理●」受講者 ●●名
4. 単元名  思想の源流
5. 単元について
(1)単元観
 哲学や宗教を生み出した先哲の源流思想は、人類の歴史上はじめて、「人間とは何か、人間はいかに生きるべきか」という問いや解答を示してきた。即ち、源流思想は「人間としての自覚」の原型として捉えられ、先哲の言行は「人間としての在り方生き方」についての指標を示すものとして、今日でも非常に重要な意義を持っている。
 先哲が探求・実践した内容やその意義を理解し、そこから人間の存在や価値にかかわる基本的な課題を多面的に考察することは、生徒が自身の在り方生き方を考え、自己形成に努める実践的意欲を持つために重要である。
(2)生徒観
 真面目に授業に取り組み、発表、議論をすることが得意な生徒が多いクラスである。生徒が積極的に授業に参加できるように、グループワークによる話し合い活動を設定し、発言の機会を盛り込んだ授業を展開したい。
(3)指導観
 あるテーマを設定し、そのテーマについて賛成の立場と反対の立場をとる先哲や宗教の思想をそれぞれ取り上げながら、哲学・思想の基本的な内容や特色を理解させる。古代中国の思想では、先哲たちが道徳の意義をどのように捉えていたかを、彼らが考えていた人間としてあるべき理想の姿と関連させながら概観する。その際、グループワークを設定し、先哲の思想の意義に関して理解を深めつつ、生徒自身の思考形成のきっかけになるようにする。
6. 単元の目標
 源流思想の先哲たちの生き方や基本的な考え方を手がかりにして、生徒が自身の在り方生き方を考えるための一助にする。
7. 単元の評価規準
【関心・意欲・態度】
 源流思想の先哲たちの生き方や基本的な考え方を手がかりに、自身の在り方・生き方を考えるきっかけとして興味や関心を持てたか。
【思考・判断・表現】
 源流思想の先哲たちの生き方や基本的な考え方を手がかりに、自身の在り方・生き方や価値観について考察・表現することができたか。
【資料活用の技能】
 源流思想の先哲たちの生き方や基本的な考え方を、資料から読み取ることができたか。
【知識・理解】
 源流思想の先哲たちの生き方や基本的な考え方を理解することができたか。

8. 単元の指導・評価計画(全6時間[1時間は90分])
※評価の観点は、評価基準・評価方法等とともに【】内のもので表し、()内のものは評価方法を表す。
(1)学問は役に立つことを目的とすべきか?(ベーコン、プラグマティズム、ギリシャ自然哲学)
【関】先哲やプラグマティズムの思想を手がかりに、学ぶことの意義について興味・関心が持てたか。(観察、話し合い活動、振り返りシート)
(2)善悪について絶対的な真理はあるのか?(ソフィスト、ソクラテス)
【思】ソフィストやソクラテスの思想を手がかりに、絶対的な真理について考察できたか。(観察、話し合い活動、振り返りシート)
(3)理想主義か現実主義か?(プラトン、アリストテレス)
【技】プラトンやアリストテレスの立場を資料から読み取り、自身の考えをまとめることができたか。(観察、発問、話し合い活動、振り返りシート)
(4)人を正すのは裁きか赦しか?(ユダヤ教、イエス)
【思】ユダヤ教とイエスの立場を手がかりに、裁きと赦しに対する現代的課題に関する自身の立場を考察できたか。(観察、話し合い活動、振り返りシート)
【知】ユダヤ教とイエスの基本的な考え方を理解できたか。(観察、発問、振り返りシート)
(5)執着心は捨て去るべきか?(ゴータマ=シッダッタ、功利主義)
【関】ゴータマや功利主義の思想を手がかりに、執着心や欲望との適切な関わり方について興味・関心が持てたか。(観察、話し合い活動、振り返りシート)
(6)道徳は人を正すか?(孔子、孟子、荀子、老子、荘子)【本時】
【思】儒家と道家の立場を手がかりに、道徳の意義について考察できたか。(観察、話し合い活動、振り返りシート)

9. 本時の学習
(1)本時の目標
 ‘仔舛亡悗垢詢場から、儒家(孔子、孟子、荀子)と道家(老子、荘子)の基本的な思想について理解する。
 ⊆家と道家の道徳に関する立場から、道徳の役割や意義について考察する。
(2)準備物
 『高等倫理』(実教出版)、『最新図説倫理』(浜島書店)、授業プリント(授業者が用意)、イラスト掲示物(授業者が作成)
(3)本時の展開
▲備考…以下に出てくる記号は以下のものを表す。
※:学習活動、学習内容、生徒の活動
□:指導上の留意点、教師の支援
【】:評価規準
*:「努力を要する」状況(C)と判断される生徒への手立て

【導入】(20分)
※担当の生徒のプレゼンテーション(2名)を聞き、感想表にコメントを書く。
□発表している生徒の話を聞くように促す。
【関】…発表について詳しく聞こうとしているか。
*手立て…発表者の話を聞き、感想票に自分が思ったことをコメントに書くように促す。


【展開】(65分)
《【テーマ】道徳は人を正すか?》

※生徒を数名指名し、テーマに関する意見を発表させる。
□本時のテーマと絡めて、道徳の役割や意義がどのようなものなのかに留意させる。
【関】道徳の意義について興味・関心を持とうとしているか。
*手立て…道徳に関する自分自身の考えを少しでも構わないので率直に言えるようにする。

※仁やその具体的な在り方(孝・悌・克己・忠・恕・信)、礼について教科書で確かめる。
□仁は家族愛が基礎になっているに留意させる。
□仁・礼が相まって道徳として機能することを確認する。
【知】仁・礼の基本的な考え方について理解できたか。
*手立て…確かめるべき教科書の部分を指示・確認する。

※ボランティアをお金や単位を目当てにすることは良いことなのかについて、話し合い、発表する。
□「ボランティアをする上で重視すべきなのは、自分自身の動機か行った後の結果か」に留意させる。
【思】ボランティアと道徳との関係について考えることができたか。
*手立て…机間指導で、自分が思ったことを率直に言える雰囲気づくりに努める。

※孟子の性善説、四端の心、四徳について、資料集で確かめる。
※荀子の性悪説を理解する。
□孟子が人間の内面性を強調するために仁を重視し、荀子が人間の悪への傾向性があるために礼を重視したことを確認する。
【知】孟子の性善説、荀子の性悪説について理解できたか。
*手立て…確かめるべき資料集の部分を指示・確認する。

※校内に貼ってあるポスターで訴えていることを、皆にやってもらうための、より効果的でユニークなプランについて話し合い、発表する。
□「どうすればポスターの作者の意図(マナーを守ること)がより伝わるのか」に留意させる。
【思】マナーと行為の関係について考えることができたか。
*手立て…机間指導で、自分が思ったことを率直に言える雰囲気づくりに努める。

※老子の道、無為自然、小国寡民について理解する。
※荘子の万物斉同、真人について理解する。
□そもそも「なぜ道徳が必要になったのか」に留意させ、道家が儒家の人為を批判していたことを確認する。
【知】老子、荀子の基本的な思想について理解できたか。
*手立て…確かめるべき教科書・資料集の部分を指示・確認する。


【まとめ】(5分)
※振り返りシートに自身の考えや感想を書き、提出する。
□振り返りシートを提出させる。
【思】授業全体を通して、自分自身の考えをまとめることができたか。
*手立て…授業を通して思ったことを箇条書きでもいいから、書くように促す。

(4)本時の学習評価
  崕淑満足できる」状況(A)と判断する具体的状況
  ・板書をノートに書き、要点を確認し、その他の補足も行っている。
  ・考察する場面で自分の考えをまとめ、積極的に意見を言うことができる。
  ・資料を使用する場面で適切に活用できている。
 ◆岾気曜足できる」(B)と判断する具体的状況
  ・板書をノートに書き、要点を確認している。
  ・考察する場面で自分の考えをまとめることができる。
  ・資料を使用する場面で活用できている。
 「努力を要する」状況(C)と判断する状況への支援
  ・机間指導をしながら生徒に問いかけ、発言や議論ができるように促す。
  ・簡単な語句について指名し発表させる。
  ・資料の場所や教科書・資料集のページなどを指示する。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校公民科(倫理)]2014(平成26)年度大学入試センター試験(倫理)

 昨日、2013(平成25)年度大学入試センター試験(倫理)が行われたので、実際に解いてみた。
 第1問は、本文がフェアトレードに関する対話文形式の内容になっている現代社会の分野の問題。問1はシュヴァイツァーの「生命への畏敬」の用語理解だけでは不十分で、それに類する内容をも理解しておかないと厳しい。片山潜の理解ができているかカギ。問2は文章とグラフの内容、選択肢の文章の論理構造や矛盾を正しく把握した上で解答すれば、時間を要するがいける。問3はウがマズローというのは容易だが、オルポートがカギ。オルポートが分かっていなくても、エリクソンのアイデンティティの拡散の議論が分かれば消去法でいける。問4のセンは文章読解ができればいける。問5のロールズは教科書・資料集で基本的な理解ができていれば楽勝。問6は初期社会主義(オーウェン、サン=シモン、フーリエ)からマルクス、エンゲルス以降の社会主義の展開を教科書・資料集で押さえていれば楽勝。問7は環境問題への取り組みに関する時事的な知識の理解が必要。問8は境界人(マージナル=マン)、シュプランガー、防衛機制、ヤマアラシのジレンマの基本的な理解が必要。問9は基本的な用語理解と一般常識で勝負できる。問10は現代文の問題。読めばわかる本文内容合致選択問題。こういうのは本文をちゃんと読んだら真っ先にやりましょう。
 第2問は欲望に関する源流思想の問題。問1は選択肢4の「中庸」のひっかけに注意。ワードが出たからすぐに選ぶのではなく、「正しいことを習慣化し性格化することが必要」という習性的徳(倫理的徳)の理解が必要。問2はストア派を教科書で基本的に理解しておけば十分。問3はアッラーとクルアーン(コーラン)について教科書・資料集で十分に確認していないと厳しい。問4は儒家と道家の基本的な理解ができていれば楽勝。問5は教科書・資料集で細かい部分の確認が必要。ただし聞いているのは基本的な性格なので確認できれば問題なし。問6は特にパウロ、アウグスティヌスについて教科書・資料集で確認が必要。特にウのイエスの内容が曲者。問7は八正道の内容を問う細かい問題。分からなくとも、漢字から幾分かの類推が可能。問8は文章読解問題。菩薩の基本的な理解と文章から選択肢は選べる。問9は本文内容合致選択問題。本文と選択肢の文章と一般常識から選択可能。
 第3問は自然に関する日本思想の問題。問1は神仏習合と本地垂迹説の問題。特に権現を理解しているかがポイント。問2は源信について教科書・資料集での確認が必要。問3は細かい知識が問われるところ。教科書・資料集で要確認。問4は人物名と主著をセットで覚えておけば問題ない。問5は二宮尊徳の基本的知識の理解で十分。問6は鈴木正三が鬼門。熊沢蕃山も細かい所なので確認しておかないといけない。問7は南方熊楠の基本的知識の理解で十分。問8は文章を十分に読み込んでおかないといけない。選択肢が紛らわしくなっている、問9はは本文内容合致選択問題。本文と選択肢の文章と一般常識から選択可能。
 第4問は創造力に関する西洋思想の問題。問1は楽勝。問2は基本的知識の理解で十分。問3はパスカルの幾何学的精神と繊細な精神の理解があれば十分。問4はカント『判断力批判』が難問。教科書・資料集で『判断力批判』の内容なんて普通やらないでしょ。今回特にこの問題が鬼門。問5はゲーテの文章読解。選択肢を読めばできる。問6はマルクスの唯物史観(史的唯物論)に関する基本的知識の理解で十分。問7はルソーの文明社会批判、キルケゴールの平均化批判、デューイの創造的知性の基本的知識の理解が必要。問8はサルトル、カミュの著書とサルトルの「実存は本質に先立つ」の内容を理解していれば大丈夫。『第二の性』はボーヴォワールの著書。問9は本文内容合致選択問題。選択肢4の文章が紛らわしいが、じっくり読めば判別できる。
 相変わらず長文読解問題が多いが、昨年度よりかはマシになった感じだ。教科書・資料集を読み込み、キーワードだけを機械的に理解するのではなく、思想や考え方の内容や本質を、文章として理解することが大切だと思った。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校公民科(倫理)][授業実践][学習指導案]神と仏をどちらを重視すべきか?(古代日本人の宗教観、聖徳太子、神仏習合、本地垂迹説)

 先日、授業観察で行った授業の学習指導案(略案)をアップロードする。
公民科(倫理) 学習指導案(略案)
1. 本時の題目 「神と仏のどちらを重視すべきか?」
2. 本時の目標
   嵜世畔のどちらを重視すべきか?」というテーマ(見方)から、古代日本人の宗教観、聖徳太子、神仏習合、本地垂迹説の思想の内容を理解する。
 ◆´,鮗螻櫃りに、「日本人の宗教観とはどのようなものか?」という問題を考える。
3. 本時の流れ(1時間は90分授業)
▲備考…以下に出てくる記号は以下のものを表す。
学習内容(・)
生徒の活動(※)
教師の支援(□)
準備(▲)
留意点(◎)
具体の評価基準(◆)

【導入】(17分)
※担当の生徒のプレゼンテーション(2名)を聞き、感想票にコメントを書く。
◎発表している生徒の話を聞くように促す。

【展開】(70分)
※前時の内容を確認する。
◎前時の内容で特に確認すべきことや生徒にとって分かりにくかったものを、コメントシートに書かれている生徒の感想票のコメントを使って確認する。
※本時のテーマをノートに書く。
◎本時のテーマを板書し、古代日本人の宗教観、飛鳥時代の仏教伝来、奈良時代〜平安時代の3つのトピックから見ていくことを伝える。

・古代日本人の宗教観
※家の中にある古い物でどのようなものがあるか(古い物、どのくらい古いものか[分かる範囲で]、おススメポイントは)をグループで話し合い、代表者に発表させる。
◎なぜ古い物を大切にしているのかを考えさせる。
※アニミズム、古代日本人の「神」の考え方、死生観について理解する。
◎古代日本人の宗教観(古神道的価値観)が今後の日本思想のベースになっていくことに留意させる。

・飛鳥時代の仏教伝来〜聖徳太子
※教科書で、十七条憲法の中の第二条(三宝)、第十条(凡夫)の条文を読んで確認する。
◎聖徳太子が仏教の本質を理解していたことを確認させる。

・奈良時代〜平安時代
※ワークシートにある、仏具の名称と使い方やそれを使う意図がどのようなものかグループで話し合う。
※ワークシートにある仏具のうち、仏教本来の意図とは違う形で使われているものがどれかを考える。
◎仏具の意図を確認したうえで、仏教本来のあり方から異なる意図で使われているのがどのようなものなのかに着目させる。
※ワークシートにある僧や建物が何なのかを考える(僧形八幡神像、神宮寺)。
※神仏習合、本地垂迹説について理解する。
◎古来日本からの神の概念と仏教からの仏の思想が対立することなく融合していったことに留意させる。

【まとめ】(3分)
※本時の内容の要点を確認する。
◎古代日本人の神概念と聖徳太子の仏教観、神仏習合、本地垂迹説の考え方を確認する。
※感想票に本時の質問・感想などを記入し、提出する。
◎感想票を提出させる。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校公民科(倫理)]2013(平成25)年度大学入試センター試験(倫理)

 アップロードをし忘れて時期が大幅に遅れてしまったが、2013(平成25)年度大学入試センター試験1日目で地理歴史、公民の科目が行われたので、実際に倫理を解いてみた。
 まず、センター倫理の平均点が58.83点と低かった。今まで67〜68点台と平均点が高くてドル箱科目だったのだがこれに衝撃が走った。で、早速解くと…。
 第1問は情報技術の発達の内容のリード文からの現代社会分野の問題。問1は一般常識、問2はデジタル・デバイドの用語理解で楽勝。問3はエリクソンのライフサイクルの8段階の各段階の内容が理解できているかがポイント。問4も一般常識。テレビや新聞を読んで時事問題を知っているかがポイント。夫婦別姓はまだ導入されていない。問5はどう考えても受験者がヤマ勘で解答することができないように考えられる選択肢のパターンを多く出しておくというおなじみの選択問題。こういうのも出るのでちゃんと理解しないと答えられない。アのマズローの欲求階層説(欲求階層理論)は理解できれば楽勝。イは「力への意志」はニーチェの内容でフィヒテでないことが分かれば楽勝。ウのミードは教科書の細かい所で理解していないと厳しい。エのユングの集合的無意識は教科書レベルでいける。そして問6の図表読み取り問題。選択肢の文章を読んでいくと、どう考えても2番の内容の正誤が分からないのでこれが正解。問7はハーバマスの対話的理性の内容を理解した上で、その具体的場面がどれかを問う問題。選択肢4番の文章がひどい。ハーバマスの親密圏の内容なんか、そもそも倫理の教科書に載ってないだろ。確かにハーバマスの内容だけど、明らかに受験者を陥れるためのトラップ。まず、これが平均点を下げた一因だな。問8はアーレントの文章を読んだ上での具体例合致選択問題。こういう問題は、基本的な理解の上に、さらに文章読解(言わば国語のリーディング能力)が求められるので、受験者泣かせ。アーレントの文章から、自ら自発的に行動・参加している内容の選択肢を選べるかがポイント。不正解の選択肢の内容は、どれも「〜を与えられた/他の人が〜しているから」という言わば他律的な動機の文言が入っている。でもこれは難しすぎるだろ。問9はウィトゲンシュタインの『論理哲学論考』と言語ゲームの内容を教科書で理解しておかないと厳しい。これまた受験者のヤマ勘解答潰しの選択肢大量パターン。パラダイムはクーンの内容なのでここで選択肢を絞る手もあり。問10は思想家とその内容を教科書で理解しておかないと厳しい。問11はいつもの本文内容合致選択問題。こういうのは本文をちゃんと読んだら真っ先にやりましょう。
 第2問は苦しみや悲しみに関して源流思想の分野から考える問題。問1はストア派のアパテイアの内容を理解していればいける。エピクロス派のアタラクシアと混同しないように注意。問2はパウロの信仰義認説か贖罪の内容を知っていればいける。問3は曲者。ブッダの思想を教科書でちゃんと理解しておかないと難しい。特に大乗仏教・上座部仏教の違いに要注意。問4は孔子の仁の具体的な内容と孟子の四端の心の内容をちゃんと理解していればいける。問5は問題文のアウグスティヌス『告白』の文章の内容をちゃんと読んで理解してから解かないと厳しい。これもリーディングスキル。問6はイスラームの五行の内容を理解していないと厳しい。受験者のヤマ勘解答潰しの選択肢大量パターン。想定される全ての選択肢が揃っているので厳しい。問7は思想家と内容を理解しておかないと厳しい。老子の内容が明らかに違う。問8はエロース・友愛(フィリア)・アガペーの内容と違いをしっかり理解しないと厳しい。問9はいつもの本文内容合致選択問題。こういうのは本文をちゃんと読んだら真っ先にやりましょう。
 第3問は日本思想の問題。問1は楽勝。問2は因果応報に関する内容になっていない選択肢の文章をじっくり読んで判断すればいける。問3は末法思想の内容をちゃんと理解しないと厳しい。問4は楽勝。問5は教科書の細かい所(貝原益軒・山片蟠桃・三浦梅園)を読んでいないと厳しい。これも受験者のヤマ勘解答潰しの選択肢大量パターンで平均点を下げた一因。問5は西周の具体的思想内容を知らなくても、西周の文章をじっくり読み、その内容理解選択ができるかがポイント。リーディング読解問題。問7は北村透谷の内容をちゃんと理解していないと厳しい。問8は西田幾多郎の内容を教科書で理解していればいける。受験者のヤマ勘解答潰しの選択肢大量パターン。問9はいつもの本文内容合致選択問題。こういうのは本文をちゃんと読んだら真っ先にやりましょう。
 第4問は批判に関する西洋思想の問題。問1は楽勝。問2はフランシス=ベーコンのイドラについて教科書・資料集で理解しておくことが必要。受験者のヤマ勘解答潰しの選択肢大量パターン。問3はフランス啓蒙思想・百科全書派の理解が必須。問4はカントの二認識論の内容を教科書で理解しておけばいける。問5はミルの自由に関する議論を理解していないと厳しい。他者危害の原則を理解することが必要。問6はマルクスの労働疎外に関する基本的理解で十分。ただし選択肢4番の物象化なんて教科書に載ってないぞ。問7はハイデッガーについて教科書の内容を理解しないと厳しい。特に故郷の喪失なんて教科書に載っていない。それでもダス・マンと不安が分かれば、人倫はヘーゲルの内容なので違うことが選択肢から消去法でわかる。受験者のヤマ勘解答潰しの選択肢大量パターン。問8はボードリヤールなんて教科書に載っていないのだが、ホルクハイマーとウェーバーの内容を理解していれば何とかなる。受験者のヤマ勘解答潰しの選択肢大量パターン。問9はいつもの本文内容合致選択問題。こういうのは本文をちゃんと読んだら真っ先にやりましょう。
 今回の試験は、まず教科書・資料集の内容をしっかり理解しないと得点が取れず、さらにそれらを踏まえての文章読解や事例を考える問題があるので、じっくり勉強しておく必要がある。裏を返せば、がっちりやっておけばそれでも高得点を狙えるわけで、覚えれば覚えた分だけ得点を稼げるのが倫理である。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校公民科(倫理)]2012(平成24)年度大学入試センター試験

 昨日、2012(平成24)年度大学入試センター試験1日目で地理歴史、公民の科目が行われたので、実際に倫理を解いてみた。
 第1問は性格と自我同一性に関する青年期の心理の問題。問1はグラフの読み取りはじっくり読めば予備知識なしでもできる。問2はアイデンティティに関する基本的な理解で消去法で行ける。楽勝。問3は細かい内容でオルポートの内容が難敵。
 第2問は自分がすべきことと悪に関する源流思想の問題。問1は細かい部分の理解が必要。問2はソクラテスの問答法の基本的な理解でOK。問3はブッダの縁起の法・無明と苦の思想が分かるかがポイント。問4は細かい部分の理解が必要。問5は理気二元論、非攻説、無為自然、性悪説が分かるかがポイント。非攻説が分からなくとも後の3つから類推できる。問6(イスラームとユダヤ教の比較)・問7(イエスの罪論)は基本的な理解と文章判断ができるかがポイント。問8はアウグスティヌスの略歴を教科書で読んでいなければ解けない。問9は文章読解。文章が長文だがじっくり読めばできる。焦らずに。
 第3問は安心に関する日本思想の問題。問1は八百万の神に関する基本的な理解で十分。問2は分からなくとも類推可能。問3は古典の問題。じっくり読めばできる。問4は阿弥陀仏の本願の細かい理解がないと難しい。資料集・用語集レベル。問5は楽勝。問6は吉田松陰に関する天道論を理解していないと難しい。ただし、分からなくとも他の選択肢が伊藤仁斎、安藤昌益、二宮尊徳の内容なので消去法で類推可能。問7は福沢諭吉の独立自尊・実学の思想を教科書で読めばできる。問8も古典の問題。じっくり読めばできる。問9は本文をじっくり読まないとできない。
 第4問は身体論に関する西洋思想の問題。問1はデカルトの良識論の基本的な理解で十分。問2はカントのコペルニクス的転回の基本的な理解で十分。問3はホッブズの身体論っぽいことを言っているようだがデカルトの延長論とホッブズの自然状態・社会契約さえ理解できていればできる。問4は科学に関する背景を知らないとちと厳しい。ゲーテが曲者。問5は青年期の単元の中の人間の定義の問題。選択肢が多いが基本的な理解でいける。問6はハイデッガーの死への存在を理解していれば十分。問7は細かい知識が必要。フッサールの現象学の判断停止(エポケー)なんて教科書には載っていないでしょう。分からなくともサルトル、バークリ、ウィトゲンシュタインの基本的な理解から消去法で攻める。問8・問9は文章をじっくり読めばできる。
 第5問は動物実験と自己決定権に関する現代社会分野の問題。問1は一般常識で推理できる。問2は時事的な知識が必要。問3は改正臓器移植法の時事的な知識が必要。2011年度の倫理研究受講者に資料配布済み。問4はカントの自律の基本的な理解で十分。問5はじっくり読めばできる。問6は一般常識でできる。問7は日本史。「公害」とくればもう答えは絞られる。問8はじっくり読めばできる。
 全体的に、まとまった文章を読んで解く問題がとにかく多い。基礎知識を丸暗記するだけでは解きにくくはなっている。しかし逆に言えば、本当に最小限の基本的知識だけしかなくとも現代文・古典を読む文章読解能力があればかなりの高得点が期待できる。教科書・資料集を精読して基本的知識を固めておくべし。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校公民科(倫理)][学習指導案]28. 西洋近代思想(4)カント◆張ント 人格の尊厳

 理由があって、倫理の指導案をアップ。正直、内容が難解すぎて不十分すぎる。再考すべきもの。
公民科(倫理) 学習指導案(略案)
1. 本時の題目 「カント 人格の尊厳◆廖碧椹2/2)
2. 本時の目標
  .ントは人間の尊厳の根拠を、道徳の主体としての人格に置いたことを理解させる。
 ◆´,鮗蠅かりに、自分自身の道徳観や倫理観について考察させる。
3. 本時の流れ
▲備考…以下に出てくる記号は以下のものを表す。
学習内容(・)
生徒の活動(※)
教師の支援(□)
準備(▲)
留意点(◎)
具体の評価基準(◆)

【導入】(5分)
※次の問いについて考え、発表する。
Q:殺人者が自分の家にいる友達を殺そうとして、家に押しかけてきた。殺人者に『友達の場所を教えろ』と言われたとき、友達の居場所を教えるのは道徳的に許されるか?

□数名の生徒を指名し、発表させ、意見を共有させる。

※カントは「殺人者に『嘘をつくこと』は道徳的に誤りだ」と主張したことを知る。
□カントは殺人が道徳的に誤りであることを前提に主張していることに留意させる。

※前時の内容と本時の予定を確認する。
□本時は「定言命法」「仮言命法」「人格」をキーワードにしてカントの道徳法則を理解することを伝える。
◆カントの道徳に関する主張について疑問を持つことができたか。【関心・意欲・態度】
【テーマ】カントはなぜ「殺人者に『嘘をつくこと』は道徳的に誤りだ」と主張したのだろうか?


【展開】(40分)
※定言命法、仮言命法を理解する。
□定言命法と仮言命法の違いに留意させる。

※定言命法、仮言命法の違いや問題点を考える。
Q1.次の文は定言命法になるか。丸をつけ、その理由も書いてみよう。
A.「人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい」…定言命法に(ならない)。
【理由】「人にしてもらいたいと思うこと」という条件があるから。
B.「動物の命を守るために、デモで実力行使すべし」…定言命法に(ならない)。
【理由】「動物の命を守るために」という条件があるから。

□机間指導で助言する。
□定言命法に関する反論を取り上げ、一面的な用語理解に陥らないようにする。

※人格を理解する。
□人格の内容が定言命法や自律を前提にしていることに留意させる。
◆定言命法・仮言命法・人格の内容を理解できたか。【知識・理解】【知識・理解】

※導入部で掲げたテーマについて、カントが言いたかったことを、人格を観点にしながらまとめ、ワークシートに書く。
Q2.カントはなぜ「殺人者に『嘘をつくこと』は道徳的に誤りだ」と主張したのだろうか。
→『嘘をつくこと』は嘘をつく相手を自分の目的を達成するための手段とする行為であるから。

□テーマの「嘘をつくこと」に着目し、カントの人格に関する定言命法に鑑みて適切かどうかという視点で考えさせる。

※テーマで掲げたカントの主張に関する自分の考えをまとめ、ワークシートに書く。
□3〜4人のグループで話し合わせ、机間指導で助言や意見を促す。
※他の生徒の意見を聞き、共有する。
□数名の生徒に発表させ、意見を共有できるようにする。
◆カントの主張の真意を本時の学習内容をふまえて適切に表現できたか。【技能・表現】
◆カントの主張を基にして、自分の考えをまとめることができたか。【思考・判断】

【まとめ】(5分)
※本時の内容を確認する。
□人格をテーマと絡めて確かめさせる。
※次時の内容を知る。
□次時の内容を予告する。
※ワークシートを提出する。
□ワークシートを提出させる。

4. 本時の評価
  .ントは人間の尊厳の根拠を、道徳の主体としての人格に置いたことを理解できたか。
 ◆´,鮗蠅かりに、自分自身の道徳観や倫理観について考察できたか。
5. 本時の指導資料
・ワークシート(以下参照)

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校公民科(倫理)][学習指導案]2. 青年期の課題(2)青年期の特徴

訳あって、簡単な略案をアップ。
公民科(倫理) 学習指導案(略案)
1. 本時の題目 「2. 青年期の課題(2)青年期の特徴」
2. 本時の目標
 \椎期が人間の一生の中でどのような時期であるかを理解させる。
 ∪椎期のモラトリアムとしての意味を、自分と照らし合わせて考えさせる。
3. 本時の流れ
▲備考…以下に出てくる記号は以下のものを表す。
学習内容(・)
生徒の活動(※)
教師の支援(□)
準備(▲)
留意点(◎)
具体の評価基準(◆)

【導入】(5分)
※青年期が大人か子どもかを考え、その理由をプリントに書く。
□数名の生徒を指名し、発表させ、意見を共有させる。

※今日の学習課題をプリントに書く。
□本時の学習課題「青年期はどのような時期なのだろうか?」を提示して、プリント【テーマ】欄に書かせる。
◆今ちょうど迎えている青年期について興味を持つことができたか。【関心・意欲・態度】


【テーマ】青年期とはどのような時期なのだろうか?


【展開】(40分)
※青年期が近代以降に出てきたものだということを知る。
□近代以前では通過儀礼を経て子どもから大人になることをとらえさせる。
◆通過儀礼の意味について理解できたか。【知識・理解】

※青年期の不安定さについて述べられたマージナルマン・モラトリアム・第二の誕生の意味を知る。
□青年期がどのような不安定が状態にあるのかを、用語の意味を通して説明する。
◆青年期がどのような不安定な状態にあるのかを理解できたか。【知識・理解】

※「どのような人間がモラトリアム人間なのか」を考え、プリントにその例を書く。
□モラトリアム人間が、アイデンティティの確立が不十分な状態にあることに留意させる。
◎個人名など、例示する際に差別的なものにならないようにする。
◆アイデンティティ確立という青年期の課題を達成できていない状態を考えることができるか。【思考・判断】

※青年期の課題がアイデンティティの確立であることを知る。
□青年期の課題が確固たる自己の確立であることを説明する。
◎発達課題やアイデンティティについては、次時で詳細を扱う。ここでは簡単な紹介にとどめる。

※青年期の時期的な特徴について、プリントにまとめる。
●人間の一生の中で、青年期にはどのような特徴があるだろうか?
□青年期が不安定な時期であること(=時期的特徴)を、自分と照らし合わせてまとめるように助言する。

※プリントにまとめた意見を発表し、他の生徒と意見を共有する。
□数名の生徒に発表させる。その際、発表している生徒の意見を十分に聞くように注目させる。
◆青年期での発達課題を、生徒自身の課題と絡めて考えることができたか。【思考・判断】
◆本時のテーマを踏まえて、意見をまとめることができたか。【技能・表現】


【まとめ】(5分)
※青年期の時期的特徴と発達課題を確かめる。
□青年期が時期的に不安定な期間で、心理的社会的な自立が時期的な課題であることを説明する。
◆青年期の時期的特徴や発達課題について把握できたか。【知識・理解】

4. 本時の評価
 \椎期が人間の一生の中でどのような時期であるかを理解できたか。
 ∪椎期のモラトリアムとしての意味を、自分と照らし合わせて考えることができたか。
5. 本時の指導資料
・ワークシート(以下参照)

続きを読む >>

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

| 1/1PAGES |

+ Search This Site.
Google


WWWを検索
http://tmaker.jugem.ccを検索

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Profile

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Categories

Archives

Links

Selected Entries

Recent Comment

  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    T-Kreuzung (05/28)
  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    NIK (05/27)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    T-Kreuzung (03/30)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    望月慈希 (03/25)
  • [出来事の記し(駄文日記)]東京都町田市・町田えびね苑
    くぼた (04/30)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(自立活動)][非常勤講師(2008年度)]掲示物:「おならをしない!!」、絵カード:「おならは外で!」
    ゴンザレス田中 (05/26)
  • [出来事の記し(駄文日記)]「RING GENERATIONS 〜RINGとの対話〜」
    佐久間大介 (10/22)
  • [特別支援教育中学部][臨時的任用職員(2007年度)][備忘録(メモ)][議事録]ゆたんぽの会へ… Part. 4
    小松栄生 (10/12)
  • [臨時的任用職員(2007年度)][特別支援教育中学部][自然教室(2007年度) in 八ヶ岳][備忘録(メモ)]今回の自然教室での教訓
    araki (07/22)
  • [読書][哲学][生命倫理学]小泉義之(2006)『病いの哲学』(筑摩書房[ちくま新書593])
    愚人 (06/19)

Sponsored Links

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM