[高等学校(2017年度)]文化祭〜綿菓子の乱〜

 文化祭が終わった。担当ホームルームは綿菓子販売となり、準備もスムーズに進んで非常に順調に仕上がっていた。しかし文化祭1日目当日からトラブルが起こり、立て続けにヤバいムードが皆の疲れに追い討ちをかけた。降りかかったトラブルは次の通り。
(1)綿菓子の種類はノーマル、ストロベリー、ブルーハワイの3種類。綿菓子用粗目の色の違いによるものである。ただし、レンタル品の綿菓子機CA-120は1台のみだから、同じ種類の注文が続かないと、違う種類の粗目を入れて一から綿菓子をつくることになり、客を待たせて、客の回転率が下がる。
(2)注文で買った綿菓子セットには、できた綿菓子が溶けて小さくならないようにするための綿菓子用包装袋が付いている。しかし、生徒は殆ど、昨日初めて操作したばかりなので、包装袋に入るような大きさに綿菓子を作ることなどできず(難しいんですよ、これ)、かといってできた綿菓子を刺してストックすれば、みるみる溶けていくので、彼らに遺された道は、出来立てを直ぐに渡すしかなく、次々と綿菓子を作ることができず、客の回転率が下がる。
(3)綿菓子機をずっと稼働させていると、粗目が綿状になる部分に綿の滓がこびりつき、そのままにするときれいな綿ができずに詰まるため、きれいにメンテナンスをするためのインターバルの時間が必要になり、その時間の分、営業がストップする。そもそも、綿菓子機CA-120は、縁日の出店のように、長時間稼働できるほどのモーターの仕様ではない。大概、電気系統モノは何かしらとトラブルが起こりやすいので実は危ないとのこと…。
 以上のようなトラブルが立て続けに起きたから、1日目は1個80円の綿菓子の売り上げが当初想定していた販売個数を下回り、216個に。2日目にも以上のようなトラブルが当然想定されるので、2日目は売る種類を時間毎に区切り、同じ種類のものを連続して作れるようにして、インターバルの時間も組み込んで売ることで進めていった。2日目はマシントラブルもあったが比較的スムーズに進み、255個を売り上げた。
 まあ、1日の制限時間4時間半程度では、綿菓子を売るのはせいぜい1日200個程度を売るのが限界だろう。文化祭後の会計処理で会計係が相当苦しんでいたが、何とか処理をしきれたはずなので、後はどうなることか…。
 あとは、綿菓子の原材料などをインターネットショッピングよりも仕入れられるような問屋などを探し、原材料費をかけないことと、領収証は買った品目が明記されているものを受け取るように徹底すること(ダイソーなどの場合はレシートを受け取ること)が肝要だろう…。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校(2017年度)]夏休みでお盆休みなんだけど…

 久々に出勤。夏休みの中でもお盆休みなので、正直、出勤している先生は非常に少ない。そんな中でも仕事は減っていないわけで、休んでいた分の仕事を少しだけ片付ける。
 今日は中学生・保護者向けの学校見学・学校案内の当番になっているので、午前中は学校見学対応で学校案内を配ったうえで、学校の沿革や教育課程、年間行事予定、進路指導に関することを簡単に説明する。その後は簡単に校舎を案内してまわる。夏休みなので生徒が殆どいない中、学校の様子を知ることにはなかなか難しいものかもしれないが、それでも、この夏休みに色々と学校を見学することは悪いことではない。
 学校見学対応が終わった後は、担任ホームルームクラスの生徒がやってきたので、文化祭などに関することを簡単に打ち合わせることに。とは言え、実際に動くのは生徒なので、こちら側としては、段取りやスケジュールや準備・確認作業などが、どの程度進み、ちゃんと手順を確認しながら進められているかを尋ねる程度で済ませる。むしろ具体的なやり方や手順・指示などについて、生徒たち自身が自主的に動けるような質問や提案型の言葉かけに徹するように努める。後は良くも悪くも生徒たちが考えるべきことだ。
 あとは午後は振替休暇を取得して退勤。帰路への道中、雨がちらほらと降り注ぎ、微妙な天候であるが…。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校(2017年度)]授業評価アンケート

 さて、この時期になると授業評価アンケートをやることになっている。アンケート自体をやることに全く吝かではないのだが、特に面倒なのがアンケート用紙の印刷である。
 現任校では授業担当者がアンケート用紙を各自で印刷するのではなく、こちらが授業担当者分のアンケート用紙を印刷するようだ。今までA4サイズで用意していたが保管スペースを取る関係で、今回からA5サイズで印刷する許可を得た。そのため、セットにかかる時間が大幅に短縮できた。1セット42枚分を印刷して60セット用意するのにA4サイズでは2時間弱かかっていたが、A5サイズでは、ものの35分弱で用意することができた。
 手順として、A4サイズ2アップ印刷でA5版がA4横置きで2枚できるように印刷したものを、印刷機で43枚印刷する。印刷したものの1枚目を縦長に半分に折って残りの42枚に挟む。このセットを30セット用意したら、裁断機で片っ端から真っ二つに切る。大体、3セット分を重ねて一気に切ると、切れ味が悪い裁断機でもギリギリ難なく切れる。
 こうして、アンケート用紙の束を60セット分は作るのだが、特別時間割のせいか、1日で全て持っていかれるから、余分にまた印刷することになる。ただし、今回は余った分量をちゃんとカウントしつつ、どの程度用意すれば紙の無駄が起こらないかをチェックしているので、徒労になりそうな印刷をするつもりはない。
 他の人からすれば、とてつもなく関係のない、些細な話だが、こういうことにも時間が取られるわけである。

【2017.7.29(Sat.)付記】
 アンケート用紙は、42枚×200セットを準備したが、50セット余ったので、150セット〜160セットを用意しておけばいいだろう。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校(2017年度)]体育祭

 体育祭が終わった。雨が心配だったが、最後まで天気が崩れずに済み、どうやら中止モードで《呪怨》と化した教場で授業をすることは無くなった。そもそも、明日以降は、どうせ今日の疲れで授業に集中する体力もダウンしているに決まっているが…。
 さて、体育祭の最中は係の仕事をしているので、生徒のところで応援するなどできない。各自で自主的にやることになるのだが、スマートフォンの普及で写真撮影(当然、「自撮り棒」は禁止)が至る所で行われ、簡単に色々と生徒たちは写りまくっている。用具や招集・誘導、放送など、係の運営の生徒たちは忙しなく動く。応援団は選手の近くまで行って応援する。それぞれ、体育祭の場で良くも悪くも自分達で考えたり意思した行為である。マナー注意などの最低限度の喚起さえできれば、後は各自の集団の中で色々トライしたりすればいい。
 大人から色々と言われなければ動けない状況というのは、大人も子供も必要以上のエネルギーを消耗する。「如何にして自分達でもがきながら行動/試行錯誤できるように仕向けるか」に今はエネルギーを注いでいる最中である。つまりは、自分たちでうまくクラス運営を色々やってのけてくれると、こちらが意図している《ヒドゥン・カリキュラム》の目標をクリアしたことになるのだが…(勿論、授業とかクラス事務、生徒対応等の本務は、ちゃんとやっている)。正直、時間が無いから。
 ともあれ、体育祭は終わった。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校(2017年度)]テスト採点

 中間テスト期間終了。採点も終了。早速、テスト返却を済ませている。
 政治・経済は問題数もそこそこだったので、採点はすぐに終えたが、世界史Aは問題数が多かったので、採点に7時間を要した(総採点数9600問の○×)。
 それでも、持ち越しせずに終われたのは、執念と言う他はない。小学校の先生のやり方をパクったものだが、先に局所的に誤答に×をつける作業だけを繰り返し、後に丸を付けながら得点を計算する。極論すれば、丸を付けながらその丸の個数をカウントすれば、得点が自然に分かるのである(殆ど2点など、得点配点がシンプルであるほど恐るべき効果と時短の早さを発揮する)。
 まあ、テストの結果や平均点の動向なんかはさて置き、むしろ復習をしてもらいたいものだ。あくまでも定期テストは自分自身の学習内容のマスター度を確かめるもので、入試ではない。復習で復讐だ。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校(2017年度)]明朝体を制する者は行政を制す。

 退勤。世界史Aは教えてもらいながら中身をペアワークやグループワークで答えを確かめ合わせ、政治・経済は毎回のグループワークのネタ作りに苦しむ。
 一応、どちらも喋る体力も気力も無いので、如何にして余計なことを削ぎ落とすかに苦心する。
 政治・経済は、「学校教育では《明朝体》で書かれたもののみを正式なものとする」という法律制定後のリアクションの是非でグループワークしつつ、法の支配と法治主義を攻略。明朝体問題と法の支配を強引に結び付ける荒業だが、カオスっているからしょうがない。
 明朝体を制する者は行政を制するのだ。明朝体は明朝体と言えども、「MS明朝、10.5pt」なのである。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校(2017年度)]クラス写真撮影、新入生オリエンテーション、新入生歓迎会

 昨日も提出物を集め、途中でクラス写真撮影が入った。頭髪・服装・盗難防止策を確認した上で移動し、写真撮影に臨む。
 写真撮影後には、委員会・係決めに入る。こちらはスムーズに決まり、おまけに係の人数枠を若干上乗せしてみたら、案外うまく進んだ。多すぎても困るのだが、少なすぎて仕事がスムーズに回らないのも、それはそれで困る。
 午後は昼休み中盤初めに教科書販売が入り、イレギュラーな昼食時間になった。また、新入生歓迎会は見学してもらえればそれでクリア。教室に戻ってSHRで来週から始まる授業・清掃当番についてアナウンス。特に春休みの課題や体育着・ジャージ・体育館履きのセットと、防犯施錠グッズを忘れないように伝え、ホームルームは終わる。
 HR後、出欠状況記録データ入力フォーマット作成や書類の整理に追われ、来週から始まる授業の準備がろくにできず、カリシスカオスでもないのにカオスになっている状況でタイムオーバー。またまた、デッドラインとの戦いが始まってしまった…。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校(2017年度)]2017年度始業式

 始業式。でもその前に大掃除ではないけれど中掃除。担当の教室へ行き生徒を迎えて、机の中が空になっているかを調べてもらいながら、机と椅子の脚にこびり付いた埃を拭き取る作業をメインにやってもらった。
 年度末前に掃除は終わっているはずなのに、出るわ出るわ、埃の山が。春休みだからと言っても、埃に休みなど一切関係ない。でも、本当は、昨年度末に終わらせておくべきことだったはずなのだ。担当教室の汚れ具合がちょっと残念な感じだったのが残念。結局は清掃時間内に全てが片付かなかったので、生徒たちを始業式に行かせて、残りを始業式を出ずに自分で教室内の机の交換と落書き消しと扇風機の埃取りをすることに。用意しておいた除菌ウェットティッシュが全て扇風機の掃除に使い切り、消しゴムで落書きを片っ端から消し、机の交換に時間を費やす。
 午後に教室セッティング作業で、掲示物を貼り、新聞紙をセットし、机を整頓して体力勝負。そして職員室に戻り書類の確認・整理と配布物のセッティング、回収物確認用名簿作成などの準備に追われる。
 書類の回収や段取りが多ければ多いほど、双方ともエラーやミスが起こりやすくなる。行政社会は文書社会なのは致し方ないのだが、インターネット環境が常識の中で、何とかならないものだろうか。アナログ手法が功を奏することもあるけどさ…。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校(2017年度)]始業前準備作業

 今日も朝からカオスった。
 朝、始業前に昇降口の下駄箱を確かめたら、ある意味で予想通り、幾つかの下駄箱に出席番号のシールが貼られていないものがあったり、下駄箱の扉が内側へ凹んでしまっているものがあった。早速、テプラでシールを急いで作って貼り直し、下駄箱の扉については修繕依頼を急いで出した(リミットに間に合うかどうかは微妙であるが…)。また、午前中に書類の仕分け作業があったが、カリシフカオスを優先して午前中は全てこれで潰れる。
 午後はラミネーターで時間割表、清掃班一覧表、時程表を片っ端からラミネート加工処理。正直、ラミネート加工は長持ちするが、逆にラミネート加工処理をしたところでも、太陽に当たることで紙が黄色に変色するので、それならばわざわざラミネートをする必要もなく、新たに印刷し直した方が楽なものである。あとは、超達筆毛筆フォント「告!」をラミネート。ところで、配布物が異様に多いのが気にかかる。そんなに提出物も配布物も情報も、一度に多く処理しきれるわけがない。
 あとは、データ入力用フォーマットを試行錯誤で作り、実際にどのように運用するかをデモンストレーション。カリシスカオスには関わりたくないのだが、どうもうまく逃れられていない。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[高等学校(2017年度)]2017年度初め

 2017年度が始まった。
 とは言え、2017年1月から徐々に準備をせざるを得ない状況だったので、やらなければならないことが立て続けに起こってくる。
 大概、先ずやるべきことと言えば、名票や出席簿、学級日誌、清掃当番表、清掃ローテーション表、時間割を作り、黒板に貼る「月」・「日」・「曜日」・「日直」のプレートを作り、教室の備品を確かめて掃除をするなど、事務作業系が一気にラッシュの如くに押し寄せるものである。
 この後、担当科目の教科書や副教材が届き、中身のチェックや進度の確認作業などが待ち受け、更にはカリススカオスのような悪夢も押し寄せる。
 まあ、こうなると、これまた大概、他の事など、正直、構っていられなくなるものである。本当に、余計な物事には一切、構うほどの精神的余裕など存在しない状況に陥ってしまうのだ。「もうちょっと頑張って」なる言葉が、そもそも意味を成すものではなくなってしまう。さて、今年はどこまで耐えきることができるのか…。体力・精神力の衰退が著しくなっているのも確かである。
 もう、2017年度なんて終わってほしい気分だが。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

| 1/1PAGES |

+ Search This Site.
Google


WWWを検索
http://tmaker.jugem.ccを検索

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Profile

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Archives

Links

Selected Entries

Recent Comment

  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    T-Kreuzung (05/28)
  • [高等学校公民科(政治・経済)(2017年度)][授業実践]17. 基本的人権の保障(2)精神の自由の制限は認められるのか?
    NIK (05/27)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    T-Kreuzung (03/30)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    望月慈希 (03/25)
  • [出来事の記し(駄文日記)]東京都町田市・町田えびね苑
    くぼた (04/30)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(自立活動)][非常勤講師(2008年度)]掲示物:「おならをしない!!」、絵カード:「おならは外で!」
    ゴンザレス田中 (05/26)
  • [出来事の記し(駄文日記)]「RING GENERATIONS 〜RINGとの対話〜」
    佐久間大介 (10/22)
  • [特別支援教育中学部][臨時的任用職員(2007年度)][備忘録(メモ)][議事録]ゆたんぽの会へ… Part. 4
    小松栄生 (10/12)
  • [臨時的任用職員(2007年度)][特別支援教育中学部][自然教室(2007年度) in 八ヶ岳][備忘録(メモ)]今回の自然教室での教訓
    araki (07/22)
  • [読書][哲学][生命倫理学]小泉義之(2006)『病いの哲学』(筑摩書房[ちくま新書593])
    愚人 (06/19)

Sponsored Links

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM