[音評]「R35 Sweet J-Ballads」(Warner Music Japan Inc.[2007])

評価:
オムニバス,class,槇原敬之,財津和夫,オリジナル・ラヴ,徳永英明,藤谷美和子,中山美穂&WANDS,CHAGE and ASKA,米米CLUB,JAYWALK
ワーナーミュージック・ジャパン
¥ 2,235
(2007-04-25)
 「R35 Sweet J-Ballads」(Warner Music Japan Inc.[2007])を購入。
 1990年代のテレビドラマやコマーシャルで流れた曲を集めたオムニバスCD。曲のそれぞれについては聴けば分かるので、「昔のノスタルジーへの郷愁」のためにはいいんじゃないですか。

【評価】
★★☆☆☆
⇒オムニバスってこういうものでしょ。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[音評]坂本龍一(2002)「UF(映画音楽集)」(Warner Music Japan Inc.)

評価:
坂本龍一,ギル・ゴールドスタイン
ワーナーミュージックジャパン
¥ 2,000
(2002-10-23)
 坂本龍一(2002)「UF(映画音楽集)」(Warner Music Japan Inc.)を先日ようやく購入。以前に買った「US(ソロ作品集)」(Warner Music Japan Inc.)に入っていない曲も聴きたかったので…。
 「Merry Christmas Mr.Lawrence」や「The Last Emperor Theme」、「Rain (I Want A Divorce)」や「鉄道員(piano version)」など映画で使われた故かメジャーすぎる曲が多い。また、映画音楽のせいか荘厳な曲調のものが多く、それぞれの曲が非常に濃い。坂本龍一のアルバムを買うならこのシリーズから攻めていった方が良い。

【評価】
★★★★★
⇒坂本龍一の曲集教科書ガイドとしてこのシリーズは非常に良い。

【参考文献・参考URL】
拙稿(2007.11.19)「坂本龍一(2002)「US(ソロ作品集)」(Warner Music Japan Inc.)」、http://tmaker.jugem.cc/?eid=772

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[音評][邦楽]B'z(2007.12.5)「ACTION」(VERMILLION RECORDS)

評価:
B’z,KOSHI INABA
VERMILLION RECORDS(J)(M)
¥ 2,880
(2007-12-05)
 B'z(2007.12.5)「ACTION」(VERMILLION RECORDS)を購入。早速聴く。
 曲構成を見ると前作の「MONSTER」同様にロックからシャッフルなど様々な構成で作られた曲が多いが、ギターをメインにしている点では「Brotherhood」の路線を基本的には踏襲している感があるので、これぞ「B'zロック」と言えるものであろう。曲はどれも良い。久々のヒット作。

【評価】
★★★★★
⇒やはり違うよ、格が。やはりB'zだよ。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[音評]坂本龍一(2002)「US(ソロ作品集)」(Warner Music Japan Inc.)

評価:
坂本龍一,矢野顕子,ピーター・バラカン,クリス・モスデル,後藤好孝,糸井重里,アート・リンゼイ,星克,ユッスー・ンドゥール,マルコ・プリンス,デヴィッド・シルビアン
ワーナーミュージックジャパン
¥ 3,180
(2002-10-23)
 坂本龍一(2002)「US(ソロ作品集)」(Warner Music Japan Inc.)を先日購入し、昨日で大体聴き終えた。坂本の曲をまとめたアルバムを1枚くらい購入しておきたいと思い、いろいろ探してマシそうなものだと思って選んだのがこれ。
 さすがに各曲の個性が強く、トライブテイスト(tribe taste)が入りまくりのアルバムだ。お気に入りは「Thousand Knives」、「War Head」、「Moving On」、「Intermezzo」、「Aqua」、「tong poo」。ミディアムテンポが聞きやすい。

【評価】
★★★★★
⇒買って正解。「坂本龍一入門」の教科書って感じか。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[音評]ビリー・ブランクス(Billy Blanks)(2007.9.19)「BILLY'S BOOTCAMP SERIES 1 入隊せよ! RECRUIT」(Sony Music Japan International)

評価:
ビリー・ブランクス,チーム・ブートキャンプ・フィーチャリング・コマンダー・ビリー
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
¥ 3,150
(2007-09-19)
 ビリー・ブランクス(Billy Blanks)(2007.9.19)「BILLY'S BOOTCAMP SERIES 1 入隊せよ! RECRUIT」(Sony Music Japan International)をいつも利用している「オンライン書店 e-hon」(http://www.e-hon.ne.jp/)で注文購入。
 ビリーズブートキャンプ(Billy's Bootcamp)で使われているBGMが聞けるのかと思いきや、新たに収録された曲ばかりで若干期待外れ。56分ある曲は最後の「BOOM BOOM WONDERLAND」以外はリミックスでつながっているのでこれでエクササイズをする人にとっては都合がいいか。歌詞は只管元気づけているが、聞き飽きた時には苦痛になるかもしれない。

【評価】
★★★☆☆
⇒まあ買っちまったからいいや。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[音評][邦楽]B'z(2006.6.28)「MONSTER」(VERMILLION RECORDS)

評価:
B’z
バーミリオンレコード
¥ 2,280
(2006-06-28)
Amazonランキング: 1892位
 B'z(2006.6.28)「MONSTER」(VERMILLION RECORDS)を購入。
 CDシングル曲にもなった「SPLASH!」、「ゆるぎないものひとつ」、「衝動」、「OCEAN」をはじめ、さまざまな曲調からなる構成になっている。私自身はCDアルバムの構成にそれほど重要度を感じず、歌詞や曲の世界観やパンチ力が強い曲が集まったものが魅力的なCDアルバムだと思っているので、このアルバムのような個々の曲が強いものの方がかえって面白い(だって携帯音楽プレーヤーで聞くときに曲順なんてシャッフルするから)。でも、欲を言えばもう少し強いパンチが欲しい。
 ヒットは「無言のPromise」、「雨だれぶるーず」。前者は世界観の広がりを過度に荘厳さで格調高くせずに程よい落ち着きを持って表現されている。後者はB'zでは珍しいブルースで世界観もダーク。その世界観の故にカタルシス効果もあるのでは。また、歌詞の「あるのかないのか誰も知らない 大量破壊兵器目指して無礼に乱暴につきすすむようだよ」の部分は明らかにイラク戦争問題を意識している。

【評価】
★★★★☆
⇒バラエティに富んでいる。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[音評]クレイジーケン(2003.5.21)「クレイジーケンズ・ワールド」(サブスタンス)

評価:
クレイジーケン
サブスタンス
¥ 2,678
(2003-05-21)
 久々に[音評]。クレイジーケンバンドの音楽の源流を成すアルバム。
 初めてクレイジーケンバンドの存在を知ったのは、ラジオで流れた「中華街大作戦」(本アルバムに収録されている)を聞いて衝撃を受けたことからだった。ジャズ風の曲調でありながら、あまりにもその曲調と対象的な歌詞の極小さがモロにツボにはまってしまったのだ。だって♪中華街 中華街〜…♪そんな中華街〜♪ってありかよ(笑)。それほど強い衝撃を受けたことを覚えている。
 しかしながら、その後「せぷてんばぁ」や「タイガー&ドラゴン」など、クレイジーケンバンドならではのオリエンタルな曲調が気に入っている。本アルバムはその流れのインパクトの原点と言ってもいいだろう。

【評価】
★★★★★
⇒どんな中華街かは聞いてミソ。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[音評]「癒しの望み」と「軍歌の基本的構造」

 過日の音楽科指導法にて<教祖に洗脳された>もとい<担当教員に感動した>せいか、音楽を聴きたくなったので(笑)、早速、家に帰ってヒーリング。まずはベタだが坂本龍一「Merry Christmas Mr. Lawrence」でぐっすり鑑賞。♪タッタッタッタッタン…♪のフレーズで安心してリラックスをした後は、またまた坂本龍一「energy flow」でもっとリラックス。もういいかなぁと思ったときに、なぜかハードディスクにあった「金正日将軍の歌」で締める。軍歌は基本的に<栄光>・<前進>・<勝利>をこれでもかと言わせんほどに強調する歌詞とマーチで構成されているから、否が応でも強制的に活力をつけようとする性質を帯びている。だが、「金正日将軍の歌」はテンポが遅いので、タイミングが悪ければ余計に眠気を誘うような気がする。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[音評]LOVE PSYCHEDELICO(2002.1.9)「LOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRA」(ビクターエンタテインメント)

LOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRA
LOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRA
LOVE PSYCHEDELICO

 これまた久々に医者へ行った帰りに某で買っていたもの(笑)。これも密かに狙っていた。
 LOVE PSYCHEDELICOの2ndアルバム。英語をふんだんに使った歌詞でありながら、ミディアムテンポで軽快かつアメリカンカントリー風のクラシックベーシックなスタイルの曲調であるため、耳障りな感じもせずに聴くことができる。特に「Free World」、「green」、「Waltz」、「"O"」がお気に入り。海岸線などを超高速でかっ飛ばさない程度に順調に走っている時に聴くといいだろう。

【評価】
★★★★★
⇒音楽のクオリティーが高い。見事にヒット。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[音評]B'z(1996.10.25)「FRIENDS II」(バーミリオンレコード)

FRIENDS II
FRIENDS II
B’z, Kohshi Inaba

 久々に医者へ行った帰りに某で実はまだ買っていた(笑)。たまにはいいだろ、こんな時でないとボンビ〜な不肖は大奮発なんてできないんだよ。
 B'zと言えばリマスタリングされたロックか完全ロックスタイルで、和音階での曲調で歌い上げる曲が多い中、極めて異色のアルバム。前半期の中でB'zらしからぬ曲が目白押し。
 中でも私のお気に入りは「SNOW」、「sasanqua〜冬の陽〜」。「SNOW」はピアノと優しい曲調が見事にマッチしていて聴いていて気持ちが良い。「sasanqua〜冬の陽〜」はスローテンポながらギターで引き、仕上げていくロックバラード。特にこの2曲が落ち着いて聴くことができる。
 また、「ある密かな恋」なんて、特にB'zの常道パターンから外れている曲だろう(笑)。

【評価】
★★★★★
⇒晩秋〜初冬に聴くと良いね。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[音評]サザンオールスターズ(1998.10.21)「さくら」(ビクターエンタテインメント)

さくら
さくら
サザンオールスターズ, 桑田佳祐, 島健, ’Collaboration, TOMMY SNYDER

 久々に医者へ行った帰りに某へ出向いて購入。実は密かにねらっていたものだったが、なかなか買う暇が無かったので念願の購入。
 購入しようと思ったきっかけは、某CMでBGMとして使われていた、収録曲「CRY 哀 CRY」を耳にしたときの曲のミステリアスさと破壊性のあるロック調の構成にグッと来たからだった。
 全体的にサザンのアルバムからイメージされるものとは明らかに外れたものである。まさか某のせいではあるまいかという面もこの時の状況では完全に否定できない部分もあるが(笑)、<ミステリアス>且つ<コア>な面が特にウケるのだろう。桑田佳祐お得意の日本社会を風刺する曲調である「爆笑アイランド」や、世間への痛切な皮肉を込めている「私の世紀末カルテ」など、まさにサザン作品の中でも<コア>なものが詰まっている。

【評価】
★★★★★
⇒サザンのアルバムの中でも異色の構成になっているのが面白い。まさに10年越しのゲッツ(笑)。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[音評]B'z(2005.11.30)「B’z The Best "Pleasure II"」(バーミリオンレコード)

B’z The Best
B’z The Best "Pleasure II"

 町を歩いてとても疲れたので、やけくそ気味にB'z(2005.11.30)「B’z The Best "Pleasure II"」(バーミリオンレコード)を購入。
 ほぼシングルからの曲なので、耳にしたものばかりが揃っている。穿った見方をすれば、「シングルの曲がたまったから、ここでアルバムを作って出したのではないか」という感があり、アルバム自体(選曲全体)としての概念が見えない。しかしながら、個々の曲のパワーは凄いものがある。B'zを初めて聴く人に向いている初級アルバムだね。

【評価】
★★★☆☆
⇒まあ聴いたことがあるからこれくらいで十分でしょ。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[音評]B'z(2005.4.6)「THE CIRCLE」(バーミリオンレコード)

THE CIRCLE
THE CIRCLE

 B'z(2005.4.6)「THE CIRCLE」(バーミリオンレコード)を購入。久々に聴いたので、「ああ、B'zの型だな」と思いつつ、聴いた。以下、自分なりの解釈。
 タイトルは日本語で表すと「輪廻」らしい。各曲の歌詞に「輪廻」の如くにその仏教的な無常観が表れているが、曲調から私の強引な解釈で言えば、特に1曲目「THE CIRCLE」と2曲目「X」、7曲目「睡蓮」、8曲目「Sanctuary」、9曲目「Fever」にその意味合いを見出した(結局は特に気に入った曲なんだけどね)。
 「THE CIRCLE」と「X」はその曲調がほぼ同様であることから2曲合わせて1曲として聴くものだと考えられた。「輪廻」のある種の無常観は「THE CIRCLE」で強く表れている。
 「睡蓮」はその独特の歌詞がバラードの曲調に合わさっており、「Sanctuary」では「何もかも過ぎ去る世界の中でも自分の居場所を掴め」というメッセージをミディアムロックで訴える。
 「Fever」は本当に常道で基本的な曲調に仕上がっており、聴いていて耳障りがなく、本当に<安心して>聴けるロックである。久々に気持ちが良い曲だった。

【評価】
★★★★☆
⇒あと一声欲しかった。

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

[音楽(邦楽)][J-Pop]カルメン・マキ&OZ「私は風」

この曲にひかれてしまった。オーケストラのようだ。
ぜひ原曲を聞きたい。

続きを読む >>

にほんブログ村 教育ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 よろしければクリックのご協力をお願い致します。

| 1/1PAGES |

+ Search This Site.
Google

WWWを検索
http://tmaker.jugem.ccを検索

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Profile

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Categories

Archives

Links

Selected Entries

Recent Comment

  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    T-Kreuzung (03/30)
  • [授業実践:中学校社会科(歴史的分野)][ワークシート]57. 朝鮮・中国への進出 ぢ耋僉γ羚颪諒儔
    望月慈希 (03/25)
  • [出来事の記し(駄文日記)]東京都町田市・町田えびね苑
    くぼた (04/30)
  • [授業実践:特別支援教育高等部(自立活動)][非常勤講師(2008年度)]掲示物:「おならをしない!!」、絵カード:「おならは外で!」
    ゴンザレス田中 (05/26)
  • [出来事の記し(駄文日記)]「RING GENERATIONS 〜RINGとの対話〜」
    佐久間大介 (10/22)
  • [特別支援教育中学部][臨時的任用職員(2007年度)][備忘録(メモ)][議事録]ゆたんぽの会へ… Part. 4
    小松栄生 (10/12)
  • [臨時的任用職員(2007年度)][特別支援教育中学部][自然教室(2007年度) in 八ヶ岳][備忘録(メモ)]今回の自然教室での教訓
    araki (07/22)
  • [読書][哲学][生命倫理学]小泉義之(2006)『病いの哲学』(筑摩書房[ちくま新書593])
    愚人 (06/19)
  • [通信教育(2006年度)]レポート2発目完了
    T-kreuzung (08/10)
  • [通信教育(2006年度)]レポート2発目完了
    takesuke (08/09)

Sponsored Links

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM